歩きへんろ夫婦旅

黒潮町の佐賀公園

 3月20日土曜日、打ち始めてから20日目。いよいよ土佐清水市足摺岬の38番金剛福寺まで札所間距離最長の約87キロを歩く足摺コースに入る。今日は黒潮町伊田の『民宿たかはま』まで約28キロの道程。
 朝7時25分、美馬旅館を出発。天気予報は朝のうち曇り後晴れ。足の指の調子はまずまずだったが、国道56号のゆるやかな上り坂を進むうち、やけに足が重くなってきて、嫌な予感。
  5キロ地点で中国電力の資材置き場から市野瀬へんろ道へ。峠までの上りはどうと言うこともなかった。ところが、下りは急で嫌いな石畳。次いで最悪の小石道。旅の途中、ベテラン遍路からご教示いただいた下りの要注意は、表面は乾いていても下が濡れていて滑りやすい『枯葉スキー』と小石がコロの状態になって転ぶ『石車』……慎重に足を運ぶも一面に敷きつめられた小石を完全に避けるのは不可能。時々もろに乗ってしまう。転びはしなかったが、小石が当たるわずかな部分に体重がかかり、足の裏、特に小指に当たった時は激痛が走る。女房も足を痛めた模様。
 恐る恐るゆっくりと下っていた奈良の夫婦を追い越し、やがて遍路道を降りきる。そこに近くで工事をしいているのだろう、中山興業の現場事務所があり、脇に仮設テントの遍路休憩所を設けてくれてあった。トイレ休憩、そして痛みが再発してしまった左足小指を休ませるには格好の位置。ありがたく使わせて頂くことにした。
 小休止の後、国道、更にショートカットの遍路道に入り峠で趣のあるレンガ造りの明治のトンネル『熊井隧道』を抜け、再び国道に戻った少し先にスリーエフが見えてきた。ここまで18キロ、時刻は12時半。ちょうどロストおじさんが発つところ。ここもお茶のお接待があると教えてくれる。ベンチに腰掛けお昼を食べていると、美馬旅館に同宿した北九州のおじさん、ちょっとシャイなおじさん。そしてまたまたミスター53……やっぱり歩き遍路はスリーエフに集まってくる。
  大休憩で足がやや持ち直し、気を取り直して1時半出発。残り10キロ。半時間ほどで2日ぶりに海岸に出る。湾口に鹿島が浮かぶ鹿島ケ浦の海景は、国道下のあちこちに艶やかに咲き誇る満開の桜と相まって美しかったが、急に強い風が吹き出し景色どころではなくなった。夫婦とも足の状態が一気に悪化。佐賀公園でトイレ休憩している間に風は更に強まり、続く白浜地区はもう突風状態。菅笠を取りお杖を小脇に抱えて必死で歩こうとするが、ほとんど前に進めない。踏ん張るたびに足の小指が痛む。
 そこへミスター53が追いついてきた。強烈な向かい風に悪戦苦闘するぼくらを「井ノ岬トンネルを越せば風が変わる。そこまで後3キロぐらいだから頑張れ」と励ます。トンネル一つで風が変わるとはとても信じられなかったが、今はその言葉にすがるしかない。行く手をはばむ風圧と足の痛みに顔をしかめて耐えながらようようトンネルに辿りつく。すると嘘のように風が弱まり狐につままれたような気分。こうなると現金なもので痛みを忘れ、足が急に軽くなった。
 トンネルの中ほど。向こうから大学生風の青年が一人走ってくる。ぼくら3人を避けて手前から歩道を降り息を切らせながら脇を駆け抜けて行った。トンネルを出るとやはり風はなく、百mほど先に自転車を停め所在なげに立つ3人組。訊けば大学生。5人でツーリングしているが、少し遅れていた1人が風に煽られて転倒、怪我をして動けないのでリーダーが見に行ったのだと不安そうにいう。あの風でペダルを漕ぐのは難しい。降りて押すしかないが、早く仲間に追いつこうと無理したようだ。
 5時前、民宿たかはまにようやく到着。左足小指は水を持って哀れなジュクジュク状態。念のために途中で買ったイソジンで再度消毒。夕食時、宿の親父さんの話では、自転車事故に救急車が出て、消防から今晩1人泊められるか問い合わせがあった。その後、何も連絡がないからどこか確保できたのだろうと。強風が大敵なのは歩き遍路だけではなかった。(西田久光)

