特別寄稿

  •  かつてこの欄で、3回にわたって中心街活性化についての提案を行ない、その一つ津観音に抜苦・与楽地蔵の安置ができのことは周知の通りである。
     その後、津市商業振興労政課と三重大学地域戦略センターがタッグを組み、「中心市街地活性化タスクフォース」を立ち上げ、センターパレスを中心に事業を行ってきた。しかし、色々な案が出され実践もされてきたが、必ずしも活性化につながっていないのが実情である。
     ところが、三年目(平成24年・中心市街地活性化オープンディスカッション。同25年以降・中心市街地活性化タスクフォース)に入った今春、かつての津観音を軸とする活性化案をベースに、伊勢参宮の帰りに津へ寄ってもらう案が採用され、プロジェクトチームを組んで推進することが決定、関係機関や団体の協力を得て大きく一歩を踏み出すことになった。
     その案とは、昨年の遷宮では1300万人、一昨年も880万人を数える参宮客に、帰途、津インターから7分の中心街に寄ってもらい、中心街の散策と津観音の参詣、お昼に朝日屋の松阪肉を津都ホテルで楽しんでもらおうという企画である。
     昨年の遷宮におけるテレビのインタビューで、伊勢神宮の宮司さんが、「伊勢神宮は天地自然の恵みに感謝し、世界の平和、国家の安寧を祈るところで、個人の頼みごとをするところではありません」と答えていたことをヒントに、こんなキャッチフレーズを考えてみた。
     「伊勢は津でもつ津は伊勢でもつ…、伊勢の帰りに朝日屋の松阪肉を食べていきませんか?あなたの苦を抜き、楽を与える抜苦・与楽地蔵の津観音さんも待っています…」
     この企画のキーワードは「温故知新」、古きを活かし新しき発展をはかる、すなわち、津観音を活かし大門商店街を活性化させるということである。
     津インターを降りた観光バスは、7分で大門アーケードの南口に着き、降車した観光客はボランティアガイドの案内で商店街を通って津観音へ、抜苦地蔵をなでて苦を抜いてもらい津観音に参詣、たっぷり願いごとを頼みお慈悲をいただいて資料館を見学、帰りは与楽地蔵をなで楽をもらってから、立町を通って津都ホテルへ移動、メインの朝日屋松阪肉のランチとなる。
     ゆっくりと松阪肉の昼食を済ませた後は、お土産に松阪肉を買いたい人を朝日屋に案内、帰りは立町から大門アーケードを散策、お土産などを買って南口へ集合、観光バスで津インターへ、約3時間のスケジュールである。
     なお、「うなぎ」のコースも用意、この場合も大門アーケード、津観音の散策コースは同じとする。
     また、直接、津へ来てもらうコースとして、基本コースに一身田の高田本山や赤塚植物園(植物の組織培養、生産温室における植物の生産状況、稀少植物温室の見学など)を加え芸濃インターから帰ってもらう、「朝日屋の松阪肉を食べに来ませんか」(一日コース)も付加する。
     懸案であった観光バスの駐車場は、現在ある「お城東観光バス駐車場」の周知をはかるとともに、フェニックス通りの海よりなどについて関係各機関において検討中である。
     車中で渡す観光マップは、すでに市の商業振興労政課などで案が作成されており、津観音のマップもOKである。
     観光会社やバス会社から連絡を受けた関係部署は、それぞれ関係団体に連絡、大門アーケードへも各店が工夫したおもてなしを行うよう働きかける。
     それに先立ち、「朝日屋の松阪肉ランチ」の試食会を広く市民対象に津都ホテルで実施(試食特別価格)。アンケートを取ってランチのメニューや味付けに活かすこととする。
     市民による試食会の感想も参考に、観光業者やマスコミ各社を招待して、「津中心街観光案内と松阪肉試食会」を実施する。特に、大門たてまちアーケードが国道23号沿いであることや、津インターや中勢バイパスから7分の距離にあることを力説する。
     合わせて、関係機関や団体はもちろん、三重県観光局や同じく三重県観光連盟などの協力を得て、ポスターやホームページを駆使し広く宣伝する。
     大門アーケードは暗くてシャッターが閉まっていたり、歯抜けの土地が目立つなど現状では駄目だとの指摘もあるが、実際に観光客が増え人の流れが出来れば、商店街、お店がそれぞれ勘考し工夫して、必ず賑わいを取り戻すものと確信する。
     市民の皆様、ご協力をよろしくお願いします。

