特別寄稿

一昔前にかなり流行したドラマと映画のシリーズがありました。その主人公である「はみ出し」者の警察官が、上司たちに向かって叫ぶ言葉。「事件は現場で起こってるんだ」。
それを聞いた瞬間に私が心の中で叫んだことは「教育も現場で起こってるんだ」でした。
私の専門は教育史で、特に明治期に日本に学校が創られたときから、その学校のなかで誰がどのように誰にどんなことを教えていたかを考察しています。そのとっかかりが音楽教育で、趣味の音楽と大学で学ぶ教育学をくっつければ探究心が強くなると思っただけのことでした。おかげで予想をはるかに超えて指導教官にもあきれられるほど研究できましたが、まさか、その後に私自身が実際に小学校の教員となり、しかも音楽専科としてそれなりの評価をいただくようになることまでは思っていませんでした。
私が三重県の音楽教育を子どもたちと初めて行った人物やそのときの様子について調べたのは、今から40年近くも前のことで、インターネットなどの便利なものもなく、その上、先行研究はまったくないときでしたから、何をするにしても、手探りで自分で歩いて現地で関係の史料を探さなければなりませんでした。三重県で最初に音楽教育を始めた人が、今の菰野町出身で三重師範学校の最初の音楽教員になった金津鹿之助であったことも、そのようにして、私が発掘したことです。(詳しくは拙著参照)ちなみに、それを調べているときが「三重県教育史」の編纂の最後の段階で史料がたくさん集められていましたので、担当の松村勝則先生のご厚意で、弁当を持って何度も史料の閲覧と筆写に通いました。
津高校の恩師で齋藤拙堂の研究者でもあった杉野茂先生には草書の読み方を習いました。
大学院で戦後の音楽教育を文部官僚の立場で長く牽引してこられた真篠将先生から、調べたことの実証性を上げるようご教示いただき、亡父伊東功を通して菰野町の教育関係の方々に依頼し、そこで、たまたま金津鹿之助を直接知るご子孫や縁者にあたる方々とお会いできました。そのときは、私の方が金津鹿之助の業績や郷里に戻るまでの足跡をお伝えする立場になり、大変喜んでいただき、貴重なお話や史料を得ることができました。
教育研究と言えば、法律や制度の様子だけで語られることが多いのですが、実際に、学校で誰がどのように誰に何を教えているか、が本当の教育だ、ということを私は言いたいのです。今では、教育の実態史ということでたくさんの研究業績がなされるようになりました。学校現場から離れた教育研究は机上の空論ということが当たり前になりました。もともとルソーもペスタロッチもフレーベルもデューイも自分で子どもたちと学びの創造を経験することから教育学を考えました。日本のそういう先人たちの発掘も進んでいます。
今回このようなことを私が力説しているのは、このたびの教育改革について、情報の根拠が定かでない、いろんな見方や考え方があふれ、期待も不安も、賛成も反対も、本当にそうなるのかならないのか、保護者の方々にもさまざまに推測や憶測が生まれても仕方がない状況を、毎日感じさせられているからです。さらに、文部科学省や関連の情報を見ても、制度改革が始まることは確かでも、実際はどうなるのかわからないところがあります。
その理由は、「教育は現場で起こっている」からです。
つまりは、学校やそこにいる個々の教職員、地域の教育委員会などによって、教育制度は、極端に言えば、どのようにでもなってしまうからです。どのように何を教育するかは、現場に委ねられているからです。
ここで、特に私が三重県のみなさんに言いたいことを書きます。
私は若い頃から子どもたちとの音楽活動を通して、全国各地の教育現場の様子をその当事者である教員たちから知らされていました。また、未熟なころからご縁があって、私は三重県のほとんどの地域の教育研究会に講師として招かれ勉強させていただきました。
三重県は、全国的な視野から見れば、教育の実態は「相当に変わったところ」です。さらに三重県内でも、地域によって、学校や教職員の考え方がずいぶんと違いますが、これはどこの都道府県でもあることのようです。けれども三重県が、三重県内だけにいてはとても想像もできないほど、全国的には「相当に変わったところ」であるのは事実です。
ですから、このたびの教育改革についても、関心の高い教員や保護者は別として、全体としての受け止め方が甘くて、実際の教育現場で、変化があまりない、となることも十分に予想されます。そのような保護者の方々のご心配も耳にしています。
三重県の子どもたちも、始まった教育改革とは無縁ではないはずです。保護者や地域の方々は学校教育の動向と実態を注視すべきだと思います。子どもたちの近未来のために。
(伊東教育研究所)