遍路優先のベンチとテーブル

 お遍路の旅の間、ほとんど毎日のようにコンビニを利用した。三重県内のコンビニには、店内に椅子やテーブルを置いた飲食用スペースを設けている店があるが、四国では一度も見なかった。そんな中でスリーエフやサークルKの一部店舗に店の前、あるいは横に遍路優先のベンチやテーブルを置いてくれてあるところがあった。これが実にありがたい。
 特にスリーエフは弁当などを買うとお茶の500ペットボトル1本をお接待してくれる店もある。また新店舗のトイレは車椅子対応でゆったりと広く、しかもシャワートイレ。日ごろシャワートイレが当たり前の生活をしている身には、くつろげて嬉しい限りである。このコンビニ、中部地方には進出していない。四国でも高知・徳島に多く、愛媛・香川では見かけなかった。てっきりローカルコンビニと思いきや本拠は横浜という。東京の友人から激励の電話があった時、訊いてみたら関東ではお馴染みの店らしい。ともかく、歩き遍路には一番人気のコンビニなのだ。
 七子峠からの遍路道を下りきり影野の遍路小屋で4人で小休止していると、前夜同宿のTさんがやってきた。そえみみず遍路道を通ってきたという。今日は金曜日、土日を控え懐が淋しくなってきたので、ぼくらは1キロほど先の郵便局でお金を下ろすため、3人に別れを告げて一足先に出発した。
 12時前、JR土讃線・六反地駅手前のスリーエフに入る。店舗横に『お遍路さん優先いす~巡礼中の疲れた足をお休め下さい』の表示があるベンチ、椅子、テーブル……ここで昼食をとることにしたのだ。
 広島焼風やきそば、おいなりさん、それにお茶のペットボトルを1本。レジでは若い男性の店員が応対した。お金を払うと「お接待です」と言ってお茶のペットボトルを2本差し出す。コンビニが店の稼ぎ頭の一つであるペットボトルをお接待!これには驚いた。伊右衛門を1本買ってある。昼食で2本も飲まないし、残れば荷物になるので1本でいいと告げる。が、店員は「いえ、一人1本の規定です。お二人ですので2本になります」と譲らない。杓子定規で弱ったが、『お接待は断ってはならない』のルールを思い出し2本とも頂くことにした。
 晴天。だけど日陰だと寒い。テーブルを日なたに移動させ、靴下を脱いで足を干しながら弁当を広げ、リラックス、リラックス。
 間もなく30過ぎの青年遍路がやってきた。初顔である。お茶のお接待情報を伝えると喜んで店に入り、ペットボトルと弁当を手に下げ出てきた。今回初遍路。3月5日に打ち始め。一日平均30キロペース、多い日には38キロ。さすが若い。足のマメが少し痛いと言いながらも、食事と休憩を合わせ20分で発っていった。
  続いて、前夜血マメの治療にイソジンをお借りした奈良の66歳夫婦が通りかかる。食事は2キロほど先の観光物産センター『ゆういんぐしまんと』でとるという。ベンチにちょっと腰を降ろしただけで先を急ぐ。
 入れ替わりに今度はミスター53到来。まだ朝食を食べてないと、スリーエフで朝食分のパン、更に非常食分を調達。お接待のお茶を飲みながらパンをかじり終えたら、『ゆういんぐしまんと』で美味しい仁井田米のおにぎりを買うと言ってそそくさと出て行く。
  ぽかぽかと日向ぼっこで気持ちが良いのと、次から次へ千客万来で話し込んでしまったのとで、お昼の休憩が1時間10分を超えてしまった。そろそろ出発しようと靴下を履いてるところへまたまた現れたのが、ロストおじさん。
 ぼくらは神峯寺で半日遅れ、桂浜にも寄り道しているので、もう完全に1日分は先に行っていると思っていた。実際、他の連中は1日先を歩いているが、彼は高知市で1日休養したのだとか。お互い懐かしい旧友にあったような気分。6日ぶりの再会を喜びあった。今日は岩本寺の宿坊に泊まるけど、足摺岬ではぼくらと同じホテル足摺園に予約を取り直すとロストおじさん。3日後の再会を約し、ぼくらは先に岩本寺をめざした。   (西田久光)

