特別寄稿

読売新聞記事中の模型イラスト

 来年、2015年(平成27年)は、彼の忠犬ハチ公の没後80年。この年の3月8日がハチ公の祥月命日に当たります。
 上野英三郎博士の生地、ここ久居に博士とハチ公の対の銅像を建立しようと久居および周辺の、そして全国の有志の皆さんの間に力強い運動が起こったのは、ハチ公没後80年を遡ること十有余年前のことでした。 その運動を主導したのは「上野英三郎博士とハチ公の銅像を建てる会」です。以来、皆さんの熱い志が実を結び、銅像が近鉄久居駅東口緑の風公園入口に建立され、めでたく除幕の式典が挙行されたのが一昨年、平成24年、没後80年に先立つ3年前の10月20日のことでした。
 「ハチ公と博士との対の銅像」はこれを以て嚆矢とします。銅像制作に当たっていただきましたのは、鈴鹿の彫刻家、稲垣克次氏(日展の評議員、審査委員)です。その素晴らしい出来栄えは、久居駅東口で皆さんご覧の通りです。有志の皆さんと「建てる会」はこの実現を心から喜ぶものです。
 嬉しいことに、対の銅像建立の動きは久居の一基にとどまりませんでした。除幕式に参列された東大の先生方の談話として、ハチ公没後80年の2015年(平成27年)3月8日を目指して、博士が教鞭を執っておられた東大(旧帝国大学)の構内に今一つのハチ公と博士を建立する計画を立てるとのお報せがありました。 その運動の一環として、去る3月8日、東京大学にて「もう一つの東大ハチ公物語」と題するシンポジウムが開催されました。
 それを報じた読売新聞の記事にはハチ公と博士の対の銅像の試作の写真も併せて掲載されています。
 それを見ると、ハチ公がご主人たる博士に飛びつき、静止像なるがゆえに動きこそ見られませんが、ちぎれんばかりに尻尾を振っているものであろうことが容易に想像できるのです。久居の銅像が「静」であるのに対し、東大の試作像は「動」です。
 ハチ公と博士の対の銅像の第二弾の考えとしては、間然するところなく、敬意を表すとともに、来年の除幕式での公開を待つものです。今後も、このように、第三弾、第四弾の対の銅像の建立が新たな創意のもと日本や外国の関係の場所に建立されることを希望してやみません。
 さて、「忠犬ハチ公の物語」は読者の皆さんは既に十分にご承知と思いますが、今一度、ハチ公と博士との心温まる絆をごく簡単に回顧し、あらためて博士の遺徳を偲び、ハチ公の生涯を辿りたいと存じます。
 ハチ公は、生粋の秋田犬です。秋田県の大館町「(昭和26年に市制施行)」に生を享けました。生後50日余りで米俵に包まれ国鉄「(現JR)」の小荷物扱いで東京に運ばれました。
 仔犬であったハチ公にとっては長い長い旅。大正13年(1924年)の寒い1月のことでした。貰われて行った先は、東京帝国大学教授・上野英三郎博士です。博士は、ご存じのように、ここ久居本村甲「(元町)」のご出身です。
 犬好きの博士は、自分のベッドの下でハチを寝かせるほど、可愛がりました。ハチもその愛情に応えて、朝には大学に出講する博士を渋谷駅まで送り、夕方には再び渋谷駅で博士を迎えました。残念ながら、その主従の生活は長くは続きませんでした。ハチが博士の家に来てから僅か17カ月後、博士は大学での講義中に突然倒れられ、不帰の人となってしまわれました。
 しかし、そのことが理解出来なかった、否、理解を拒んだハチは、その後もそれまで通り朝な夕なに渋谷駅に通い、改札口から出て来る大勢の乗客の中に博士の姿を求め続けたのです。 「犬は三日飼えば…」といいますが、ハチにとっては博士と共に暮らした17カ月の経験と記憶は何ものにも代え難い宝であったのです。その忠誠心が徐々に人々の心を捉え新聞にも掲載されるようになり、遂には小学校修身の教科書が「忠犬の物語」として取り上げる事となり、教育の一環を担うに至りました。
 その感動的な物語の中心がハチであり、そのハチの飼主がここ久居出身の上野英三郎博士であることに今一度、思いを馳せたいと存じます。
 そして、同時に地元の久居の地にハチと博士の対の銅像、初めての対の銅像を建立できた喜びを噛みしめております。
 繰返すことをお許しください。久居のものが対の銅像のかぶら矢であり、そのことを秘かに誇りに思うものです。また、久居に続く東京大学構内の「上野博士と愛犬ハチ」の対の銅像(「動」像)の除幕が待たれます。
(上野英三郎博士とハチ公の銅像を建てる会・元代表)

