特別寄稿

最近のレスリング界でNo1の実績を誇る国民栄誉賞まで受賞した伊調選手のまさかのパワハラ問題に始まり、相撲界もアメフトやボクシング界やチアダンス部まで多くの闇を抱えている。
世界陸上やワールドカップ、高校野球やパンパシ水泳に熱狂する反面、伊調選手のように真摯に競技に取り組んで来た選手が苦しんでいるのを見ると、50年以上スポーツに関わって来た者の一人として、何とも言えない気持ちになり、自分自身も光と闇の時代があったのを思い出す。
思えば、私も小学校では一年から六年まで徒競走はいつも一番、陸上部はなかったので、ソフトボール部の主将や、自らスポーツ少年団を結成し、当時から小学生だけでなく、年上の中学生を指導してきた。
一方、答辞を読んで卒業するまで、我が家は貧しく、一本のソーセージを母と妹が譲り合っている場面や、いつも母の作ったみそ汁と、お茶漬けか沢庵をよくかじって食べた記憶がある。貧しくとも両親は精いっぱい私を支えてくれた。そして活躍する私を見て喜んでくれる姿を観るのが好きだった。
順風満帆に思えた時代も中学に入学すると一変する。入学式初日から番長に名指しで絡まれたり、陸上部に入部するものの、顧問は名ばかりでコーチ等いなかった。
しかし、強く、もっと速くなりたがっていた私は、棒高跳びを含めた陸上全般が好きになりかけていた。つい先日まで小学生であったのに、毎日走り幅跳びで5m以上を50本というような、自ら無茶なノルマを課してしまった。
結果、中一の春にはもう左足の骨を痛め踏み切れなくなり、ランニングでも、小学生の頃の柔らかで全身のバネの効いた走りがもう出来なくなってしまう。

迷いと間違いだらけの走りをやっているうちに三年になり主将になっていた。中学最終の県大会だけは3位入賞するため、ハードルで中学日本新記録を出そうと準備していたが(50mハードル5台置き7・0秒)、地区の津安芸予選でまさかの試練が訪れる。
予選をトップで通過した後、決勝で隣にいた第2コースの学生が「用意!」の合図で大きく一歩出てしまったのである。私はフライングのピストルが鳴るのを信じて疑わず、体力温存して走らずに構えたままスタートラインで待っていたが、ピストルが2度鳴ることはなかった。
ハードリングには自信があったが、もはや10m以上出遅れては私でも手遅れだった。結果は4位11・7秒。日本記録どころか県大会出場も叶わなかった。
中学三年間でコーチや指導してくれる人もいなかった事もあり、自ら付けてしまった悪い走りのフォームは高校に入っても修正出来ず、一年で陸上を去ることになる。小学生の頃、〝黄金の脚〟と言われながら、一人悩み苦しんだだけで四年で陸上から離れることとなる。
高二からは管瀬先輩(元・四日市衡器代表)と出会い、共にゼロから「重量挙愛好会」を創り、一年後には神戸高校では前例のなかった部への昇格や5階級制覇を果たし、自らも主将として県記録保持者(プレス105㎏もしくは110㎏・スナッチ90㎏・ジャーク125㎏)になっていた。
インターハイにも出場したが、猛特訓がたたり、当日に限って痛みでシャフトが握れなくなり、サムレス(5本指で引っ掛け)で3種目とも全試技をする事になってしまい、パワーセーブを余儀なくされ、これもまた試練であった。
当時は神戸高校が重量挙げで№1だった。何校かの大学から誘いを受け進路も決まりかけていた卒業前に、県協会理事長から「顧問から三重インターハイの強化指定校2校のうち、神戸が内定したと知らせがあった」と聞かされた。束の間の喜びとは裏腹に、これから始まる長い試練に私はまだ気付いていなかった。

私は迷いながら愛知のC大学へ進学するが、皆で創って行く和気あいあいとした神戸高校の頃のの雰囲気とは180度変わっていた。
私は肉体的シゴキには音を上げたことはなかったが、当時の威圧的、理不尽な暴力等には耐えられなかったし、窮屈が一番苦手だった私は部を飛び出し、大学も中退してしまい、大いなる挫折を味わうことになる…。      (次回に続く)

