特別寄稿

香久山古墳を示す石碑

香久山古墳を示す石碑

火災で焼失する前の天益寺本堂

火災で焼失する前の天益寺本堂

桜の季節が過ぎ、新緑が雨に映える国道166号線。先月、詰めかけていた桜見物の車の姿は一台もない。今回は大宇陀商工会訪問である。
だが、前日、会長の体調が優れないとの報を受け、ディスティネーションを急きょ変更、商工会のメンバーの一員で、観光協会副会長でもあったお寺の住職を訪ねる事にした。同行者は本居宣長記念館館長、三重ふるさと新聞社長、そして旅館の八千代である。
正午前に大宇陀に入った私達は、同じメンバーである醤油屋さんと、会長である奈良漬屋さんに声をかけ、『天益寺』へと向った。天気が良くないので『宇陀松山城』は断念した。かつて濡れ落ち葉で滑った経験があるからだ。
古くは阿騎野とよばれ、宮廷の狩場だった大宇陀は、江戸時代前期に宇陀松山藩が置かれ、織田信長の次男織田信雄が1615年から藩主になり、1695年まで織田氏が藩主を勤めていた。その3代藩主・織田長頼が眼病平癒祈願で参篭したのが、1313年創建の天香久山『天益寺』である。
立派な竹林に囲まれた小高い香久山に建てられたこのお寺は、神仏習合によって生まれた神宮寺であり、元伊勢と呼ばれる阿紀神社に付随する仏教寺院だ。樹齢300年を超える枝垂れ桜も関西では名が知れており、コンサートなども開催したりと、いわゆる観光寺(良い意味で)の先駆者とも言える存在だった。
しかし、1999年1月、本堂、大威徳堂、倉庫の三棟が不審火で全焼した。そのありし日の姿は、住職が木戸を開けて通してくれた仮本堂の中で、新たに寄贈あるいは隣寺が救い出してくれた仏さんたち正面の額の中に拝む事ができる。牧歌的な美しい佇まいだ。
この合掌造りのお寺は再建途上にあるそうで、既に基礎は出来上がり、特徴的な茅葺き屋根の建築許可も下りたそうである。
気さくな住職は、『大亀和尚民芸館』と『香久山古墳』を案内してくれた。この民芸館は、1980年に大徳寺如意庵の元住職、立花大亀和尚(1899─2005)が再興した『松源院』(拝観謝絶)に付随する博物館で、和尚が所持する墨蹟、茶道具などのコレクションや民具などを保存・公開することによって、鑑賞・学術研究の資とし、文化振興を願ったものである。
展示品の入れ替えは春秋2回だそうで、今は川喜田半泥子の作品や、アポロ17号のジーン・サーナン船長から寄贈された『月の石』にも出会う事ができる。正直、この地にあるとは驚きだ。
古墳はこの民芸館の裏手にある。松源院の名を冠した『香久山古墳』の築造年代は6世紀後半。ヤマト王権による海路確保を背景とする船形埴輪が出土した松阪の宝塚古墳(5世紀前半)よりも若い。
1983年の発掘調査によると、『香久山古墳』は外部直径18メートルの円墳だそうである(前方後円墳との説もある)。あいにく開口部は格子戸で閉じられていたが、過去と現在を結ぶ存在感ある古墳だった。
香久山を後にして、重要伝統的建造物群保存地区『宇陀松山』に戻り、古民家を改装した蕎麦屋で遅い昼食をとると、私達はまちづくりセンター『千軒舎』を訪ねた。ここは薬屋、歯医者として使われていた旧内藤家の建物を2003年に改修した伝統地区の改修モデルハウスであり、まちづくり拠点、訪問者へのガイダンス、ミーティング会場として利用されているそうである。ちょうどこの日もミーティング場として機能していた。
だが、訪問者に提供する情報量はとても少ない。宇陀松山城の出土品はいくつか展示してあるが、重要伝統的建造物群保存地区の歴史や、一軒一軒についてのガイダンスはなく、物販もなかった。
帰路は再び166号線で、吉野村の『ひよしのさとマルシェ』に立ち寄った。残念ながら、一足違いで前回お会いした店長にはお会いできなかった。私たちは、本居宣長記念館の館長が撮った高見峠にある宣長の歌碑(1995年東吉野村建立)の立体加工写真を贈り、奈良を後にした。
今回は、奈良市行きの予定にはなかったので、比較的時間をかける事ができた。おかげで、隣接都市とはいえ所属する経済圏が違う為に、こちら側では未だ知られていない旧跡が沢山ある事がわかった。
もちろんそれはあちら側でも同じ事だ。インターネットが発達したとはいえ、テレビやラジオ、新聞社に縄張りがある以上、地域間交流は未だ知る人ぞ知るの域を出ないのである。
(O・H・M・S・S「大宇陀・東紀州・松阪圏サイトシーイング・サポート」代表)

