特別寄稿

全曇で爆撃目標を津市に変更    雲 井  保 夫

アメリカ軍の天気予報では名古屋地方は、この日は高度5000メートルに高層雲、9600メートルに巻雲があり、30パーセントの曇天ということであった。
しかし、いざ日本近くまで来ると、2600メートルから9000メートルにかけて雲の層があり、全曇、つまり、すき間が全くない100パーセントの曇りであった。これでは目視による照準爆撃はできなかった。それで、目視照準爆撃地をそれぞれのレーダー照準爆撃目標地に変更することになった。津地区にこの日の午前5時48分に「警戒警報」が発令された。午前6時32分には「空襲警報」が発令され、けたたましいサイレンの音が鳴り響いていた。
第314爆撃航空団所属のB─29の爆撃機41機が午前10時17分から津市市街地に対して、高度1万5800~1万8600フィートからAN─M64、500ポンド〔約250キロ〕通常爆弾1216発を投下した。その数1120発である。10時54分で全弾投下し終えた〔作戦任務第289号〕
津地区が全曇ということで、津海軍工廠の爆撃はできなくなった。それで、同爆撃航空団は第1レーダー照準爆撃目標地の津市街地を午前10時38分から爆撃しだした。
爆撃は「レーダー直接同時方式」でなされた。まず34機のB29爆撃機が投弾した。次に編隊構成に遅れた4機のB29爆撃機が投弾した。午前10時54分に爆撃は終了した。 この爆撃でAN─M56、4000ポンド〔2トン〕軽筒爆弾が296発、AN─M64、500ポンド〔250キロ〕通常爆弾が1216発投下された。

 一方、名古屋地区も全曇のため目視照準による爆撃ができず、第1レーダー照準爆撃目標地の津市街を爆撃すべく飛行の針路変更をした。75機のB29爆撃機が午前10時38分に爆撃を開始し、わずか16分で爆撃を完了した。攻撃高度は6000~7500メートルであった〔作戦任務第289号〕
第313爆撃航空団所属のB29爆撃機は津市街地を爆撃後、伊勢湾に抜けテニアン島西飛行場に帰投した。
この日の天候が「全曇」でなかったとしたら、津市街地への爆撃はなかったにちがいない。天候さえ良好であれば第1目視照準爆撃地の津海軍工廠と三菱重工業名古屋機器製作所が猛爆を受けていただろう。
この日の攻撃によるB29爆撃機の損失は「0」機である。
 ▼玉置町の惨状▲
 ◆「津市北堀端1866、竹材店、関竹の主人・内山竹次郎さん(50歳、年齢は空襲体験当時のもの、以下同じ)は師範学校(現在の津市市役所の在るところ)の北東かど(いまの公民館付近)の警防団第3分団詰め所にいた。
「空襲だー」との望楼からの声を聞くより早く、目の前の裁判所に爆弾が降ってきた。団員はくもの子を散らすように退避した。
道路の向こう側の空き地へ走る者、ヘナヘナとその場に座り込み、はう者…内山さんは詰め所の防空壕に飛び込んだ。防空壕の床は雨水が深かった。ぎっしり満員でもう入れない。
町内会長で第3分団長の小沢憲夫さん(54歳)と肩を組み合ったまま、みんなの尻に頭を突っ込んでいた。
「頭の上を列車が走りすぎるようなショック」からさめると小沢分団長はぐったりとしていた。「分団長!小沢さん!」腰にまわした手をゆすってみた。小沢さんは死んでいた。団員の何人かが走った空き地の回りには同僚たちや避難中の人たちが地面にたたきつけられて変わり果てていた。
 ◆津市玉置町1897、弁護士、山田寛さん(57歳)方。午前10時30分頃の空襲警報で、寛さんは家にいた妻千代さん(50歳)二女、幸子さん(22歳)=実践女学校教師=、四男、正武君(16歳)=津中4年=、五男、正国君(14歳)=津工業高校1年=の4人を庭の防空壕に退避させた。
自分は部屋に残ってラジオにかじりついていた。「敵大型機数目標、志摩半島を北上中」。その瞬間、両耳をなぐられたような衝撃とともに、窓ガラスが吹っ飛び、何も見えなくなった。近くの家が倒れる音にドーッという広範な地鳴りの音がまじる。砂煙の中を手探りで家族のいる防空壕へ入った。同時に家の前の通り、隣の家につぎつぎと爆弾が炸裂した。
離れて落ちる爆弾はズズーン、ドカーンと音が聞こえるが、至近弾はドドーッと地響きがするだけ。いつの間にか防空壕の一番奥に一家5人が頭を突き合わせてひとかたまり、地響きがするたびに抱き合って息を殺した。
自宅防空壕の中で息を殺していた山田寛さん一家5人は、4、5波の爆撃にも奇跡的に全員無事だった。防空壕の盛り土は爆風にとばされ、5人の頭上には竹格子があるだけだった。空はもうもうたる砂塵で夕暮れのように暗い。
見渡す周囲には家は一軒も建っていなかった。みんなホーッと深い息を吐いて床にペタンと座った。体中ほこりまみれの女の人が、防空壕をのぞき込み、わけのわからぬ声をあげて髪を振り乱して廃墟の町へ駆けていった。無事と思った家族の中で四男、正武君が背中に怪我をしていた。爆弾の破片が伏せていた正武君の背中をかすめて突き抜けていた。
(次回に続く)

007映画のツイッター公式アカウントによると、キャリー・ジョージ・フクナガ監督による新作の撮影は、パインウッド・スタジオで、今年の4月からだそうである。一方、ノルウェーの Dagsavisen 紙によると、007の新作ロケがノルウェーで行われるとの事。ノルウェーには政府のバックアップがあり、海外プロダクションの作品に対し、現地撮影費用の最高25%が還元されるインセンティブ・スキームを組んでいる。国際的に影響力の大きい007映画のロケーションは、半恒久的な知名度向上になるので当然である。
この、イアン・フレミングの007号ジェームズ・ボンド小説とイオン・プロダクションによる映画の世界的ヒットは、ソビエト連邦当時のKGB長官セミチャーストヌィも大いに刺激した。東西冷戦に大きな影響力を持っていることを危惧したからだ。長官は、イズヴェースチャ紙にこの問題に触れた論文を寄せると、東側情報部員の活躍を描くようにと、ソビエト国内のみならず東側諸国の作家達にも訴えた。その一つがブルガリアのアンドレイ・グリャシキが書いた、『アヴァクーム・ザーホフ対07』(新版では『もう一度007』)である(早川書房から出ていた邦題は『007は三度死ぬ』。ハヤカワミステリマガジン1967年2月号に掲載された旧版では『ザホフ対07』だった)。
本編の主人公ザーホフは、ブルガリアの防諜部員で元考古学者。彼の任務は、量子エレクトロニクス・シンポジウム出席のためにブルガリアのヴァルナを訪れるモスクワの核物理学者トロフィモフ教授を狙う、英国の諜報員007を追うことである。実のところ、ザーホフの冒険譚はシリーズになっており、彼は過去に一度007に遭遇している。今回はリターンマッチだというわけだ。
一方、本書の007の任務はNATO軍総司令部第二課から下されたもので、英国秘密諜報部では偽装休暇の扱いである。作戦名は『光作戦』。これは、トロフィモフ教授が発明した特殊レーザー光線に因んだもので、いかなる鏡にも屈折せず、すべての物質を通過し、すべての電磁波を無力化する恐るべき兵器である。洋の東西を問わず男の子が好きそうな話だ。
舞台はロンドンに始まり、パリ、イスタンブール、タンジールを経て、教授とその美人秘書を乗せたNATOの偽装タンカーが、地中海から南極へと地球スケールの旅をみせる。二人は007に騙され、ロシア船だと信じ込んでいるのだ。
戦犯ドイツ人教授に成りすまして乗船したザーホフは、南極の氷に破壊されたタンカーからトロフィモフ教授と秘書を救出、西側の砕氷船とソ連南極基地からの救援機が迫る中、東西の諜報員は雪原での最後の格闘に挑む。
その結果は…つまるところ、東側と西側のヒーローとヴィランの置き換えである。
イアン・フレミングの本や007映画によると、ブルガリアの諜報員は常に悲惨な扱いだが、アヴァクーム・ザーホフは賢明で、腕っぷしも007と互角である。本書で悲惨な扱いなのは日本の諜報員だ。日本人もレーザーの秘密を狙っていて、タンカーのクルーとして潜入していたが、007に正体を見破られて殺されてしまう。日本も西側に与していた筈なのだが、二枚舌が信用できないからだろうか?
(O・H・M・S・S「大宇陀・東紀州・松阪圏サイトシーイング・サポート」代表)