 日本は今、とても平和な国です。ウクライナ紛争、中国国内の騒乱、また、アフリカ・中東における民衆と為政者との衝突を見ますと、国毎にその背景は異なるものの、その悲惨な状況は遠く離れた日本にいる私達の心をも痛めます。
 我が国も大震災に見舞われ、未だにその収束の目途は立っていませんが、国民同士が血を流し合う状況はありません。これはひとえに日本人の勤勉を基にした高い教育水準や優れた技術革新力の賜かと思われます。また、それらの事柄を可能にした長く続く安定した政治力があった事も否めない事実かと思います。 
 ただ、この先、半永久的に今のままの状況が続いていくのか?と考えると、そこに疑問が湧いてきます。オバマ大統領の訪日があったばかりですが、現実は本来緊密な友好関係にあるはずの日米二国間でさえ、問題が山積みではないでしょうか?更に日中・日韓・対北朝鮮となると課題は一気に大きく膨らみ複雑化してゆきます。また、一方、足下の私達が暮らす国内事情の現在と未来は如何でしょうか?10年前、20年前とは明らかに異なる視界不良の状況下で、それでも前を見て進んで行かねばなりません。TVのスイッチをひねれば毎日区別のつかないようなバラエティ番組が延々と続き、それを見て笑っているうちに国民の4人に1人は65才以上になってしまいました。
 ほんの数十年前には想像もつかなかったような価値観の多様性・技術革新・二極化現象・海外との摩擦・果てしのない競争・思いもかけない震災…等々、混乱は混乱を呼び混迷と混沌の度合いは深まるばかりのようのも思えます。このような時に当たって私たちは今一度、立ち止まり、冷静に周囲を見廻し、自分自身の足元をも見つめ直すべきではないかと考えます。そして本来私たちが持っていた、或いは祖先から受け継いできた日本人の良さ、日本人らしさを日本人の矜持と共に取り戻し、たとえ困難な未来が待ち受けていようと、力強く前進していくべきではないでしょうか。
 11月13日17時から津リージョンプラザお城ホールで開く「櫻井よしこ氏講演会」はこのような混沌複雑な現状を明解に解きほぐしながら、私たちの今、ひとつの指針を共に考える機会になればとの想いから企画しました。ひとりでも多くの市民の皆様のご参加を心よりお待ちしております。
藤田  孝郎 (櫻井よしこ氏講演会実行委員長)