宮崎さんの表_OL 65歳以上人口が総人口に占める割合を高齢化率と定義しています。高齢化率7%超14%以下を「高齢化社会」、14%超21%以下を「高齢社会」、21%以上を「超高齢社会」と区分すると、当然わが国は超高齢化社会に既に突入しています。
◆わが国の金融資産の現状
2018年末の金融資産は1830兆円で、内訳は現預金53・7%・有価証券14・5%・保険年金28・8%・その他3%となっており、相変わらず現預金が半分以上を占めています。
対照的に米国の金融資産は 81・7%兆ドル(1ドル約110円8987兆円)、現預金13・1%・有価証券53・9%(内訳は株式36・2%・債券5・9%・投信11・8%)・保険年金30・2%となり、現預金と有価証券の比率が日本とは逆転しています。
この背景には1995年から2018年までの日本株(TOPIX)128%と約3割の上昇に対し、米国(S&P500)514・5%・5倍増と、圧倒的に米国株の上昇が要因となっています。
他に税制や年金の仕組みなどで有価証券への優遇の違いがあります。根本的には、米国の直接金融シフト(企業の資金調達は有価証券市場から調達)とわが国の間接金融シフト(企業の調達は銀行借り入れが中心)が大きく関わっています。
家計の総資産では、1990年のバブル前とその後の資産内訳(総資産・土地・金融資産)の推移を調べますと、家計の合理的な行動が見えてきます。バブル前の1980年の家計の資産は、総資産1002兆円・土地476兆円・金融資産351兆円、バブル時の1990年の総資産2744兆円2・7倍・土地1485兆円3・1倍・金融資産1000兆円2・8倍とそれぞれ急増しています。
バブル後2000年の総資産2654兆円▲3
%・土地971兆円▲35%・金融資産1415兆円△41%、2010年の総資産は2647兆円で変わらず・土地715兆円▲26%・金融資産1567兆円△10%、2016年の総資産は2889兆円△9%・土地703兆円▲1・6%・金融資産1824兆円△16・4%となります。
1990年のバブル時は総資産も土地も金融資産も3倍前後拡大しましたが、その後の2016年比較では総資産は5%の微増、地価下落で土地は▲52%と大幅減に対し、金融資産はその後も△82%の大幅増となっています。
バブル期の定期金利は6%もありましたが、90年代に低下を続け、2000年代に入るとほぼ消滅しています。株式もバブル時の日経平均3万9000円から、その後7000円まで下落し、他に有力な資産の振り向け先はなく運用難の時代が続きます。
この様に物価が下落し続けると、保有する現金の価値は相対的に高まる為、現預金を増やす家計の選択はデフレ下では合理的な行動だった訳です。
◆高齢者の金融資産状況
全体の金融資産が大幅に増加している割にリスク商品の多い高齢世帯が保有する金融資産は過去20年間横ばいとなっています。ただし日本の人口の約3分の1が65歳以上となっている状況で、1830兆円の家計金融資産の過半がこの層に集中し、さらにその半分は75歳以上が保有しています。資産の高齢化も進んでいます。しかも高齢世帯は株式や投資信託などのリスク資産も多く持っています。約270兆円規模の家計のリスク資産の4割にあたる110兆円前後を70歳以上が保有しているのが現状であります。
今後わが国で高齢化が更に進み、資産も同様高齢者の保有が進むと、高齢者特有の資産の停滞が懸念されてきます。特に金融資産の中でリスク資産といわれる有価証券の停滞が問題となってきます。高齢者にとって体力や身体的機能の衰えは致し方ない状況ですが、その中に認知症の割合も当然上昇してきます。
65歳以上の認知症の推定者は2015年約7人に1人(有病率15%)、2915年には約5人に1人(20%)になると予測されています。
日本の家計金融資産は2030年度時点で2070兆円と推計され、認知症高齢者の保有割合は2017年度の7・8%から2030年には10・4%に高まり、2035年に全体の15%に達すると推計されています。
みずほ総研の試算では、70歳以上の人が持つ有価証券は2035年に468兆円に増え、認知症患者が持つ可能性は150兆円と推計されるデータも出ています。
この巨額資産の何割かが塩漬けになるだけでも、日本の経済や社会にとって大きな問題となります。
◆高齢者の認知症等に伴うリスク資産の死蔵化への対応
高齢化の進展とともに高齢者の保有する個人金融資産の割合は一層上昇していきます。
高齢者の判断力の特徴として、これまでの経験に依存した判断をする、多くの選択肢への対応が難しくなり、解かりやすい情報とシンプルな選択肢を好むようになる。意思決定を延期する傾向が強く、いったん保有したものを手放したくない思いが強くなる。
この他に肯定的な感情的出来事や情報を記憶し、ネガティブな情報を忘れるあるいは注目しない傾向が出てくる。将来を展望する視点ではなく、過去を振り返るという視点に立つなどがあります。このように加齢に伴う金融商品のリスク判断など認知機能の低下は進んでいきます。その為にも金融業界は解かりやすい説明、大きな文字、親切丁寧な対応 高齢者の心身を理解した対応や商品設計の工夫に心がけることが重要になります。
また長寿社会における、高齢者の消費、資産管理、運用などの経済活動を支援するためのサービスや制度が求められます。
金融マンは、金融商品の運用の他、保険・土地家屋・事業承継・税金など高度で複合的な資格と能力、親切丁寧な性格が求められます。