七子峠へ…国道からの眺望

 中土佐町久礼の大谷旅館に着いて血マメを見ると左足小指が一層ひどくなっていた。夕食時、同宿した奈良の夫婦遍路から、針で穴をあけイソジンで消毒すれば翌朝には大丈夫ですよと教えてもらい、その上イソジンも貸して頂き治療。
 奈良夫婦は共に66歳。足に自信がないのでと1日20キロペースで1週間ずつの区切り打ち。今回は34番種間寺から始め、37番岩本寺(四万十町茂串町)で打ち止め、高知城の朝市を観て帰宅するとか。
  19日目、今日は岩本寺にお参りし門前の美馬旅館に泊まる22・3キロ。朝7時半出発。気温5度、日中最高14度の予報。前夜のイソジン治療が奏功して血マメ小指の調子は良好。左腿の付け根も良し。奈良夫婦のお蔭だ。一方、前日から始まった女房の右足中指の痛みは消えない。一難去ってまた一難。少し歩くと違和感は残るものの体がほぐれてきたせいか、普通に歩ける程度に痛みが和らぎ「大丈夫」と女房。ひと安心である。
 今日一番の難所、七子峠(標高287m)へは、国道56号。その東側を流れる大坂谷川に沿って古い集落を幾つか通り緩やかに上り最後の1キロほどで一気に高低差210mの急坂を峠まで登る大坂遍路道。国道の西側を通り高速の下を300段のコンクリ階段で抜け、そこから409mまで緩やかに登って七子峠に下る土佐往還そえみみず遍路道の3ルートがある。
 ミスター53のお勧めは古い集落のたたずまいに風情がある大坂遍路道。但し雨の場合は国道、もしくはいっそ1区間だけ鉄道に乗ること。寒いものの、幸い雲ひとつない快晴。ぼくらはミスター53の言に従い大坂遍路道を選ぶことにした。
 ところが久礼の町の出はずれから大坂遍路道をめざし百mも進まないうちに一台のセダンが横にとまり、年配の男性が降りてきた。お接待かなと思ったら、藪から棒に真顔で「この道はやめた方が良い」と言う。
 聞けば地元のお寺の住職で霊能者としても活動しているとか。ぼくら夫婦に悪い霊でもついているのが見えたのかと困惑……。が、ご住職の言うには、余り表沙汰になってはいないが、ここ1年ほどの間に4、5人のグループが遍路を襲って金品を奪い、時には婦女暴行まで働く事件が5件ほど発生。先月も襲われている。特に人家から離れ人気のない七子峠の手前が危ない。「大坂遍路道を行くのは絶対やめなさい」と。
 歩き遍路関係の書物の中には『へんろ狩り』への注意を喚起するものがある。遍路宿はもちろんのこと、地方のビジネスホテルもクレジットカードが使えない所が多い。従って歩き遍路は必ず何がしかの現金を持っている。どんな田舎にも郵便局はあるので、出発前に郵便局に口座を開き、行く先々で3日分程度ずつ引き出し旅を続けるのが鉄則である。所持金はせいぜい数万円と知れているが、それを狙う強盗や、遍路宿で同宿遍路の財布を盗むニセ遍路、窃盗犯がおり、この輩を『へんろ狩り』と呼ぶのだとか。女性遍路の中には安全のため山中の遍路道は避け車道しか通らないという人もいたが、ここまでの道中、へんろ狩りの被害者に会ったことはない。出没の噂も一度も聞かなかったが、遂に出た……。
 女房とぼくは顔を見合わせた。「婦女暴行は夫婦連れや男性が一緒についていても、前後から挟み打ちで襲い太刀打ちできない。旦那の目の前で奧さんが犯されている」と生々しい。
 ぼくらは旅の3日目に、『地元の人のアドバイスには素直に従う』というルールを作っている。そえみみず遍路道にすることにしたら、「いやいや、悪いことは言わない。この際、国道を行った方が良い」と。
 峠まで距離的には国道は両遍路道より2キロほど長く約8・5キロ。当然、全線舗装道で固く延々と上り坂が続くが、国道への分岐点まで戻ることにした。
 峠の七子茶屋で休憩。外に出たところで竜の浜パーキングで顔を合わせた東京からの男性二人組と再会。大坂遍路道を通ってきたという。へんろ狩りの話をすると驚いていた。下り5キロの遍路道を一緒に歩くことになった。 (西田久光)

[ 12 / 22 ページ ]« First...1011121314...20...Last »