特別寄稿

 これは本気で英語を得意科目にしたいと思っている生徒、現在の成績をもっと上げたいと思っている生徒、学校の授業についていけず、でも塾に行かず、何とか自分の力で英語力をつけたいと願っている生徒、英語の勉強の仕方がわからない生徒のために、助言するためのものです。
 ◆用意するもの
 「単語ノート」、「単語カード」、「英習字ノート、ペンマンシップ ノート」、それぞれの教科書に準拠した「教科書ガイド」、練習問題集「教科書ワーク」及び「教科書トレーニング」、「リーディング、リスニング用CD」、参考書として「ニューコース中学英語」。これらは近くの本屋さんで購入できます。全部買い揃えても塾の月謝の一カ月分より安く付きます。
 ◆予習の大切さ
 次にすることは予習です。例えば、現在あなたが学校で使っている教科書が「Total English」だとしますと、あたらしい「課」、lesson, に入るとき右のページに、その「課」で新しく習う単語、new words, というのがありますよね。それらの英単語を「単語ノート」に書き写します。
 次に教科書の最後のページのほうに「ミニ辞典コーナー」があります。ここから「単語ノート」に書き写した単語の発音記号と日本語の意味を調べて「単語ノート」に書き写します。
 次に、「英習字ノート」に教科書の英語の本文全文を書き写します。次にCDをセットして、それを聞き、教科書を見ながら、少なくても三回音読、声を出して英文を読みます。
 普通三回音読しますと、四回目はすらすら一人で読めるようになります。音読で注意することは、CDから流れてくる模範の英語の発音、アクセント、抑揚を真似るようにすることです。そうすることで、発音がうまくなると同時にリスニングの力が付きます。
 次に「教科書ガイド」をよく読み、そのページで習う要点を理解してから「英習字ノート」に書き写した英文の下に日本語訳をつけます。判らないところは空けておきます。学校の授業での解説をよく聞き、その「空白」をうめます。
 それと同時にあなたの日本語訳が間違っていたら、正しい訳に訂正します。授業中に先生の言っている事が理解できなかったら、手をあげ質問します。
 授業中にそれができない時は、職員室に行って先生に不理解点を教えてもらいます。教師はその日に習う重要なことは「ここはしっかりと押さえる」とあなたたち生徒に注意を促します。そこを聞き逃さないようにしましょう。「ニューコース中学英語」はあなたが使っている教科書には準拠していませんが、学校で習う英語の理解を更に深めてくれます。活用例文が多く、動詞や名詞の語彙(ごい)数を増やしてくれます。更に英語そのものの知識が増えます。この参考書を併用することで「英検」の受験対策にもなります。
 ◆「教科書ワーク」「教科書トレーニング」の効果的な使い方
 「教科書ガイド」にも教科書で習うポイントとか重要事項は書かれています。またこれら二冊の「練習問題集」にもそれらは書かれています。それをよく読んで練習問題を解きます。この時に注意することは、絶対に練習問題集に直接答えを記入しないことです。あらかじめ「ワラ半紙」を用意しておき、そこに答えを書きます。一通り出来上がったところで答え合わせをします。模範解答は「問題集」の巻末にあります。不正解がひとつでもあったら、もう一度、全問解きなおします。全問正解になるまで何度でも解きます。これがあなたの英語の実力をつける上で、とても重要です。「教科書ワーク」が完成したら、「教科書トレーニング」も同じように解きます。これら一連の予習は学校で習っているところより、一レッスン早く済ませておきましょう。そうすることで、学校の授業に気持ちの上で余裕をもって臨めます。学校の授業はあなたがしておいた予習を「復習」するためと考えましょう。
 学校での授業はしっかり受けましょう。これは「基本中の基本」です。おろそかにしてはいけません。先生が板書された要点は自分のノートにも書き写し、家庭でその要点をもう一度見直しをして、きちんと理解しているか確認するようにし、自分独自のノートを作り上げるように工夫しましょう。これは「宝物」になります。
 ◆発音の基礎
 多くの中学生諸君は、小学校で既に英語を学んでいることと思います。その中で「通じる英会話」にするための基礎はアルファベットのa~zと数字の0~20の発音にあります。基本の基本はこれらが正確にできる事です。
 例えば、「私には女の子の友達がいます」は英語では、 I have a girlfriend.となりますね。このままカタカナ式で発音すると、英米人にはまず通じません。