(前号からの続き)
この日の前日の7月27日に、瀬木山防空監視哨の監視員、内山雄視は「敵艦隊が熊野灘沖を航行している。特別の警戒をせよ」という指示を受け、徹夜の監視を続けていた。
翌日28日の早朝、国籍不明の潜水艦が島勝方面に向かって浮上してやって来るのを発見。この潜水艦は米海軍の「SS397スキャバード・フイシュ」であった。米陸海軍は「ボーイングB─29スーパーフォートレス爆撃機」で日本本土を爆撃するに当たり、同機が日本軍の攻撃あるいは事故に備えて同機の搭乗員を洋上で救助するためにマリアナのB─29の基地から日本本土の沿岸近くまで同機の飛行ルートに沿って、救助用の潜水艦、艦艇、飛行艇などを予め配備していた。 7月28日、津市や宇治山田(現在の伊勢市)が夜間に焼夷弾による空襲を受けた。津市の空襲の攻撃開始地点は尾鷲市の丸木崎である。津市は新型焼夷弾M─74A1の実験場となり、一夜にして市街地は灰燼に帰した。これら中小都市空襲がこの日に実行されたことを考えると、この潜水艦はB─29爆撃機の搭乗員を救助するのがこの日の主任務であったと考えられる。

7月28日、監視員の内山雄視は国籍不明の12機の「コルセア」が佐波留島と桃頭島の間上空から尾鷲湾に向かって飛来して来るのを発見した。尾鷲の司令部にその旨をすぐさま報告。尾鷲湾に停泊する海軍艦艇は「コルセア」による攻撃に対し、直ちに迎撃態勢に入り、時速300~400キロメートル、高度およそ60メートルでの低空飛行で向かってくる「コルセア」に集中砲火を浴びる態勢に入った。

尾鷲湾には司令艦の「潜水母艦 駒橋」(潜水艦に弾薬や水や食料を補給することが主任務)が国市の浜沖に停泊。「第45号海防艦 丙型」は湾内の防波堤に対し船首を古里海岸に向けて、つまり左舷を防波堤側にして防波堤から少し距離をおいて停泊、「第14号駆潜艇」は尾鷲港内に、それと「第2京仁丸」徴用船、「第18播州丸」徴用船は港外に停泊していた。その中で最も重兵装備艦は「第45号海防艦」だった。
一方、須賀利湾には「第1京仁丸」徴用船と「第10昭和丸」徴用船が停泊していた。「徴用船」とは戦争末期に地元の鰹鮪漁用の遠洋漁業の漁船で兵装に20ミリ機関銃を1~2挺搭載し潜水艦攻撃用に爆雷を搭載していた。これら4隻の徴用船は「第26掃海隊」と呼ばれ、またこれら船舶のほかに木造の「特別駆潜艇」2隻が尾鷲湾に停泊していた。

編隊は八鬼山から引本港方面に飛行し、橡山上空で左旋回して尾鷲市街方面から攻撃を開始した。尾鷲市内には防空警報がけたたましく鳴り響いていた。

攻撃の一番機はクイルター中尉機である。静まりかえっている山々の上空から高度を下げ、6時4分、「第45号海防艦」に「射方始め」の命令が出され、「高角砲、機銃」は一斉射撃を開始した。尾鷲の町並上空をすれすれの高度から弾幕の中を「コルセア」は眼前の同海防艦の左舷をめがけて爆弾を投下すると大きな水柱が上がった。しかし同海防艦」には命中しなかった。
2番目に攻撃をしたのは、スターリング中尉(ニュージーランド海軍、志願予備役)だった。「第45号海防艦」から集中砲火の中を同海防艦の左舷に命中するようにスキップ・ボミングした。爆弾は艦橋左舷下に命中、大音響が轟いた。艦橋は大破し即死者、負傷者で一瞬にして阿鼻叫喚の巷と化した。この時6時5分。これにより岩田末次艦長は重傷を負った。3番機4番機は機銃掃射ロケット弾を発射。機銃弾も何発かのロケット弾が命中した。船体は大破。黒煙を発し出した。
船体一部から浸水しだした。前部の高角砲作動不能となる。25ミリ2連装機銃1基はこのスキップ爆撃の直撃をうけ砲台ごと海に没した。砲手は即死。電探室、電信室、水測室、電話室及び揚錨機、通信伝達装置、操舵装置は全て破壊された。艦長は重傷により、先任将校の航海長が艦長代行を務めることとなる。

