イースギョン(韓国)「翻訳された壷」

 津市大谷町の三重県立美術館で、企画展「アジアをつなぐ─境界を生きる女たち1984─2012」が13日から開かれる。会期は6月23日まで。
 近年、アジアの女性アーティストを取り巻く状況は急激に変化。中国やインドをはじめとするアジア諸国の急速な経済成長や国際政治の場での発言力の増大、ジェンダーに対する意識の高まりを背景に、時代のうねりは女性と社会、アジアと世界との関係に、今までにない構造的な変化をもたらしている。
 こうした状況下でアジアの女性アーティストたちは何を感じ、どのような立場から、何を表現しようとしているのか。今展では、アジアの現代美術が国際的な注目を集める以前の80年代から今日までの作品を一堂に集め、アジア地域に生まれ活動し、また海外を拠点にする作家も含めて、女性達の多方面にわたる関心の有りようや表現の多様性、それらの変遷を丹念にたどる。
 紹介するのは48人の作家による約130点にのