歩きへんろ夫婦旅

柏坂の番外霊場・柳水大師にお参り

 6時40分、ビーチ発。次の札所龍光寺(宇和島市三間町)まで42キロ強。1日では無理なので宇和島城前のリージェントホテルまで31・4キロの行程。6日ぶりの30キロ超え。途中、標高470mの柏坂(柏本街道)と200mの松尾峠、二つの峠越えがある。
 海岸線を通る国道56号に対し、ほぼ一直線に山越えする遍路道の柏本街道は2キロ短い。一方の松尾峠、56号は途中1710mの新松尾トンネルがあるものの遍路道より少し短く、標高もやや低いようなので、前者は遍路道、後者は国道ルートで越えることにした。
  歩き始めて15分、国道に別れ脇道に入り更に10分、柏坂遍路道に差しかかる。ここまでに1名、登り始めて体が暖まりだした頃に更にもう1名の中年男性遍路に追い越された。みなさん健脚だ。2キロほどで標高400m、柳水大師のお堂に到着。トイレがあるので小休止。ここからもう一息でトップを越え、6キロ下って国道56号に合流する。
  柏坂遍路道の特色は、全長約8・5キロの随所にベンチやトイレが設置されていること。木々を切り払い宇和海が見える展望所も一カ所ある。人海戦術で部材を担いで急な山道を上がったのか、地元の方々のご苦労に頭が下がる。もう一つ特筆すべきは道中退屈させまいとする心配りなのか、道端の随所に地元の民話を紹介する説明板が立っていること。そのほとんどが下ネタなのはご愛嬌だ。
 11時10分、宇和島市津島の遍路小屋で早めのお昼休憩。隣に地元の土産物販売所があり、ビーチで頂いた赤飯おにぎりに加え、あんこ入り蒸しパンを買ったらおばちゃんからお茶と月餅風のお菓子のお接待を頂いた。日陰だと寒いので日向ぼっこをしながら昼食。土産物販売所は土地の人たちが頻繁に出入りし、格好の溜まり場となっているようだ。時々大きな笑い声が聴こえてきた。
  11時55分発、残りはまだ18・7キロもある。柏坂で予想外に時間を食い、国道を急ぐ。松尾峠、国道と遍路道の分岐点の手前で、お杖ではなくトレッキング用のストックを両手に握ったノルディックスタイルで歩く50前後の男性遍路に追いつかれた。ストックの握りの下の部分に般若心経全文が書かれている。お遍路グッズにこんなのもあるの?と思いきや手製のシールを巻き付けたのだと言う。相当の凝り性か。
 川崎の人。去年の春に初遍路。室戸岬手前15キロで足が痛くてリタイア。秋にそこから打ち直し、今回は宿毛から始めて3日目という。両手に負荷がかかるノルディックスタイルは連日長距離を歩き続け、また急峻な下り坂も多いお遍路には不向きかと思うが、当人は大股で結構リズムよく歩いている。この人には合っているのかも。
 遍路道を行く川崎さんと別れいよいよ歩き遍路最長の新松尾トンネルへ。緩やかにカーブし出口は全く見えない。幅1mほどの歩道を歩く。交通量は多く脇を車が通るたびに風圧を受ける。時折前方から轟音を挙げて大型トラックが迫る。これは恐怖だった。
 それにトンネル内の空気は排気ガスが充満して予想以上に悪い。入口からわずか200mを過ぎた辺りで頭痛がしだした。これはヤバイ。振り向けば女房も顔をしかめている。「早よ抜けよ。急ぐぞ」と声をかけスピードを上げる。練習中も経験したことのない早足だ。時々女房を確認。二人とも必死の形相で黙々と歩く。やがて出口が見え、力が湧く。1710mを20分弱、時速6キロで抜けた。外の空気は美味しい。
 4時、宿まで2キロ弱、もう安心。喫茶店でトイレ休憩。ぼくが用を足している間、女房がママから不吉な情報を聞いていた。数日前、一組の夫婦遍路が立ち寄った。疲れ切った様子。奧さんが先に足を痛め、止むなく旦那が二人分の荷物を背負ったら遂に旦那も潰れてしまい、ここが限界。通しを諦め他日を期すことにしたと。「浜松の夫婦かも…」と女房。ぼくは小指の血豆で地獄の一週間があった。女房も一日バスに乗った。明日は我が身だ。お大師さんに、後22日なんとか足をもたせてと祈るばかりである。 (西田久光)