スターリング中尉機はこの攻撃で被弾し、尾鷲湾に不時着水した。中尉は先ず救命胴衣の左右下にある二酸化炭素が充填されている小型ボンベの紐を引っ張り、救命胴衣を膨らませてから「コルセア」の風防を開け、機外に脱出した。それから救命ゴムボートを膨らますために二酸化炭素が充填されている小型ボンベの栓を開いた。
たちまちゴムボートは開いた。中尉はボートの後部より乗り込んだ。不時着水したスターリング機の光景を目撃したクイルター中尉はスターリング中尉が無事救命ボートに乗り込んだかどうか確認するために湾上を旋回飛行中、自らもプロペラに被弾し尾鷲湾に不時着水した。
2名のパイトッロは急いで湾外に向かって長さ約50センチ櫂を使って一生懸命に漕いで尾鷲湾外へと脱出を試みていたが、陸から日本兵が2名をめがけて小銃を発砲し続けていた。残りの2機は「駒橋」や「第14号駆艇潜」にロケット弾や機銃掃射で攻撃。攻撃後に急上昇した。
この日の早朝に「フォーミダブル」から「アベンジャー雷撃機」で編成される第848飛行隊が四日市と桑名を空爆するために出撃。途中、尾鷲湾で黒煙を発する「第45号海防艦」の写真を8000フィート上空から撮った。四日市と桑名に爆撃のために向かう途中、伊勢湾が悪天候のため爆弾は海に投棄。午後に再出撃し、今度は爆撃がうまくいった。(次号に続く)

その日、太平洋の硫黄島基地のアメリカ陸軍航空隊、第7戦闘機コマンド所属の第21戦闘機大隊の第46戦闘機中隊、P─51D─NAムスタング戦闘機16機、第72戦闘機中隊、同16機、第531戦闘機中隊、同15機、合計47機が愛知県の清洲飛行場に機銃掃射を浴びせよという命令を受け発進した。
日本時間午前11時13分。一方第506戦闘機大隊の第457戦闘機中隊所属の同戦闘機24機、456戦闘機中隊から同戦闘機20機、462戦闘機中隊から同戦闘機20機、合計64機が三重県の明野飛行場と北伊勢飛行場に対し機銃掃射を浴びせよという命令を受け発進した。
日本時間午前11時25分。総計111機が一路日本本土に向かった。途中、先導するB─29と合流した。しかし様々な理由で日本本土まで飛来したのは、88機である。
第21戦闘機大隊は2時15分から2時25分の間に、第506戦闘機大隊は2時35分に潮ノ岬付近に到達した。先導任務を終えたB─29は洋上で旋回しながらP─51が任務を終えて集合空域に集まるのを待った。
三重県伊勢市の陸軍明野基地に「敵小型機の大編隊、伊勢湾に向かって北上中」との情報が入った。明野基地には陸軍飛行第二集団に属する飛行第111戦隊、編成戦闘機「キ─100、五式戦闘機」があった。  そこで、第一大隊長・江藤豊喜少佐(陸航士48期)と第一中隊長・多田大尉(同54期)が五式戦闘機12機を。また第二中隊長・家田大尉(同54期)が五式戦闘機12機。第二大隊長・檜與平大尉と第三中隊長(同54期)が五式戦闘機12機を発進させた。
さらに、第四中隊長・西村大尉(同58期)の五式戦闘機12機が邀撃のために緊急発進した。
また大阪府泉佐野市に分駐する飛行第111戦隊の「五式戦」30機も同じように緊急発進。伊勢湾上空で名古屋方面から南下してくるP─51群とたちまち大乱戦となった。この結果、4機の「五式戦闘機」のみが佐野基地に帰還できたのである。
敵米軍戦闘機が「P─51ムスタング」と判った時、檜與平大尉(大正8年徳島県生まれ)は敵愾心が湧いた。というのも、この日から遡る昭和18年11月27日、ビルマ(現在のミャンマー)の陸軍飛行64戦隊(加藤隼戦闘部隊、加藤建夫・戦隊長)付の操縦士として陸軍戦闘機「隼」を駆ってインド洋上空で「ムスタング」と交戦した際、右足を機銃弾が貫通した。
出血がひどく、意識が朦朧とする中、ラングーン(現在のヤンゴン)基地に生還。右足膝下から切断するという手術をうけた。
その後の「恩賜」の、ジュラルミン製の義足をつけて、不撓不屈の敢闘精神を持って、再び戦闘機を乗りこなすまでになった。
昭和19年10月、明野陸軍飛行学校の教官となり、大空に戻っていた。右足を奪った「P─51」が目の前にいる。「何が何でも撃墜せねばおさまらぬ」。
P─51戦闘機群は新宮付近から三重県の海岸線に沿って飛行後、それぞれの機銃掃射目標地を目指した。
ベンボウ大尉は第506戦闘機大隊、第457中隊の中隊長である。中隊は伊勢湾上空を北上。他の多くのP─51は伊勢神宮上空から松阪付近に差し掛かっていた。
ほどなく日本軍戦闘機とたちまち空中戦に。伊勢湾、松阪、津、四日市等上空が空の戦場となった。4000メートル上空では大乱戦で四散してゆく戦闘機の破片がキラキラと光る。あるものは火煙を発し墜落していった。白いパラシュートもあちこちで開いた。伊勢湾には敵潜水艦が救助態勢に入っていた。
檜大尉は最後尾の編隊に接近してゆき、僚機に攻撃開始の合図を出した。編隊長機を狙ったが、僚機との連携がうまくゆかない。
しばらくすると編隊の先頭を行くP─51が陸地のほうに旋回した。その時、そのP─51を狙い追尾。眼前のP─51に迫ってゆく。「五式戦闘機」の機体が滑る。義足の右足の突っ張りができない。どうにか機体を安定させ、射撃照準器にP─51の右主翼の付け根を捉えて操縦桿の機銃掃射ボタンを押した。
曳光弾とともに機銃弾がP─51に吸い込まれていった。命中した後、右主翼の付け根から黒煙を吐き、右主翼が砕けて飛び散った。そのわずか上を檜機は辛うじて通過。米兵の顔が見えた。P─51は青い山に吸い込まれるように墜落。
この撃墜劇は津市上空で演じられた。このP─51を操縦していたのは、ジョン・ウエスリィー・ロング・ベンボウ大尉である。大尉のP─51(機体番号44─63983)は津市美里町桂畑地内の長野城址、緯度34度44分47秒、経度136度20分29秒の東側100メートル近く下の森に墜落したのだ。
戦いはおよそ30分間に亘り、30余りの交戦が展開された。大尉機が撃墜される様子を見ていた美里の警防団は津憲兵隊に連絡した。 憲兵隊員と警防団員らが現場に駆けつけた時、機体は炎上していなかったが、パイロットは即死していたようだった。憲兵隊は遺体の検査をした。救命胴衣、パラシュート、地図を遺体からはずし、遺体は警防団員らの手で現場近くに埋葬された。機体の残骸はその場に放置されたが、機関銃は取り外され、憲兵隊員らが持ち帰った。
昭和21年5月23日、アメリカ軍第108給養隊墓碑登録小隊の戦死者遺体回収隊が美里村(当時)を訪れ、遺体を掘り返したものの本来なら首に掛けてある認識票が見つからず、人物の確定ができなかった。
そこでP─51の機体番号から割り出したのである。 ベンボウ大尉は1918年にノース・カロライナに生を受けた。1941年10月、陸軍に入隊。飛行教育を受けた後、飛行教官になり空中戦と射撃を教えた。1944年6月、マーガレット・コーと結婚。同年10月、戦闘機隊に志願する。45年2月、サンフランシスコを出港、テニアンでの任務後、硫黄島に着任した。この日の空中戦で戦死したのは、ベンボウ大尉のみである。この悲報は夫人に伝えられた。夫人はその後、再婚された。
今、ベンボウ大尉は故国のアーリントン国立墓地に眠っている。
明野基地の鈴木甫道大尉は新婚生活を1週間すごしただけで、この日、戦死された。戦後、明野基地での慰霊祭の後、大尉のご母堂(母親)が檜興平氏の案内で伊勢の浜辺を散策された。「こんなにも美しい海で眠っているんですね」と檜氏に言われた。砂浜の散策は義足の檜氏にとって、どのようなものであったか。大尉夫人はその後、再婚された。
檜與平氏は大尉時代の昭和20年1月15日に医師の令嬢「宣子」と華燭の典を挙げた。檜氏25歳の時である。この日の前日の14日、米軍B─29スーパーフォートレス爆撃が名古屋空爆の途中に伊勢神宮と明野基地に爆弾を投下。明野基地から二式戦闘機が3機迎撃のため発進したが、撃墜できなかった。同基地では死傷者もでたことから切歯扼腕(せっしやくわん)の思いを檜大尉はした。
檜氏は平成3年1月に鬼籍に入られたが、生前に遺言状を遺している。
「大東亜戦争で生死を共にと誓った戦友は殆んど戦死し我のみ残る身となったが加藤建夫戦隊長はじめ八田米作大尉等多くの人々とは、今尚南海の底深く眠り続けられて居り、痛惜の極みであるが、終戦の年の六月五日B─29との空中戦で部下の安部司郎少尉と日比重親少尉の両名を熊野灘で失い又同年七月十六日P─51の戦斗で部下の鈴木甫道大尉を伊勢湾で戦死させ、未だ海底に在ると思えば胸の張り裂ける思いである、よって我が死亡の節は身内のみでつつましく埋葬下さる様、堅くお願いする。平成元年六月四日檜與平 花押 家族一同様」。
この遺書の写しは、夫人より私に送り届けられたものです。
檜與平氏のジュラルミン製の義足は今、航空自衛隊入間基地内の教育講堂(修武台記念館)の2階で一般展示されている。
先の戦争で三重県下に空中戦のすえ撃墜されたアメリカ軍の戦闘機はこの1機だけである。
(津市在住。英語講師)

[ 3 / 12 ページ ]12345...10...Last »