特別寄稿

三重県にジェームズ・ボンドが既に来ていたと書くと、若い世代は驚かれるかも知れない。
それは、1964年にジョナサンケープ社から出版された小説『007は二度死ぬ』(日本語版は早川書房)での事である。
これは、スイスアルプスを舞台とした『女王陛下の007号』の後日譚で、執筆にあたって1962年に再来日した原作者イアン・フレミングは、三重県にも来ていたのである。
当時の取材日数は12日間で、ガイドは朝日新聞社の斎藤寅郎(タイガー)と、サンデータイムズ特派員のリチャード・ヒューズ。この二人は、1959年のフレミング初来日の3日間の際にも同行していた。
もともとロイター通信の特派員だったフレミングは、取材に基づくリアリズムを重視する。
この小説にも固有名詞や実在の場所がたくさん登場する。確認できる三重県コンテンツとしては、伊勢海老、水中翼船(今はない)、ミキモト真珠島の御木本幸吉の像と海女、伊勢神宮の外宮、松阪牛、和田金牧場、松尾芭蕉の俳句などがある。
また、固有名詞こそ無いものの、京都行きの途上で寄った、公安調査局の秘密訓練施設としての忍者の『城』や、スペクター首領のアジトとしての『海に囲まれた城』も登場する。
シチュエーションからみて、前者はまず伊賀上野城とみて間違いなく、後者についても、私はこれは鳥羽城ではないかと勘ぐっている。
モン・サン・ミッシェル城じゃあるまいし、このような城が日本でそうおいそれと思い浮かぶものではないからだ。
とはいえ、フレミングはこの城の舞台を九州某所の海女の島『黒島』へと移し、そこを宿敵との最後の死闘の場としてしまった。
このような作劇上の変更はよくある事で、たとえば実際にフレミングが活伊勢海老料理と遭遇したのは蒲郡のホテルだが、ジェームズ・ボンドが活伊勢海老料理に仰天する愉快なシーンは、物語の展開上、鳥羽の旅館での出来事となっている。
リアリズムにこだわる場面は他にもある。日本の公安局長タイガー田中の指示で、日本人に扮したボンドが伊勢神宮の外宮を参拝する場面もその一つだ。
ボンドは二人の神官が見守る中で、神殿に一礼すると賽銭箱に小銭を投げ入れ、柏手を打つと拝礼し、また手を打つと一礼して踵を返す。これを見たタイガー田中は、もう女学生達にも気取られないようになったと賞賛する。修学旅行で賑わう外宮前の当時の活況が彷彿される場面だ。
また、このあと二人は松阪の和田金牧場へとハイヤーで移動するが、ボンドはそこでビールを牛に飲ませたり、口に含んだ焼酎を背に吹きかけると擦り込みマッサージまでして、後にそれをステーキにして食す事になる。当時の松阪牛肥育の手間暇がシンボライズされた場面だ。
極めつけは、松尾芭蕉の俳句に倣ったというボンドの俳句である。その一節が小説の原題『You only live twice』となった。
ジョナサンケープ社のハードカバーの裏には、少し変わった日本文字で『二度だけの命』と縦書きでも表記されいる。
この小説はフレミングの没後3年目の1967年に映画化された。今年はちょうど50周年である。ボンド役は当時人気のショーン・コネリーで、タイガー田中には丹波哲郎、いわゆるボンドガールには浜美枝と若林映子の東宝コンビを配し、オープン仕様のトヨタ2000GTや、日本縦断ロケ等が国中の話題になった。
だが、プロデューサー達はロケハンの段階でヘリコプターを長期チャーターすると、小説にある『海に囲まれた城』を求めて日本中の海岸線を探したが見つからず、結果としてプロットが大きく改変される事になり、ロケハン途上で見い出された新燃岳の噴火口がスペクターのアジトとなった。
これにより、ロアルド・ダールによって書き起こされた脚本は、三重県の『み』の字もない映画となってしまった。
ちなみに、このシリーズはダニエル・クレイグ主演で仕切り直され、現在進行形である。2015年に公開された『スペクター』では、1969年公開の『女王陛下の007』がインスパイアされている。
つまり、次回の映画にフレミングの『007号は二度死ぬ』がインスパイアされても不思議ではない。
三重県は旗を振るべきである。
(O・H・M・S・S「大宇陀・東紀州・松阪圏サイトシーイング・サポート」代表)