 通じたとしたら、その英米人の方は日本人が話す英語をよく知っている、在日年数の長い人だと思います。a~zと0~20まで正しく発音できれば、さきほどの I have a girlfriend.はきちんと発音できます。CDを聴いても発音のコツはわかりませんが、学校のALTや英語の先生の授業の説明に耳を傾けて、コツを身につけるようにし、正しい発音ができるまで練習しましょう。「やればできます」。
 また、NHKラジオ番組の「基礎英語1,2,3」は正しい発音の仕方を詳しく日本人講師が教えてくれますので、英会話やもっと英語を勉強したい方には特にお奨めします。また講師はアメリカ人、イギリス人の先生方で様々な英語が聞けて大変参考になり、英語の総合力がつきます。 
 ◆「単語カード」の作り方と利用の仕方
 予習としてこのカードを作ります。表に英単語、裏に日本語の意味を書きます。そして英単語を見て、裏に書いた日本語の意味を言います。それができるようになったら、今度は裏の日本語を見て表に書いてある英単語のスペリングを口で間違えなく正しく言えるようにします。できるようになるまで何度でも取り組みます。米国やイギリスの学校では、「スペリング ビー」というスペリングのコンテストがあります。 
 ◆中間、期末テストの対策の仕方
 これらのテストは一年間の予定日が発表されています。それでテストの勉強はテスト日の2週間前から始めます。「練習問題集」の解きなおし。単語の意味とスペリングを覚える。教師からあなたたちに授業で配られていたプリント類をよく読みなおす。授業での小テストあるいは確認テストをもう一度解きなおす。テスト範囲の教科書の英文を全て日本語にする。それができたら、その日本語を全て英文にもどす。コンマ、ピリオド、クエスチョン マーク、感嘆符、アポストロフィーも忘れずにつけます。英語のテストの点数は「クラスで一番」「学年で一番」を目標とします。
 ◆夏休みの過ごし方
 「夏休みの宿題は8月15日までに済ませておきます。それ以後の2週間は2学期の予習にあてます。英検も受けてみましょう。3年生で三級合格を目指して下さい。またALTや英語の先生にお願いして、アメリカやイギリスの人を紹介してもらい、文通やメール交換してみてはどうでしょう。英語を通してあなたの世界は広がりますよ。
 最後に、読んでおくといい本を紹介します。「古代への情熱」ハインリッヒ・シュリーマン著、「欧米人が沈黙するとき」直塚玲子著。あなたにとって英語が得意科目になるように陰ながら応援いたします。
(英語、英会話講師。イギリスに留学。在英二年)

  •  かつてこの欄で、3回にわたって中心街活性化についての提案を行ない、その一つ津観音に抜苦・与楽地蔵の安置ができのことは周知の通りである。
     その後、津市商業振興労政課と三重大学地域戦略センターがタッグを組み、「中心市街地活性化タスクフォース」を立ち上げ、センターパレスを中心に事業を行ってきた。しかし、色々な案が出され実践もされてきたが、必ずしも活性化につながっていないのが実情である。
     ところが、三年目(平成24年・中心市街地活性化オープンディスカッション。同25年以降・中心市街地活性化タスクフォース)に入った今春、かつての津観音を軸とする活性化案をベースに、伊勢参宮の帰りに津へ寄ってもらう案が採用され、プロジェクトチームを組んで推進することが決定、関係機関や団体の協力を得て大きく一歩を踏み出すことになった。
     その案とは、昨年の遷宮では1300万人、一昨年も880万人を数える参宮客に、帰途、津インターから7分の中心街に寄ってもらい、中心街の散策と津観音の参詣、お昼に朝日屋の松阪肉を津都ホテルで楽しんでもらおうという企画である。
     昨年の遷宮におけるテレビのインタビューで、伊勢神宮の宮司さんが、「伊勢神宮は天地自然の恵みに感謝し、世界の平和、国家の安寧を祈るところで、個人の頼みごとをするところではありません」と答えていたことをヒントに、こんなキャッチフレーズを考えてみた。
     「伊勢は津でもつ津は伊勢でもつ…、伊勢の帰りに朝日屋の松阪肉を食べていきませんか?あなたの苦を抜き、楽を与える抜苦・与楽地蔵の津観音さんも待っています…」
     この企画のキーワードは「温故知新」、古きを活かし新しき発展をはかる、すなわち、津観音を活かし大門商店街を活性化させるということである。
     津インターを降りた観光バスは、7分で大門アーケードの南口に着き、降車した観光客はボランティアガイドの案内で商店街を通って津観音へ、抜苦地蔵をなでて苦を抜いてもらい津観音に参詣、たっぷり願いごとを頼みお慈悲をいただいて資料館を見学、帰りは与楽地蔵をなで楽をもらってから、立町を通って津都ホテルへ移動、メインの朝日屋松阪肉のランチとなる。