ドライブイン・ビーチ斜め下の入り江

 切り通しを越え少し下った坂の途中、銀海を背にドライブイン・ビーチが建っていた。普通のドライブインに宿泊施設がついたものを想像していたのだが、緋扇貝直売所と食堂と遍路宿を兼ねた飾り気のない箱型の建物。波打ち際まで落差70mはあるだろうか、ほぼ断崖の上。建物は古いが眺望は素晴らしい。
 硝子戸を開ける。60代後半か、小太りで顔の色艶がいかにも健康そうなお母ちゃんが「まずはコーヒーでも飲んで。後で部屋に案内するから」と食堂の座敷に上げられた。壁に一枚の写真が飾ってある。貨物船か何か難破したそこそこ大きな船の救助作業の様子を撮ったもの?日付は10年ほど昔だった。
  年明けに熊野灘の七里御浜で座礁フェリーを見てきたばかり。気になってお母ちゃんに聞くと、外国船が近くで座礁。緋扇貝を養殖しているビーチの斜め下の小さな入江に曳航し船体に開いた穴を水中溶接で塞いだ上で船内の浸水を排水。「噴水のように凄かった。保険会社の人なんかも来て、結構もめたみたいだけど」と。話はこれで終わらない。
 修復作業が終わるまで10日ほどかかった。入国手続きなどの関係で船長以下フィリピン人乗組員らは上陸できず船に閉じ込められたまま不安な日々を過ごす。あまりに気の毒だと何日かたった夜、同じ海の男としてビーチの親父さんが夜陰に紛れて小船を出し、船員たちを店に招き皿鉢料理を振る舞った。「船乗りは世界中どこに行っても嫌われ者。こんなに親切にしてもらったのは初めてだ」と船長は涙を流して喜んでくれたと。既に時効だろうがこれは違法。しかし、お母ちゃんの顔には『それはそうかも知れんけど、うちの夫は人間として間違ったことをしていない。私は誇りに思う』そう書いてあった。
 夕食時、その親父さんに会えた。長年連れ添った夫婦は顔が似てくるとか。体型も顔の色艶も笑顔も二人はそっくりだった。昭和5年生まれ……驚きである。
 10年がかりの試行錯誤で人工栽培に成功したトサカノリ(鶏冠海苔)。やわらかさの中にも腰のある独特の食感。更にこの海苔を漬け込んで作ったビーチ特製の酢。とろりとして甘みがあり、海藻はもちろん野菜のドレッシングにもぴったしの健康酢。口の中に海が広がる。ネット通販もしており好評という。さもありなん。餞別を頂いた人たちへのお返しと自宅用に、お遍路を終えて帰宅する頃に合わせトサカノリと特製酢を20セット送って頂くことにした。
 親父さんと二人でビールが進む──緋扇貝は元は3色だが今は交配で10数色ある。何万個かに一つ、表と裏が逆の貝が出る。明治時代に姓を付けるのに近くの地区では鯖、鰹、鰺、鱸など魚の名前をつけた。また別の地区では大根、葱など野菜の名前を。織田、黒田など戦国武将から採った所もある。平成の市町村合併で由緒ある『御荘町』の町名が消え歴史的根拠のない即物的な『愛南町』になってしまったのが残念。親父さんは元教員。子供に怪我をさせる教師がいるが、あれは教育としての体罰ではなく頭に血がのぼっただけの喧嘩、等々……話が弾んで気がつけば時計は9時を回っていた。就寝時間だ。
 翌朝、27日目。今朝も寒いが快晴。海の彼方にうっすらと九州が見えた。距離約100キロ。右側が大分県佐伯、左側が宮崎。かつてはこっちから船で九州へ商いに行ったし、向こうの漁師が漁に来たり交流していたと親父さん。
 座礁した船を修理した眼下の湾を抱き岬に延びた緑の山肌のあちこちに名残の桜およそ一千本。「桜はもう終わりだけど、雑木が多いのでこれからいろんな花が咲く。新芽も出てきて賑やかになり、山が笑う。海もこれから青が次第に濃くなり、夏には黒潮が入って来て一層深い濃紺になる」
 前夜の続きのような愉しい朝食を終え、お母ちゃんに会計を頼む。レシートをもらった女房が首をかしげ「夕べのビール代が落ちてますけど」。するとお母ちゃんは言った。「いいのいいの、お父さんは『年金持ち』だから」……おまけにお昼にと赤飯のおにぎりまでお接待。ビーチのお父ちゃんとお母ちゃんは最高だった。   (西田久光)

