未分類

 津の観光ガイド4団体(芸濃ふるさとガイド会・安濃ガイド会─草陰─・美里ボランティアガイド会・榊原温泉ふるさと案内人の会)による共同企画「榊原みちウォーク」が4月から6月まで3回にわたり開催される。主催=みえ歴史街道構想津地域推進協議会、共催=津観光ガイドネット、榊原温泉振興協会。
 伊勢別街道椋本宿に「右榊原道」と彫られた道標があり、江戸期の伊勢参宮の旅人や湯治客が戸島・前田・家所・五百野を経て榊原に至った。榊原みち沿いの史跡名勝を観光ボランティアガイドが案内する。3回踏破者には「榊原温泉無料入湯券」を進呈する。
 雨天決行・荒天中止(警報発令時など)
 ▼第1回4月23日(水)椋本~安濃・約6・7㎞…津駅前(椋本行)8時33分発~(バス)~椋本9時3分着(受付9時~9時半)~北神山~戸島~栗加~田端上野~安濃総合庁舎~(バス)~津新町駅前
 ▼第2回5月14日(水)安濃~美里・約6㎞…津新町駅前(市場行)8時37分発~(バス)~安濃総合庁舎前8時55分着(受付9時~9時半)~前田~南神山~日南田~辰水農協前~(バス)~津新町駅前
 ▼第3回6月11日(水)美里~榊原・約9・4㎞…津新町駅前(穴倉行)8時8分発~(バス)~辰水農協前8時32分着(受付8時半~9時)~家所~五百野~稲葉~榊原病院前~射山神社~榊原温泉おもてなし館~榊原舘前~(バス)~久居駅前
 定員は各100名。参加費200円(当日受付で支払い)。参加申し込みは、郵便葉書かFAXで「住所・氏名・電話番号」を記入して、〒514─8567、津市桜橋3丁目446─34、津地域防災総合事務所内、みえ歴史街道構想津地域推進協議会☎津223・5082、FAX227・3170。

  先週号に続き、(公財)三重こどもわかもの育成財団(MAPみえこどもの城)が主催し、毎年行っている「家庭の日」絵画・ポスター展の入選作の中から本紙配布エリア(津市全域・松阪市の一部)から応募・入賞した作品を紙面で紹介。
 今回は小学児童の部(4年~6年)入選作を紹介(敬称略)。
 ▼知事賞=沼田芽依・松阪市立阿阪小6年「おばあちゃんのキュウリは最高です」
 ▼理事長賞=中津さくら・松阪市立第四小4年「松名瀬に行ったよ」。辻悠花・松阪市立中川小5年「鳥取砂丘は暑かった」 ▼奨励賞=肆矢悠太・津市立立成小5年「パパと虫とり」。藤井麗理・松阪市立幸小6年「家族で東京へGO~」

呉理事長(左)から古庄副理事長へ贈呈

 三重県ぱち・スロ遊技場協同組合(呉和彦理事長、事務局=四日市市)が社会貢献活動の一環として(公財)三重ボランティア基金に浄財50万円を寄付した。
 同組合には県内の4事業者・12店舗が所属し、清掃活動などで地域に貢献している。同基金への寄付は平成23年度から行っており、今回で3回目。浄財は、組合員が収益のなかから寄付したもの。
 3月28日、津市桜橋の県社会福祉会館で贈呈式が開かれ、呉理事長は、「微力な金額だが、私達にできない分、お役に立てて頂ければ」と話した。
 また、同基金の古庄憲之副理事長が、「ありがとうございます。毎年寄付して頂くのは心強い」と謝辞を述べた。
 浄財は県内のボランティア団体の育成などに使われる。

[ 87 / 93 ページ ]« First...102030...8586878889...Last »