悲惨な最期をとげた町民たち                  雲 井  保 夫

(前回からの続き)
村瀬隆さんの手記。
「7月24日〔火曜日〕の当日は、その前夜、勤務先の津市立高等学校で宿直した翌日に当たり、その朝は午前4時50分に起床、5時15分から朝食のため玉置町のわが家へ帰った。ところが5時30分に警戒警報が発令されたので、朝食もそこそこにして、6時15分から再出校した。
6時20分には空襲警報が発令された。東海、近畿地区は全般にB29爆撃機の大飛行機群が来襲するという情報が刻々と入り、緊張を募らせた午前9時頃には、いよいよ敵機がわが上空に姿を見せた。わたくしは、それで学校のグラウンド北端の防空壕に懸命に避難した。
そのうちに、爆撃が始まり、学校付近に物凄い音響と同時に爆弾が破裂し出し、全校舎が揺らぐ有様、その一弾はわれわれの退避していた防空壕の近くで炸裂し、防空壕の出入り口から爆風が砂塵とともに防空壕内に吹き込み、防空壕内の職員連れは瀕死の思いでお互いしがみつき合った。
そして、11時前には危機も去ったようなので、壕外に出て周囲を見まわすと、校舎の大半は倒壊し、付近の民家の大方は姿がなかった。辛うじて倒れた残った新校舎の二階から遠望すると、橋内辺りは猛煙に包まれて何も見えなかった。人伝えに聞くと、三重師範学校や津新町辺りは最も甚大な被害のようだとのことで、玉置町のわが家の安否が気遣われた。
それで正午すぎ、学校長に賜暇(しか)をとって、学校から足を踏み出すと、街路は倒壊家屋で埋まり、方々から負傷者の悲鳴が聞こえてきて、まさに阿鼻叫喚で、この世の生き地獄のようであった。
わたしは、いつもの通勤道路へは出られず、下弁財町から岩田橋へ出て、やっと橋内地区に入ったが、玉置町への路地はほとんど猛火に包まれ、どうにか塔世橋を渡って、津市立病院下から西進することができた。
この周辺には軍隊、消防隊員が取り巻き、古谷津連隊区司令官の顔も見え、負傷者は病院内へ続々と運び込まれていた。しかし目当ての御山荘橋は南端が爆破され渡れないため、わが家のある玉置町へ帰ることは諦めた。
そこでさらに、西方に向かい国鉄参宮線の踏み切りを越えて、戦況が激しくなるといつも疎開させてもらっている安東の三本松橋のそばの家に、這うようにして辿りついた。そこには生きた心地もなく、恐怖していたわが母と子と姪がいて、わたしの姿を見るや、喜んで飛びついて来た。その3人は午後3時ごろ、ここへ避難してきた。そしてわが家は倒れず、わが妻と妹は玉置町へ行って、罹災の跡片付けをしているとのことであった。
それで、わたしは早速、現地にかけつけた。その玉置町を眼にすると、市内で最も高い塔として有名だった基督〔キリスト〕教会堂は勿論、家屋といえば拙宅(せったく)と、向かいの朝川家だけが残り、中新町、北堀端、西裏辺りの住宅はまだ炎々と燃えていた。
