女の落書帖

私が初めて乾燥ひよこ豆を見たのは、観光で訪れたトルコの市場だった。大きな布袋の口が開けられ、そこからキロ単位で量り売りされていた。
買って帰りたいと思ったけれど、現地ガイドに止められた。「日本での買い物とは違います。質を確かめないと。」それで諦めたけれど、よく考えれば植物検疫に引っかかるものだったかもしれない。食品としての豆でも生きている。害虫を持ち込むかもしれない。
そんな遠い記憶の中のひよこ豆をネットショップで見つけた。なるべく国産食材を買おうと思っているが、国産ひよこ豆は聞いたことがない。カナダ産ひよこ豆、ついでにカナダ産レッドキドニー、ブラジル産カリオカ豆も買って、海外土産の気分を味わうことにした。
さて、豆レシピである。世界に豆料理は数々あるけれど、私のなじみの調味料は砂糖と醤油。レッドキドニーもカリオカ豆も金時豆風甘煮となった。どちらもインゲン豆の仲間だからふっくら甘煮が美味しい。
ひよこ豆は洋風にと、オリーブオイルやにんにくを使って、トマト煮込みとスープとサラダになった。名前の通りひよこのくちばしのような突起がある豆で、ほくほくと美味しい。たんぱく質が豊富だし、大豆のような豆臭さがないところも気に入った。どこにも行けないから、料理で海外旅行だ。
(舞)

柚子をたくさんもらった。きれいな黄色が丸々と大きくて、みかんのようにそのまま食べられたら良いのに。
魚の塩焼きに絞ったり、白菜漬に散らしたり、紅白なますの酢に加えたりしたが、まだある。それで柚子味噌を作ることにした。
いつも使っているミックス味噌に柚子の皮のみじん切りとたっぷりの砂糖を加えゆっくり煮る。そこに柚子のしぼり汁を加えてひと煮たちで出来上がり。ジャムの要領で保存する。砂糖をたくさん入れるのがコツかと思う。
柚子味噌は野菜に合う。茹でた里芋や大根、コンニャクや豆腐にはもちろん、サラダのたれとしても使える。鶏肉や豚肉を柚子味噌にしばらく漬け込んでから焼くのも簡単で美味しい。
実をいうと、柚子の美味しさをわかるようになったのは近年のこと。以前は香りの強い食べ物を楽しめなかった。こんな風に使えるなら柚子の木を植えておいても良かったと思う。
数年前から、我が家の庭に柑橘系らしき木がある。植えた記憶はないので、鳥が運んだか、ゴミの袋からこぼれ落ちた種が発芽したと思われる。鋭いトゲや葉の形を見ると、柚子かもしれない。
この木が実をつけるのはいつになるだろう。桃栗三年柿八年柚子の大馬鹿十八年というそうだが、我が家の柚子で作った柚子味噌を食べられる日が来るだろうか。   (舞)

おめでとうございます。まずは歌留多でご挨拶。
(い)命を守る新生活様式(ろ)老人施設もクラスター(は)万博ロゴはいのちの輝き(ほ)ポテサラは手間かかる(に)賑やかフワちゃん(へ)変顔顔芸歌舞伎役者(と)ドルチェ&ガッバーナの香水(ち)地質時代チバニアン(り)璃花子競泳復帰(ぬ)布製二枚アベノマスク(る)累計感染者何千万(お)おしりたんてい活躍(わ)別れて会って愛の不時着(か)カゴパクいけないよ(よ)寄るな触るなディスタンス(た)楽しいあつ森(れ)レジで非接触ペイ(そ)忖度も俯瞰も読めるようになり(つ)告げ口張り紙自粛警察(ね)鼠去って牛(な)難癖訴訟大統領(ら)楽勝願いワクチン接種(む)むやみに出かけずステイホーム(う)ウルトラマンZ(の)飲みもリモート(お)オンラインで帰省(く)苦労人首相(や)山でヒロシはソロキャンプ(ま)マイナカードでポイントゲット(け)携帯料金値下げ(ふ)藤井二冠おめでとう(こ)今夜、私が頂くのは(え)SDGs持続可能な開発目標(て)テイクアウト始めました(あ)アマビエ様頼み(さ)サンマ高騰(き)鬼滅の刃大流行(ゆ)夢の豪華ホテルへGoTo(め)面会できず三カ月(み)密です三密(し)白い人も黒い人も命は大事(ひ)秘密も不倫も不正も文春(も)儲かる?転売ヤー(せ)全集中の呼吸でエール(す)すばらしい年に。   (舞)

[ 4 / 60 ページ ]« First...23456...102030...Last »