 暗い過去ばかりと思いこんでいる過去の歴史は実は宝の山で、日本と世界には素晴らしい未来が予想されている。借金地獄、トラブル地獄、病気地獄から危機突破した人物。孤児であるために大阪や東京の親類を渡りながら東京大学で苦学して勉強し、ノーベル賞に輝いた作家。教育勅語が西ドイツを再建した首相の執務室に飾られ、西ドイツ再建の糧となった事実。
 また、福沢諭吉の修身要領がアメリカ教育再建の糧となり、ベストセラーになった事実。ネストリウス派キリストの教えが聖徳太子によって受け入れられていた事実と、同時にネストリウス派の技術と芸術が日本にもたらしたノーベル賞の数。皇紀とイスラエル十支氏族との意外な関係。  イスラエル大使もびっくりの伊勢神宮とイスラエル神殿の意外な類似。少女に取り次いだ悪魔払いに三年間も要した牧師。二百年前の死体が腐敗せずにルルドに公開されている事実。庄屋の嫁、浄土宗の中山みきに降誕された神の霊。
 南北朝の争いを鎮める為に無欲な南朝の神官・黒住宗忠に降誕された神の霊。無罪の岸信介を助けた無学な浄土真宗・北村サヨに降誕された神の霊。天理神道、黒住神道、北村神道は皆伊勢神宮に通じ、伊勢神宮と佐田彦はイスラエル・キリスト教に通じて世界に通じている。
 さらに、フランスとドイツの和解式がなされたノートルダム大聖堂。不思議な国スウェーデン。無垢な工員と結婚したゲーテ。かつての満州国の今の現状。米国の資本主義とソ連の共産主義の侵略に抵抗した無敵のフランコ総統とチトー大統領。
 アフリカでホームレスより劣悪なバラック小屋に住み、食料不足で栄養失調になったシュヴァイツァー博士。日本軍人に対する英国の裁判に反対して中止させたインド国民。東京裁判の有効性を認める世界の法律家は誰もいない現状。シベリア抑留で死んだ日本人は二十五万人。大量破壊兵器で死んだ人間は三十万人。復讐の鬼と化したマッカーサーは、山下将軍と本間中将を簡単な手続きで東京裁判を待たずに銃殺してしまった。
 敗戦にも拘わらず、アジアの植民地解放の道半端なるを憂い、帰りたくとも帰国せずに日本軍の承諾を得て、インドネシアに903人、ベトナムに800人、マレーシアに100人、ビルマに1000人の日本軍人が残り武器提供と軍事教練に当たり、アジアの独立を勝ち得た。
 最近ではベトナム戦争にて石井卓雄少佐が中心となってアメリカと本土決戦にて戦い勝利を得たことは記憶に新しい史実。アメリカ軍は日本軍人の遺体をブルトーザーで処理していた史実。北一輝の日本改造法案大綱が新憲法の六割を占めている史実。麻薬組織のボスが神の霊を受けて、今は温厚な教会の指導者。
 明治維新に繋がる本居宣長の革命的理論。専門の授業も予算もない中でノーベル賞に輝いた日本の科学者。サイパン没落で軍事能力に失望した東条英機を総辞職に追い込んだ後に、東条英機の憲兵が執務室の岸信介を取り囲んだ時に、『黙れ、兵隊』と一括して憲兵を追い返した史実。
 時計職人が独学で書いた社会契約論とエミールと恋愛小説が、学識高いカント、ゲーテ、トルストイや有島武雄、島崎藤村の人道主義に影響を与え、世界市民革命に与えた大きな影響等々…限りなく日本と世界に関連した過去の歴史の中は、宝の宝庫であります。
 「未来革命」は、天から授かったそれらを歴史的に組み立てて列挙した私の著作ノートであります。一冊の価格はおそれ多くも決定できず、結局非売品にして、末永く保存して後世に伝える為に無料でお貸しする事にしました。
 催促なしですが何年先であっても限定百冊なので、次に読みたい方のためにも10年後であっても返品を願います。
 棄損や紛失の場合は整理上必要ですので、弁償は無用ですが、FAXまたは葉書にてお知らせ願います。 ニュートンの予言は2060年、1000年前の司教マラキの歴代のローマ法王就任の名前の予言は全部的中していますが、今回で終わりと記されています。 古い世界は滅びて、新世界が到来すると黙示録には予言されていますが、日本と世界に住む私たちは歴史から目を離せません。
 『未来革命』B5、208頁を希望される方は直接事務所まで、または送料着払いで申込み願います。無料にて一年限定でお貸しいたします。
 藪内憲雄 
 信華苑(三重県津市丸之内24─16、タカノビル2F。FAX059・246・6355。℡059・262・6255、高等学術研究所内)