誰が儲かり誰が損するか。これは、社会問題を理解する上で不可欠な視点である。その背後には多くの利害関係者がいるからだ。
観光産業も例外ではない。例えば旅館・ホテル業界は、過剰在庫に困った賃貸業界の『民泊』によって侵食された。少子化や高齢化による人口減少が住宅需要のマイナス要因となったからだ。
また、サイトシーイングにも影響を与える『地球温暖化』も利害関係者を二分する。顕著なのは産業界と環境保護団体との対立、あるいは工業先進国による後発国へのハードル上げである。その原因は、二酸化炭素などの温室効果ガスの増加だとされ、産業界や社会にイノベーションや意識改革を促し、同時に、先進国主導で温暖化ビジネスが派生し成長する。
そのビジネスは実に多彩だ。単に排出量取引市場の活性化をもたらすだけではない。自然災害保険や、二酸化炭素の排出抑制技術や再生可能エネルギーの普及、北極航路や大陸棚の領有権、北極海やグリーンランドなどの石油や天然ガス、鉱物などの地下資源の開発、淡水化プラント、水ビジネスや水利権取引、農地買収、護岸壁や防潮堤、浮遊式建造物、バイオテクノロジー、そして、(前回書いたが)人工降雨や降雪などの気象制御技術などである。もちろん、これらの大部分はいい事には違いない。減災にも役立つ。
しかし、書いていて気づいたのだが、これらはグローバル企業の方が圧倒的に有利で、一国や地方の企業では起業がとても難しく、格差拡大を引き起こす。過大評価によるバブル発生も否めず、大企業による地域資源の搾取も懸念される。また、IPCC (Intergovernmental Panel on Climate Change=国連気候変動に関する政府間パネル)の偏向データは、捏造疑惑を引き起こしもした。
1988年に創立されたIPCCは、人為起源による気候変化、影響、適応及び緩和方策に関し、科学的、技術的、社会経済学的な見地から包括的な評価を行うことを目的としている。地球温暖化の原因は、人為的でなければ不都合なのである。
そういえば、気象学者でもないのに『不都合な真実』の脚本や書籍を書いたアル・ゴア氏は米国の民主党だったが、彼らは権威によるお墨付きだけを求めているようで、温室効果ガスが地球を覆い、大気から熱が放出しないというメカニズムについては、気象学者や環境主義者に任せっきりである。温暖化ビジネスにとって二酸化炭素は飯の種なのだ。
したがって、太陽活動が温暖化の原因だとされる『スベンスマルク効果』は否定される。2014年に放送されたNHKの『サイエンスZERO』によると、『スベンスマルク効果』の原理は、銀河の中心から地球に到達する宇宙線は太陽風の減少期に増加するが、これが水素原子に衝突して雲=水蒸気を作り、温室効果をもたらすとされる。
ヘンリック・スベンスマルク氏は、デンマーク国立宇宙研究所(DTU Space)の太陽系物理学部門の物理学者および教授で、地球温暖化の間接的な原因として雲の形成に対する宇宙線の影響に関する理論で知られている。2013年にオランダの物理学誌フィジックス・レターAに掲載されたスペンスマルク、ペプキー、ペダーセンによる実験研究では、宇宙線と雲種型エアロゾルの形成との間に実際に相関があることが示された。著者らは、実験室から実際の大気に置き換えることで、太陽活動が温度変化の約50%を占めると主張している。
しかし、IPCCは、温室効果にとって二酸化炭素よりも影響の大きい雲=水蒸気の発生を無視して、ヒト・モノ・カネを脱炭素化のみに与している。宇宙が相手では誰も儲からないからだ。間接的にではあるが、原発政策にも都合がいい。
だが、2013年に発行されたIPCC第5次報告書には、中世の世界の気温が現代とあまり変わらなかった事を示すデータがある。人為起源による気候変化など有り得ない時代にだ。また、2014年に公表された古気候研究には、中世の温暖期が現代よりも高温だったことも示されている。これは2022年のIPCC第6次報告書に影響を与える可能性がある。(O・H・M・S・S「大宇陀・東紀州・松阪圏サイトシーイング・サポート」代表)

7月18日の岐阜県多治見市の最高気温は40・7度、同月19日の京都市の最高気温は39・8度を記録した。気象庁は現在の異常高温は『命に関わる暑さ』だと警告している。このような状況では、もはやサイトシーイングどころではない。
7月20日の読売新聞によると、世界気象機関(WMO)は20日の記者会見で、北半球で7月中旬以降、記録的な高温を伴う異常気象が相次いでいると強い懸念を表明している。
WMOによると、ノルウェーでは北部の北極圏で7月17日に33・5度を記録、スウェーデンでは7月中旬に、高温と乾燥による森林火災が約50件発生したとの事である。
どうやら、ヒートドームが発生したようだ。
ヒートドームとは、比較的低い高度で高気圧の壁が発生し、上空の高熱気を地表に吹き付け、遮断された熱気のドームを形成する事で、原因は地球温暖化だとされており、米国の海洋大気局は、ヒートドームを以下のように定義している。
『高気圧の下で、空気は地表に向かって沈下するが、この下降気流は、大気をキャップするドームとして働く。
このキャップは、熱を上に逃がすのではなく閉じ込める役割を果たす。揚力なしで対流が殆ど或いは全くないため、積乱雲も殆ど或いは全くなく、雨の可能性が殆どない。最終的には、人々が熱波として経験する暑さが地表に連続的に蓄積される』
各国のニュースによると、今年はそれが北半球規模で発生しているという。日本列島だけではないのだ。
ワシントンポストは、北緯70度で北極圏に属するフィンランドのケボの最高気温が、7月17日に31・6度に達したと伝える。ここの7月の平年気温は15・5~21・1度だが、今は26・6~32・2度の範囲で推移しているのだ。
シビア・ウェザー・ヨーロッパによると、7月17日のスウェーデンやノルウェーなど北欧諸国の最高気温は32度を超え、ノルウェーのトロンハイム空港では、16日に32・4度の史上最高気温を記録した。フィンランド南部のトゥルクも33・3度。そして、スウェーデンのウプサラも34・4度だった。更に、スウェーデン全域44カ所では乾燥と猛暑による大規模な山火事が発生、スウェーデン国立気象庁は国全体に火災警報を発令している。
また、カナダのモントリオールでも7月2日の気温が36・6度、体感温度が46度まで上がった。 モントリオールのケベック州では暑さのために、7月7日までに少なくとも89人が死亡したと集計。地中海に面するアルジェリアにあるウアルグラでは、7月5日の気温が51・3度となり、アフリカ大陸史上最高を記録した。
ペンシルバニア州立大学の地球システム科学センター長は「異例なのはヒートドーム半球の規模であり、どこか一つの場所に影響を与える規模ではなく、広い地域で高温現象が観測されている」と述べている。
そして、7月23日、埼玉県熊谷市では41・1度を記録し、東京都青梅市でも40・8度を記録。7月24日、米ウォールストリートジャーナルと英ガーディアンは、夏に東京五輪を開催することについて懸念を表明した。  (O・H・M・S・S「大宇陀・東紀州・松阪圏サイトシーイング・サポート」代表)

[ 3 / 20 ページ ]12345...1020...Last »