完成した水田魚道の前で…久居農林高校の生徒ら

 12月25日、津市川方町の水田で、農地・水・環境の保全・向上に取り組んでいる『桃園西部デンジ草保存会』=眞弓正郎代表、会員約80名=の6名と、県立久居農林高校土木・機械コース2年生の8名が、田んぼと水路を繋ぐ水田魚道の設置作業を行った。
 県の「田んぼの生きもの復活プロジェクト推進事業」で、両者が連携して実施したもの。
 水田は、水路より水の流れが緩やかなど魚の産卵や稚魚の成育に最適な環境。かつては水田と水路との高低差が少なく、魚が自由に行き来していたが、ほ場整備で水路が低く、遠くなって相互の行き来ができなくなったため、近年、生態系の魚の数が減少している。
 そこで同事業では魚道の設置によって、水田地域の生物多様性の確保と地域住民の意識向上を図る。
 昨秋、現地測量と設計図作成を行っており、当日は土を掘削し、水流を調整するせき板を備えた約4mのポリエチレン管の水路を設置。厳しい寒さと強風にも関わらず、同会会員が生徒たちに土のう袋やスコップの扱い方などを指導し、力を合わせて熱心に作業していた。
 同校の山下裕哉さんは、「CADで水路を設計するのは初めてでした。春に魚が道を通るのが楽しみ」、また眞弓さんは「春には雲出川から20~30㎝ほどの鯉などがのぼってくる。小学生対象の環境学習も予定しています」と話した。

桜の美人「藤島武二」

 公益財団法人「石水博物館」=飯田俊司館長=は2月3日まで開いている「石水所蔵名品展─新三重県指定文化財古伊賀水指 銘『鬼の首』を中心に─」の展示品を4日より一部入れ替えている。
 同博物館の所蔵品は、川喜田半泥子(十六代久太夫)をはじめ、伊勢商人川喜田家の歴代当主が収集してきた茶道具や日本画、洋画、古書典籍類、古文書など多岐にわたる。
 今展では半泥子の愛蔵品で、昨年、三重県の文化財指定を受けた古伊賀水指銘「鬼の首」を中心に、日頃からリクエストされることが多い作品や資料を展示している。
 また、第2展示室では所蔵品展「川喜田半泥子とその周辺─半泥子筆『広永絵巻』に見る半泥子旧作展─」が開かれている。 
 開館時間=10時~17時(入館は16時半まで)。休館日=月曜(祝日の場合は翌日)。入館料=一般500円(20名以上の団体は400円)・高校生以上の学生300円。
 問い合わせは、石水博物館℡059・227・5677。

高いビルが無くすっきりと見渡せる(昭和40年2月撮影)

 昭和40年2月に松菱百貨店の屋上から南を向いて撮影した写真。手前の岩田橋を渡ったところが伊予町、その先は岩田町である。戦前、ここには当時の津を代表する大店が軒を連ねていたが、昭和20年の戦災で一帯は焼きつくされた。
 写真はそれから20年後の姿であるが、まだ国道23号には中央分離帯がなく、代わりに左右に細い緑地帯が設けられているのが分かる。
 橋のたもとに見えるビルは、当時、自家用車を生産販売していた三重いすゞ自動車のショールームであるが、のちにこの場所に現在の百五銀行本店が建設され、現在に至っている。
 国道を走る自動車もまばらで、どこか長閑な空気が漂っている。
(協力=津市大門アーケード内「あのつ画廊」…昭和の津の町なみ写真多数展示中。℡059・228・8188)

[ 4 / 6 ページ ]« First...23456