 京都大学名誉教授の本庶佑氏が、免疫の研究でノーベル生理学・医学賞を受賞されました。この研究は、日本人の死亡原因の第1位となって久しいがん治療を、大きく変革していくことが期待されています。
医療はどんどん進歩し、私達は不老不死とて夢ではないような錯覚にとらわれがちです。しかし、どんなに科学が進歩しても、それだけでは解明できない世界があることを、皆さんにはご理解いただきたいと思います。
私たちの体は何十種類かのアミノ酸や水分、ミネラルなどで構成されています。しかし、それを集めたとしても、現在の科学では生命の宿る生物を作り出すことはできません。そして、この世の中は科学だけでは説明の出来ない力に支配されていると思うのです。『医学や科(化)学の発展と共に〝神の存在〟を忘れた日本人。原点に帰り神に祈りなさい』   『精神は神の世界。肉体は仏の世界』
『神が霊を救うのではない。霊は人間が救うもの。神は人間を救うと共に、霊を救う手助けをする』
これらの言葉は私が神様から受けたメッセージの一例です。
私は現在77歳ですが、53歳の時、神様から『人救いをしなさい』とご神示を受けました。以来、自身の会社を経営する傍ら、病気や不幸現象に苦しむ方々の悩みの解消に取り組んできました。
まずは身近な知人や友人、そして会社関係でお付き合いのできた方などの悩みを解消しました。 今ではホームページからの問い合わせや、私の講演会を聴いて頂いた方など一般からの相談が多くなっています。
生き死にを左右する大病、長い間、症状に苦しめられる慢性病など、最新の医療で手を尽くしても治療出来ない病気は、まだまだ数多くあり、今なお何人もの方が苦しんでいます。
こうした病気は、見えない世界、すなわち『心霊の世界』との関わり方を間違えた結果として起こると考えます。
神様、仏様、ご先祖様、そしてご霊様への向き合い方、対処の仕方が正しくない方に対して、注意や警告がなされているのです。
私がこれまでに解消してきた相談者の悩みの原因を挙げますと…。

①神様の祀り方やお神札 の扱いに間違いがある
②井戸の神様や竈の神様 に対してご無礼がある③ご先祖様が、正しく供 養されていない
④水子の供養の間違い。 または、供養していな い
⑤母方の三代前のご先祖 様の供養を忘れている
⑥霊的な物(掛軸・置物) の扱い方に間違いがあ る
⑦家の中や屋敷の中にい る霊を供養していな  い…などがあります。これらの原因を一つひとつ丁寧に解決することで、皆さんが幸せな人生を取り戻しています。
大病、難病に悩んでいる方は、信頼出来る医師の治療を受けることはもちろん重要です。一方で一度、こうした心霊の世界との関わりについても目を向けてみてはいかがでしょうか。
「見えない力」は厳しい戒めとなることもあれば、大きな救いにもなるのです。
講演会や個別相談では、スピリチュアルな知識と対処法についてもお伝えしています。
宗教活動ではありません。私の長年の経験が、皆さんのお役に立つことを願ってやみません。

雲元…本名・足坂三長。神仏からの戒告や霊障の解消事例などを収録した「あなたの運命を変える『見えない力』」の著者。人材教育会社㈲エム・アール・シー(津市大里睦合町)代表取締役社長。新書を近日発行予定。

[ 2 / 21 ページ ]12345...1020...Last »