特別寄稿

007映画のツイッター公式アカウントによると、キャリー・ジョージ・フクナガ監督による新作の撮影は、パインウッド・スタジオで、今年の4月からだそうである。一方、ノルウェーの Dagsavisen 紙によると、007の新作ロケがノルウェーで行われるとの事。ノルウェーには政府のバックアップがあり、海外プロダクションの作品に対し、現地撮影費用の最高25%が還元されるインセンティブ・スキームを組んでいる。国際的に影響力の大きい007映画のロケーションは、半恒久的な知名度向上になるので当然である。
この、イアン・フレミングの007号ジェームズ・ボンド小説とイオン・プロダクションによる映画の世界的ヒットは、ソビエト連邦当時のKGB長官セミチャーストヌィも大いに刺激した。東西冷戦に大きな影響力を持っていることを危惧したからだ。長官は、イズヴェースチャ紙にこの問題に触れた論文を寄せると、東側情報部員の活躍を描くようにと、ソビエト国内のみならず東側諸国の作家達にも訴えた。その一つがブルガリアのアンドレイ・グリャシキが書いた、『アヴァクーム・ザーホフ対07』(新版では『もう一度007』)である(早川書房から出ていた邦題は『007は三度死ぬ』。ハヤカワミステリマガジン1967年2月号に掲載された旧版では『ザホフ対07』だった)。
本編の主人公ザーホフは、ブルガリアの防諜部員で元考古学者。彼の任務は、量子エレクトロニクス・シンポジウム出席のためにブルガリアのヴァルナを訪れるモスクワの核物理学者トロフィモフ教授を狙う、英国の諜報員007を追うことである。実のところ、ザーホフの冒険譚はシリーズになっており、彼は過去に一度007に遭遇している。今回はリターンマッチだというわけだ。
一方、本書の007の任務はNATO軍総司令部第二課から下されたもので、英国秘密諜報部では偽装休暇の扱いである。作戦名は『光作戦』。これは、トロフィモフ教授が発明した特殊レーザー光線に因んだもので、いかなる鏡にも屈折せず、すべての物質を通過し、すべての電磁波を無力化する恐るべき兵器である。洋の東西を問わず男の子が好きそうな話だ。
舞台はロンドンに始まり、パリ、イスタンブール、タンジールを経て、教授とその美人秘書を乗せたNATOの偽装タンカーが、地中海から南極へと地球スケールの旅をみせる。二人は007に騙され、ロシア船だと信じ込んでいるのだ。
戦犯ドイツ人教授に成りすまして乗船したザーホフは、南極の氷に破壊されたタンカーからトロフィモフ教授と秘書を救出、西側の砕氷船とソ連南極基地からの救援機が迫る中、東西の諜報員は雪原での最後の格闘に挑む。
その結果は…つまるところ、東側と西側のヒーローとヴィランの置き換えである。
イアン・フレミングの本や007映画によると、ブルガリアの諜報員は常に悲惨な扱いだが、アヴァクーム・ザーホフは賢明で、腕っぷしも007と互角である。本書で悲惨な扱いなのは日本の諜報員だ。日本人もレーザーの秘密を狙っていて、タンカーのクルーとして潜入していたが、007に正体を見破られて殺されてしまう。日本も西側に与していた筈なのだが、二枚舌が信用できないからだろうか?
(O・H・M・S・S「大宇陀・東紀州・松阪圏サイトシーイング・サポート」代表)

 京都大学名誉教授の本庶佑氏が、免疫の研究でノーベル生理学・医学賞を受賞されました。この研究は、日本人の死亡原因の第1位となって久しいがん治療を、大きく変革していくことが期待されています。
医療はどんどん進歩し、私達は不老不死とて夢ではないような錯覚にとらわれがちです。しかし、どんなに科学が進歩しても、それだけでは解明できない世界があることを、皆さんにはご理解いただきたいと思います。
私たちの体は何十種類かのアミノ酸や水分、ミネラルなどで構成されています。しかし、それを集めたとしても、現在の科学では生命の宿る生物を作り出すことはできません。そして、この世の中は科学だけでは説明の出来ない力に支配されていると思うのです。『医学や科(化)学の発展と共に〝神の存在〟を忘れた日本人。原点に帰り神に祈りなさい』   『精神は神の世界。肉体は仏の世界』
『神が霊を救うのではない。霊は人間が救うもの。神は人間を救うと共に、霊を救う手助けをする』
これらの言葉は私が神様から受けたメッセージの一例です。
私は現在77歳ですが、53歳の時、神様から『人救いをしなさい』とご神示を受けました。以来、自身の会社を経営する傍ら、病気や不幸現象に苦しむ方々の悩みの解消に取り組んできました。
まずは身近な知人や友人、そして会社関係でお付き合いのできた方などの悩みを解消しました。 今ではホームページからの問い合わせや、私の講演会を聴いて頂いた方など一般からの相談が多くなっています。
生き死にを左右する大病、長い間、症状に苦しめられる慢性病など、最新の医療で手を尽くしても治療出来ない病気は、まだまだ数多くあり、今なお何人もの方が苦しんでいます。
こうした病気は、見えない世界、すなわち『心霊の世界』との関わり方を間違えた結果として起こると考えます。
神様、仏様、ご先祖様、そしてご霊様への向き合い方、対処の仕方が正しくない方に対して、注意や警告がなされているのです。
私がこれまでに解消してきた相談者の悩みの原因を挙げますと…。