  26日目、今日で修行の道場・土佐国を終え、松尾峠越えで菩提の道場・伊予国愛媛県に入る。
 行程は宿毛のビジネスから伊予最初の札所、40番観自在寺(愛南町御荘平城)まで18・6キロ、そこから今夜の宿、室手海岸のドライブイン・ビーチ(同町御荘菊川)まで8キロの計26・6キロ。距離的にはぼくらの平均ペースより少し多い程度だが、国境の峠越えなので険路を警戒して6時20分の早出。天気は4日ぶりの快晴。ありがたかったものの気圧配置は真冬に逆戻りの西高東低。一歩外に出たら吐く息は真っ白だ。
 じき大通りのローソン前でロストおじさんと再会。「峠に向かう遍路道は大通りを越えて脇道に入るはずだけど工事でどう行けば良いのか判らない」と困惑している。辺り一帯は大規模な道路工事中。早朝で作業員の姿はなく、地図帳を広げて見ても確かに判然としない。「多分この道だと思う」と半ば当てずっぽうで向こうの脇道を指す。だけどロストおじさんは明らかに疑いの眼。脇道の100mほど先に地元民らしき人がいる。「あの人に聞いてみるから」と彼を残し、女房と二人で急いで道を渡って聞いてみたら大正解。じっとこっちの様子を窺っているロストおじさんに向かって頭上に両手で大きく丸を作りOKの合図。ようやく彼も動きだした。
 標高50mの小山を一つ越え、宿を発ってから1時間少々で松尾峠麓の松尾坂番所(関所)跡に着いた。説明板にこの旧街道は「伊予と土佐を結ぶ重要街道として長宗我部氏が戦国末期に番所を設置。関ケ原後に入国した山内氏からも重視され、遍路もここか甲浦しか入国を許さず、多い時には1日300人、普通200人が通った」とある。関守は代々長田氏。関所跡の隣の民家の表札が『長田』。子孫が今もこの地に住み続けているようだ。版籍奉還から既に140年、これは驚きである。
 関所跡には地元の市民グループ『宿毛の歴史を探る会』が貸し出し用の杖を用意してくれてあった。現在地は標高10m、峠は300m。標高差290mを距離1・7キロで登る。まずまずの峠道。普通、歩き遍路は同行二人のお杖を持っているから借りることはめったにないだろうが、気持ちがありがたい。お遍路の行く先々に故郷を愛し、行動している人々がいる。その一端にふれるだけで心が暖まる。歩き遍路は『感謝』を知る行でもある。
 8時20分、峠着。松尾大師跡の小さなお堂にお参りし納札を箱に入れてから茶屋跡のベンチに腰を下ろし煙草を一服。ひとごこちつき、辺りをぶらつく。国道で越えた阿波・土佐の国境は「ようこそ高知県へ」と地元の方が陽気に迎えてくれたが、山中の地道を歩く土佐・伊予の国境は『従是西伊豫国宇和島藩支配地』と江戸期の石柱ひとつ。その向こうにもう一軒茶屋跡があった。二つの茶屋跡は数十メートルも離れておらず一軒あれば事は足りるはずだが、土佐・宇和島両藩の面子なのかも。土佐側の茶屋跡の説明板には「昭和初期まで茶屋があり、駄菓子、団子、草鞋などを販売していた」とある。
  峠付近は平安時代、東国の平将門とほぼ同時期に西国で乱を起こした藤原純友の城跡とも伝える。追討軍に敗れた純友は九州に落ち延び、妻とその父はこの城に隠れた。やがて純友と息子の死を知った妻は、悲しみのあまり狂い、この地で果てたと言う。
 休憩の間に追いついてきたロストおじさんが、茶屋跡から脇に入った純友城址展望台に行ってみようと誘う。軽い肺気腫を患っている関係で登りのスピードは遅いが、スタミナは十分、元気いっぱいである。同じく登りに弱い女房は「休憩しているから二人で行ってきて」とパス。
 女房に荷物番を頼み、茂みの間の細い枯葉道を登りながら300mほど進むと木製の小さな展望デッキ。上がると宿毛湾が眼に飛び込んできた。近景遠景に大小幾つもの島が点在する紺碧の海。体中の毛穴が一斉に全開、溜まっていた疲れが一気に吹っ飛ぶような爽快感。二人して息をのみ絶景に見とれた。
 2時半、観自在寺発。国道56号をてくてく2時間。緩やかな上り坂、切り通しの向こうにあったのは一面銀色の海。またしても息をのむ。土佐最後の海、そして伊予最初の海からも、最高の贈り物を頂いた一日だった。   (西田久光)

[ 9 / 22 ページ ]« First...7891011...20...Last »