     ゆっくりと松阪肉の昼食を済ませた後は、お土産に松阪肉を買いたい人を朝日屋に案内、帰りは立町から大門アーケードを散策、お土産などを買って南口へ集合、観光バスで津インターへ、約3時間のスケジュールである。
     なお、「うなぎ」のコースも用意、この場合も大門アーケード、津観音の散策コースは同じとする。
     また、直接、津へ来てもらうコースとして、基本コースに一身田の高田本山や赤塚植物園(植物の組織培養、生産温室における植物の生産状況、稀少植物温室の見学など)を加え芸濃インターから帰ってもらう、「朝日屋の松阪肉を食べに来ませんか」(一日コース)も付加する。
     懸案であった観光バスの駐車場は、現在ある「お城東観光バス駐車場」の周知をはかるとともに、フェニックス通りの海よりなどについて関係各機関において検討中である。
     車中で渡す観光マップは、すでに市の商業振興労政課などで案が作成されており、津観音のマップもOKである。
     観光会社やバス会社から連絡を受けた関係部署は、それぞれ関係団体に連絡、大門アーケードへも各店が工夫したおもてなしを行うよう働きかける。
     それに先立ち、「朝日屋の松阪肉ランチ」の試食会を広く市民対象に津都ホテルで実施(試食特別価格)。アンケートを取ってランチのメニューや味付けに活かすこととする。
     市民による試食会の感想も参考に、観光業者やマスコミ各社を招待して、「津中心街観光案内と松阪肉試食会」を実施する。特に、大門たてまちアーケードが国道23号沿いであることや、津インターや中勢バイパスから7分の距離にあることを力説する。
     合わせて、関係機関や団体はもちろん、三重県観光局や同じく三重県観光連盟などの協力を得て、ポスターやホームページを駆使し広く宣伝する。
     大門アーケードは暗くてシャッターが閉まっていたり、歯抜けの土地が目立つなど現状では駄目だとの指摘もあるが、実際に観光客が増え人の流れが出来れば、商店街、お店がそれぞれ勘考し工夫して、必ず賑わいを取り戻すものと確信する。
     市民の皆様、ご協力をよろしくお願いします。

 日本は今、とても平和な国です。ウクライナ紛争、中国国内の騒乱、また、アフリカ・中東における民衆と為政者との衝突を見ますと、国毎にその背景は異なるものの、その悲惨な状況は遠く離れた日本にいる私達の心をも痛めます。
 我が国も大震災に見舞われ、未だにその収束の目途は立っていませんが、国民同士が血を流し合う状況はありません。これはひとえに日本人の勤勉を基にした高い教育水準や優れた技術革新力の賜かと思われます。また、それらの事柄を可能にした長く続く安定した政治力があった事も否めない事実かと思います。 
 ただ、この先、半永久的に今のままの状況が続いていくのか?と考えると、そこに疑問が湧いてきます。オバマ大統領の訪日があったばかりですが、現実は本来緊密な友好関係にあるはずの日米二国間でさえ、問題が山積みではないでしょうか?更に日中・日韓・対北朝鮮となると課題は一気に大きく膨らみ複雑化してゆきます。また、一方、足下の私達が暮らす国内事情の現在と未来は如何でしょうか?10年前、20年前とは明らかに異なる視界不良の状況下で、それでも前を見て進んで行かねばなりません。TVのスイッチをひねれば毎日区別のつかないようなバラエティ番組が延々と続き、それを見て笑っているうちに国民の4人に1人は65才以上になってしまいました。
 ほんの数十年前には想像もつかなかったような価値観の多様性・技術革新・二極化現象・海外との摩擦・果てしのない競争・思いもかけない震災…等々、混乱は混乱を呼び混迷と混沌の度合いは深まるばかりのようのも思えます。このような時に当たって私たちは今一度、立ち止まり、冷静に周囲を見廻し、自分自身の足元をも見つめ直すべきではないかと考えます。そして本来私たちが持っていた、或いは祖先から受け継いできた日本人の良さ、日本人らしさを日本人の矜持と共に取り戻し、たとえ困難な未来が待ち受けていようと、力強く前進していくべきではないでしょうか。
 11月13日17時から津リージョンプラザお城ホールで開く「櫻井よしこ氏講演会」はこのような混沌複雑な現状を明解に解きほぐしながら、私たちの今、ひとつの指針を共に考える機会になればとの想いから企画しました。ひとりでも多くの市民の皆様のご参加を心よりお待ちしております。
藤田  孝郎 (櫻井よしこ氏講演会実行委員長)

[ 5 / 11 ページ ]« First...34567...10...Last »