布製の帽子が被せられた上野英三郎博士の像とハチ公

布製の帽子が被せられた上野英三郎博士の像とハチ公

今から2年半前の事と記憶していますが、近鉄久居駅東口(三交バス停ハチ公口)緑の風公園前に建立された、忠犬ハチ公と上野英三郎東京帝大農学博士(久居本村甲出身)の銅像の頭に、一市民の善意と粋な計らいで帽子がかぶせられ、中々おしゃれであると当時相当に話題になりました。 その事は三重ふるさと新聞や朝日新聞等でも記事になりました。
その後、風雨にさらされたものの、長持ちしておりましたが、やはり自然の力には勝てず、何時の間にか飛ばされて、元の姿の丸坊主の姿に戻りました。
その姿に銅像制作者の鈴鹿在住の彫刻家(日展評議員・審査員)稲垣克次氏も心を痛まれ、自費で且つご好意により、少々の風雨に強いともされているFRP(強化プラスチック)製で帽子を制作して下さり、設置して貰いました。
素晴らしい出来で、非常に嬉しく深く感謝した次第です。
その後、無事経過してきましたが、先月末、市役所久居総合事務所より、突然私宅に連絡があり、帽子がなくなっているとの事。びっくりした次第です。
3ヶ所ビス止めし、更に接着剤でも養生されており、少々の風雨では飛ばされるような事はないと信じており、不審に思い津南警察署へ盗難届を提出した後で、署の方から現物が見つかり、同銅像を守る会が保管しており盗難ではないので、被害届を取り下げて欲しいとの連絡がありました。 現物は確認しておりませんが、写真だけでは無理です故、制作者の稲垣氏も、保管されている守る会に対し返還を求めて数日後、連絡があり、ようやく稲垣氏の手元に戻って参りました。
早速二人で確認の結果、相当痛みもひどかったものの間違いなく設置した物と同一であることが分り、改めて盗難ではないと理解し早速、津南署に対して被害届は取下げ申請し、本件一件落着となりました。
しかし此の夏の猛暑で連日35度を越す気温で、さぞ暑かろうと想像し、建てる会、元代表の私が取り敢えず布製ではありますが、暫定的に装着しました。これで丸坊主よりは見た目も幾らか涼しくなり感じよくなりました。
しかし、これは当面暫定的な措置で、何れはしっかりした永久的なブロンズ製で造るのが、最適であることは申す迄もございませんが、予算的に相当高額(約35万円程度)となります故、その調達方法に智慧をしぼっている最中です。
最後に朗報を一つお届けします。
私が所属する久居ライオンズクラブ(会長・関山正博氏)は今年創立40周年を迎え、その記念事業の一つとして40周年記念事業委員会(委員長・磯田泰之氏)が主導して忠犬ハチ公像にライトアップする工事を計画しております。
全国にハチ公像は数ありますが、ライトアップされるのは、ここ久居だけではないでしょうか。この面にても全国に大きく発信出来るものと確信致します。
尚、三重交通のご好意ご協力で近鉄久居駅東口の三交バス停東口をハチ公口と名付けて戴き親しまれております事を申し添えます。但し希望として字の表示をもう少し大きくしていただけたら、いいなあーと思う次第です。
(忠犬ハチ公と上野博士の銅像を建てる会元代表・津商工会議所名誉議員・多田不動産事務所代表・久居ライオンズクラブ会員)