読売新聞記事中の模型イラスト

 来年、2015年(平成27年)は、彼の忠犬ハチ公の没後80年。この年の3月8日がハチ公の祥月命日に当たります。
 上野英三郎博士の生地、ここ久居に博士とハチ公の対の銅像を建立しようと久居および周辺の、そして全国の有志の皆さんの間に力強い運動が起こったのは、ハチ公没後80年を遡ること十有余年前のことでした。 その運動を主導したのは「上野英三郎博士とハチ公の銅像を建てる会」です。以来、皆さんの熱い志が実を結び、銅像が近鉄久居駅東口緑の風公園入口に建立され、めでたく除幕の式典が挙行されたのが一昨年、平成24年、没後80年に先立つ3年前の10月20日のことでした。
 「ハチ公と博士との対の銅像」はこれを以て嚆矢とします。銅像制作に当たっていただきましたのは、鈴鹿の彫刻家、稲垣克次氏(日展の評議員、審査委員)です。その素晴らしい出来栄えは、久居駅東口で皆さんご覧の通りです。有志の皆さんと「建てる会」はこの実現を心から喜ぶものです。
 嬉しいことに、対の銅像建立の動きは久居の一基にとどまりませんでした。除幕式に参列された東大の先生方の談話として、ハチ公没後80年の2015年(平成27年)3月8日を目指して、博士が教鞭を執っておられた東大(旧帝国大学)の構内に今一つのハチ公と博士を建立する計画を立てるとのお報せがありました。 その運動の一環として、去る3月8日、東京大学にて「もう一つの東大ハチ公物語」と題するシンポジウムが開催されました。
 それを報じた読売新聞の記事にはハチ公と博士の対の銅像の試作の写真も併せて掲載されています。
 それを見ると、ハチ公がご主人たる博士に飛びつき、静止像なるがゆえに動きこそ見られませんが、ちぎれんばかりに尻尾を振っているものであろうことが容易に想像できるのです。久居の銅像が「静」であるのに対し、東大の試作像は「動」です。
 ハチ公と博士の対の銅像の第二弾の考えとしては、間然するところなく、敬意を表すとともに、来年の除幕式での公開を待つものです。今後も、このように、第三弾、第四弾の対の銅像の建立が新たな創意のもと日本や外国の関係の場所に建立されることを希望してやみません。
 さて、「忠犬ハチ公の物語」は読者の皆さんは既に十分にご承知と思いますが、今一度、ハチ公と博士との心温まる絆をごく簡単に回顧し、あらためて博士の遺徳を偲び、ハチ公の生涯を辿りたいと存じます。
 ハチ公は、生粋の秋田犬です。秋田県の大館町「(昭和26年に市制施行)」に生を享けました。生後50日余りで米俵に包まれ国鉄「(現JR)」の小荷物扱いで東京に運ばれました。
 仔犬であったハチ公にとっては長い長い旅。大正13年(1924年)の寒い1月のことでした。貰われて行った先は、東京帝国大学教授・上野英三郎博士です。博士は、ご存じのように、ここ久居本村甲「(元町)」のご出身です。
 犬好きの博士は、自分のベッドの下でハチを寝かせるほど、可愛がりました。ハチもその愛情に応えて、朝には大学に出講する博士を渋谷駅まで送り、夕方には再び渋谷駅で博士を迎えました。残念ながら、その主従の生活は長くは続きませんでした。ハチが博士の家に来てから僅か17カ月後、博士は大学での講義中に突然倒れられ、不帰の人となってしまわれました。
 しかし、そのことが理解出来なかった、否、理解を拒んだハチは、その後もそれまで通り朝な夕なに渋谷駅に通い、改札口から出て来る大勢の乗客の中に博士の姿を求め続けたのです。 「犬は三日飼えば…」といいますが、ハチにとっては博士と共に暮らした17カ月の経験と記憶は何ものにも代え難い宝であったのです。その忠誠心が徐々に人々の心を捉え新聞にも掲載されるようになり、遂には小学校修身の教科書が「忠犬の物語」として取り上げる事となり、教育の一環を担うに至りました。
 その感動的な物語の中心がハチであり、そのハチの飼主がここ久居出身の上野英三郎博士であることに今一度、思いを馳せたいと存じます。
 そして、同時に地元の久居の地にハチと博士の対の銅像、初めての対の銅像を建立できた喜びを噛みしめております。
 繰返すことをお許しください。久居のものが対の銅像のかぶら矢であり、そのことを秘かに誇りに思うものです。また、久居に続く東京大学構内の「上野博士と愛犬ハチ」の対の銅像(「動」像)の除幕が待たれます。
(上野英三郎博士とハチ公の銅像を建てる会・元代表)

[ 14 / 20 ページ ]« First...1213141516...20...Last »