①神様の祀り方やお神札 の扱いに間違いがある
②井戸の神様や竈の神様 に対してご無礼がある③ご先祖様が、正しく供 養されていない
④水子の供養の間違い。 または、供養していな い
⑤母方の三代前のご先祖 様の供養を忘れている
⑥霊的な物(掛軸・置物) の扱い方に間違いがあ る
⑦家の中や屋敷の中にい る霊を供養していな  い…などがあります。これらの原因を一つひとつ丁寧に解決することで、皆さんが幸せな人生を取り戻しています。
大病、難病に悩んでいる方は、信頼出来る医師の治療を受けることはもちろん重要です。一方で一度、こうした心霊の世界との関わりについても目を向けてみてはいかがでしょうか。
「見えない力」は厳しい戒めとなることもあれば、大きな救いにもなるのです。
講演会や個別相談では、スピリチュアルな知識と対処法についてもお伝えしています。
宗教活動ではありません。私の長年の経験が、皆さんのお役に立つことを願ってやみません。

雲元…本名・足坂三長。神仏からの戒告や霊障の解消事例などを収録した「あなたの運命を変える『見えない力』」の著者。人材教育会社㈲エム・アール・シー(津市大里睦合町)代表取締役社長。新書を近日発行予定。

松阪市では毎年11月3日の文化の日に、キリシタン大名の蒲生大名(1556─1595)の顕彰事業『氏郷まつり』を開催している。今年は文化の日が土曜とあって、15万5000人(公称)もの人出があった。
おかげさんで、大宇陀商工会や八千代さんが『地域交流ブース』で扱った、大宇陀特産品やインドのカレー、ワインも売れた。氏郷公にその妻冬姫と、全国13団体からなる手作り甲冑隊がブースの前を往来したのも、昨年は来なかっただけに、幸いだった。
このパレードは、殿町の松坂城跡を午前11時に出発し、御城番屋敷や中心商店街など4㎞の行程を巡るものである。面白いことに、この総勢約240名のパレードに於いては信長公さえ氏郷の従者である。とはいえ、信長公の隊は小粒ながらもパフォーマンスが秀でており、覇気のない地元勢とは対称を成していた。学ぶ所は多いようだ。
今回は、松阪氏商工会議所の局長や県の産業文化部長、松阪市観光協会専務理事のみならず、県職員や歴代の産業経済部長に、大宇陀観光協会の前会長にもお立ち寄りいただいた。
私は商工会議所の局長と人数計測について話した。会議所もDMOを目指しているからだ。DMOには持続可能なPDCAサイクルが必要だが、この達成には正確な数値が必要である。そのためには、モバイルのGPSデータが最適とされる。 だが、それも100%という訳ではない。私はブースの前を駆けていった子どもたちを指摘した。あの子たちはモバイルを持っていないが、このファミリーイベントでは必須のデータである。つまり、イベントの性格毎に違う校正係数が必要なのだ。
帰路についた大宇陀商工会には、松阪のパンフレットを託した。願うは国史跡宇陀松山城との交流である。皆様お疲れ様でした。
ちなみに、来年の文化の日も日曜で、翌日は振替休日となる。好条件は続くのだ。また、武将に扮した市長は私のスナップショットに快く応じてくれた。有りがたき幸せである。
(O・H・M・S・S「大宇陀・東紀州・松阪圏サイトシーイング・サポート」代表)

※DMO=官民などの幅広い連携によって地域観光を積極的に推進する法人組織(Destination Marketing/Management Organization)の略。地域が一体となって市場調査や情報発信、収益事業などを展開する。
※PDCAサイクル=事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つ。(計画)→(実行)→ (評価)→(改善)の 4段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善すること。

[ 1 / 20 ページ ]12345...1020...Last »