桜満開の大洲城天守遠景

 松屋旅館から44番大宝寺(久万高原町菅生)までは66キロ強、無理すれば2日で行けなくもないが、2泊3日の安全策をとる。29日目、今日は内子町の芝居小屋・内子座近くの松乃屋旅館まで31キロの行程。
  朝から晴れだが冷えこみ強風注意報も出ている。7時3分発。通りにまだ人影はなく静まり返った伝建地区・旧街道を白い息を吐きながら歩く。30分ほどで国道56号に合流。
 しばらく行くと国道沿いの駐車場の一角に遍路小屋のあるレストラン東洋軒。『昭和の光悦』川喜田半泥子が三重県にも本格派の洋食店をと先々代を東京から招いた津のレストラン東洋軒と同名だが、焼き肉・すし・うどん・とんかつと何でもあり。店主が還暦を機に歩き遍路を体験。多くの人のお接待に励まされ無事結願したことから遍路小屋を設け敬徳庵と命名したとか。朝8時から夜9時まで店のトイレをお遍路に開放している旨の表示もあり、歩き遍路をされた方ならではの心配りが嬉しい。
 途中で出会った中年女性二人組と一緒に峠の鳥坂トンネル(1110m)を抜け長いだらだら坂を下る。10時半、坂の途中の札掛パーキングで別れてトイレ休憩。出しな入れ替わりに初老のKさんが入ってきた。37番岩本寺前の美馬旅館以来の再会だ。互いに言葉を交わす。元気そうだ。
 大洲の市街地が近づくと肘川の畔に臥龍山荘が見えた。桂離宮と修学院離宮の要素を採り入れた明治の名建築。もうすぐ『おはなはん通り』だ。NHK朝の連続ドラマの第1号。おはなはんは実在の人物ではなく南予地方の小京都、城下町大洲を舞台にしたフィクション。2004年、当時の市民4万人が総参加で淨財を寄付し地元の木を使って復元した木造四層天守の一般公開に訪れて以来3度目の大洲だ。天守は藤堂家の伊勢伊賀移封に伴い淡路島から入った脇坂家が移築したものだが、町割、すなわち城下町の都市設計は藤堂家が行ったもの。藩祖高虎公ゆかりの町である。
 『おはなはん通り』の入口にある大洲まちの駅あさもやで昼食。肱川の朝靄は大洲の風物詩なのだ。1時間休憩し1時出発。再び国道に出てすぐ、大橋から桜満開の中にそびえる大洲城天守を望む。城下の清流肱川と相まって美しい。欄干にもたれしばし見とれる。
 2時過ぎ、橋の下でお大師さんが一夜を明かしたと伝える大洲郊外の別格霊場・十夜ケ橋着。橋長は10mほどか。『橋上でお杖をついてはならない』という歩き遍路の基本ルールのルーツ。巡拝に欠かせない正しく別格の霊場なのだが、思ったよりも小さく、うっかり通りすぎてしまうお遍路もいるようだ。
 手前のお堂で勤行をあげ納経を済まし橋の下に降りる。寝姿のお大師さん像に向かい再度勤行。寝姿像はもう一つ小ぶりのものが右手にあり、こちらはふかふかの布団にくるまれ、傍に千羽鶴も飾られていた。
 残りは10キロ。楽勝だと思っていたら2キロを過ぎた辺りから女房の疲れが目立ちペースダウン。この日の最大のお目当て内子座に着いたのは4時37分。
 内子は幕末から明治期、和蝋燭で栄えた伝建地区のある町。内子座は大正時代の創設ながら江戸期の芝居小屋の様式で地元経済界が総力をあげて建てたもの。四国では春の歌舞伎で有名な琴平町の重文・金丸座と並ぶ名館である。こちらは文楽で全国各地からファンを集めている。6年前の初訪時は催しのリハーサル中で中を覗けず今度こそはと期待して来たのだが、何と公開時間は4時半まで。
 既に7分オーバー。またしても……夫婦してガックリ。どっと疲れが出て体中の力が抜けた。ところがである。落胆ぶりに同情したのか、閉館ですといったんは入場を断った受付の女性職員が「まだ中に一人お客さんが見えますから、10分くらいならいいですよ」
  升席、花道、回り舞台もある本格芝居小屋。演劇に関わる人間なら一生に一度は使ってみたい舞台空間。金丸座より少し小ぶり。文楽ならむしろこちらの方が適している。わずか10分だったが、わくわくする時間だった。ありがたいお接待を頂いた。 (西田久光)