四辺には煙が一杯立ちこめ、屍が累々と地上に転がり、また防空壕内に埋まっていた。わが家の東面は当時広い空き地になっていたが、そこには三重県医師会館の用務員が爆風で飛ばされ死んでいた。いつもならば、わが妻子がすぐそばの壕中に避難していたのに、その時は偶然、配給物を取りに出て、その壕から50メートルも離れた西方の防空壕へ入っていたので幸いにも助かったのである。わたしは現地〔玉置町〕に1時間ばかりいて帰ろうとしたころ、〔午後5時半ごろ〕、古河の公民学校が燃えさかっていたので、再度応急の仮御山荘橋を警官らの案内で渡り、安東の疎開先へ帰った。
午後7時半ごろ、その後のわが家が心配になって、現地近くまでいったが、その時は軍隊が出動でいて、警備をしてくれていたので安堵して帰った。しかし津市の夜空はまだ赤々と焼火に染まっていたため、不安な一夜を疎開先で送ったのであった」。
  『津市史』には「防空壕の中にいて一家全滅したもの、倒壊した家屋の下敷きとなったまま焼死したもの等、その数は数え切れない〔実際当時も未発表で不詳〕。玉置町は全町全滅し、当日他所へ行ったものだけを残して全員悲惨な最期をとげた。西新町〔除南部〕、西堀端もほぼ同様の状況であった。師範学校に48発の爆弾。いかにこの日の爆撃が激しいものであったかが想像できる」とだけあって、死傷者数は不明。
『三重県警察史』によると「24日、28日の被害で判明した死者は1239名、負傷者数千名」とある。当時被害調査を指揮した奥山篁市警部補は「はっきりとした数字は不明だが、この死者のほとんどが、24日の爆弾によった。またその全部が玉置町、西堀端、榎の下付近の橋内西部のごく限られた地域に集中していた」と証言した。しかし、この爆撃による死者については「本当はまだはるかに多く3000人以上あった」と町の老人たちは言っている。
とにかく、玉置町はこの空襲で滅亡した。旧玉置町はいま養正小学校の敷地、玉置公園になっている。「復興しなかった町」は日本空襲史上ここのほかには聞かない。
この日津市市街地に投下された爆弾はANM─64・250キロ爆弾が総数2528発、ANM─56・2トン爆弾は296発である。
この7月24日の惨状から4日後の7月28日の深夜、津市は新しく開発されたANM─74型焼夷弾がほぼ津市の市街地全域にわたって投下され、一夜にして、灰燼に帰した。       (終わり)
〔参考並びに引用文献〕
『名古屋大空襲』昭和46年9月10日発行 毎日新聞社。
『日本空襲の全容』1995年4月25日発行 小山仁示著 東方出版。
『津市史』
『三重県警察史』
『五十年目の戦想』平成8年3月10日発行、編集朝日新聞津支局、三重県良書出版会。
『21世紀への伝言』平成8年7月発行。編集発行三重県戦後50年体験文集発行委員会
『津の戦災 記録と回想』1989年 編集・発行 津平和のための戦争展実行委員会。
『三重の空襲時刻表』編集・発行 津の空襲を記録する会
Tactical Mission Report, Flown 24,July,1945  Twentieth Air Force.アメリカ国立公文書館蔵
[ 1 / 22 ページ ]12345...1020...Last »