 2014年が明けた。昨年は、日本にとっても三重県にとっても良い年だった。2013年度の実質成長率は、2・7%程度の高い伸びが見込まれている。株価も堅調だ。オリンピックも決まった。一方、三重県は、神宮の式年遷宮で史上最高の参拝客を集めた。また、秋には待望のアンテナショップ、三重テラスを、東京・日本橋に開店した。2013年は人々の気持ちが上向いた年だった。
 さて、今年はどのような年になるだろうか。4月には消費税が引き上げられるので、成長の鈍化は避けられない。それでも、実質成長率は0・7%程度と予測されている。05年度から12年度の平均実質成長率は0・2%であったので、それほど悪い数値ではない。
 また、今年は、大きな選挙がない。与党は衆参両院で圧倒的な多数を擁しているので、落ち着いて政策に打ち込める年でもある。そうであれば、年頭にふさわしく、一つ大きな絵柄を描いてみよう。この国の大きな政策課題は何か。
 第一に、経済が活況を呈すれば、人々は自ずと元気になる。経済はやはり大切である。経済の基本となるGDPは、人口×生産性と考えられるので、まず、人口を増やす政策が中長期的には必要である。人口を増やす政策は、大別すると3つある。1つは、子どもを産み、育てやすい社会を創っていくことだ。
 ヨーロッパをみると、手厚い子育て支援策を採っているフランスや北欧諸国の出生率は2・0前後にまで回復している。極論すれば、これらの子育て先進国の政策をそっくりそのまま借りてきてもいいのではないか。2つ目は、大学の競争力をつけることである。アメリカには、全世界から100万人近い留学生が集まる。アメリカの教育費は高いので、2年間学ぼうと思ったら1千万円前後を持ちださなければならない。これだけで10兆円の有効需要が生まれることになる。
 加えて、アメリカのベンチャー企業の経営層は留学生が約半数を占めていると言われている。多様性が企業家精神を高めることは疑いがない。異質の文化がぶつかるところに、イノベーションが生まれる素地があるのだ。
 わが国の大学は世界のトップ100に2校しか入っていない体たらくである。これでは、良い学生が集まるはずがない。秋入学に切り替え英語の講義を増やすことは、国際競争力を高める前提条件であろう。
 第3は、観光客の誘致である。フランスなどは、人口以上の観光客を毎年集めている。日本の食事は世界一である。ミシュランのトップ3は、東京、パリ、大阪の順である。神社仏閣はもとより、温泉も雪もサンゴ礁もある。観光資源の面では、フランスに負けるはずがない。負けているのは、整合的な政策面だけではないか。
 第二に、生産性を高めるためには、労働の流動化が必要だ。学生の就活人気企業は、相も変わらず、大銀行や保険会社だ(アメリカは、ベンチャー、NPO、公務員が上位)。一方で、成長戦略の中で取り上げられる分野は、医療・介護、農業、IT、そして大企業よりはむしろベンチャーや中小企業だ。わが国は、労働資源の最初の配分の時点で既に大きく歪んでいるのだ。労働を流動化して成長分野に人が移動していく仕組みを創らない限り、生産性は上がらないと考える。 第三に、税と社会保障の一体改革が必要である。わが国の現状は、低負担・中福祉である。40兆円強の税収しかないのに、90兆円以上を使い続けてサステイナブルであるはずがない。この現状を直視すれば、わが国の現実的な選択肢は、中負担・中福祉か、高負担・高福祉のどちらかを選ぶしかないのだ。2020年には、経常収支が赤字化するという予測もある。そうなれば双子の赤字がこの国を襲うことになる。それまでに、財政の再建にある程度は目途をつけておかないと、大変なことになりかねない。杞憂であれば幸いだが。
 最後に、隣国との関係である。隣近所とギスギスしていては、毎日が楽しくない。家は引っ越せるが、国は引っ越せない。小異を捨てて大同に就くという精神で、我慢強く友好関係を模索していくことが必要だ。 (出口 治明 美杉町出身。ライフネット生命保険㈱代表取締役)

[ 17 / 22 ページ ]« First...10...1516171819...Last »