昨年、松阪市が無作為抽出した市民5000人へのアンケートによると、松阪市を観光地だと思うかとの問いに対し、観光地であるとしたのが6%、どちらかといえば観光地であるが26・4%、どちらかといえば観光地ではないが30・5%で、観光地ではないが18・6%だった。どちらともいえないが9・5%、無回答が9%である。
この質問は、地域住民に対し、一般的日本人が持つ『観光地』というイメージを問うたものだ。結果は否定的な見解の方が多かった。
とはいえ、国の内外から最も『観光客』を集めているのは首都東京であるが、それでは多くの東京都民に『観光地』としての自覚があるかといえば、それは甚だ疑問である。また、津市民や松阪市民が初詣で伊勢神宮を訪れる際、それを『観光地』に『観光』に行くと考える向きもそう多くはない。『観光地』かどうかは、訪問者の主観に負うところが大きいのである。
いったい『観光地』とは何なのだろうか。
国交省の観光白書では、旅行を『観光』『兼観光』『家事・帰省』『業務』『その他』に分けて、家事・帰省、業務、その他を除いた旅行を『観光』だとしている。
要は、旅を伴う余暇活動を『観光』としているのだ。その受皿が『観光地』であり、日帰り・滞在とわず、そのパーソンが『観光客』である。
このような定義付けは、『観光』を一つの産業カテゴリーとして理解を促す点で必要である。が、いささか無理もある。現状では隣町の花火やお祭り、買い物、神事など、宿泊を伴わない地域住民の活動さえもが『観光客』になるからだ。
日本政府も『観光』の定義を試みた。1995年6月、観光政策審議会の『今後の観光政策の基本的な方向について』の中で、『観光』を『時間』『場所・空間』『目的』の三つの面から定義した。
つまり観光とは、余暇時間の中で、日常生活圏を離れて行うさまざまな活動であって、触れ合い、学び、遊ぶということを目的とする、である。
そして、2000年12月の『21世紀初頭における観光振興方策について』では、いわゆる『観光』の定義について、単なる余暇活動の一環としてのみではなく、より広く捉えるべきだとした。
だが、この広義的解釈はいわゆる○○ツーリズムとして、農業観光、産業観光、医療観光、環境観光などで多くの省庁の参画を許し、縦割り行政の弊害の中で混戦の様を呈した。2013年に津市で開催された『インバウンド研究会・三重セミナー』で観光庁の参事官は、私の問いに対し、県南部の住民が北部のジャスコへ買い物に出かけることさえも『観光』だと言った。
そもそも、法律上で最初に『観光=ツーリズム』が使用されたのは、10930年の勅令83『国際観光局』からである。 当時の日本では『国際』と付けなくても、ツーリズムは国際観光と同義語だった。
にもかかわらず、今の日本の『観光=ツーリズム』は、観光の語源たる『國の光を観る』の広義的解釈に満ちている。前述の通り、日帰り客も参拝者も『観光客』扱いだ。街によっては、住民向けのイベントや祭りの入り込みさえもが『観光客』扱いである。
だが、これらが投下資本を回収しているとは言い難い。かくて、どのようにも解釈可能な『観光』という言葉の曖昧さが、かえって我が国の『ツーリズム』の基幹産業化の阻害要因になっている。
ちなみに国連世界観光機関によると、観光客=ツーリストは24時間以上の滞在、24時間以下は訪問者=ビジターで、観光客やビジネス客も分けてはいない。至ってシンプルである。
前回書いた国際フォーラムに於いても、初日と二日目こそ朝から晩までビジネスとしての討議だったが、三日目は観光としてのバスツアーだった。来日目的を観光かビジネスで分けるのはナンセンスなのである。
このように、国際社会における『ツーリズム』と、日本の一般的な『観光』との間には依然として大きな隔たりがある。欧米先進国のみならず、中国や韓国に於いても『ツーリズム』は、『モノの貿易』と双璧を成す『サービス貿易』上の外貨獲得産業である。
『地方創生』には、この本当の意味での『ツーリズム産業』の推進が必要なのだ。それは人口減少による顧客減少トレンドにあっても、百貨店や民泊のみならず、あらゆる事業で可能性を見出すに違いない。
インバウンド時代の『観光=ツーリズム』は意識改革から始まる。ツーリズムは娯楽だけではないのだ。
(O・H・M・S・S「大宇陀・東紀州・松阪圏サイトシーイング・サポート」代表)

[ 1 / 13 ページ ]12345...10...Last »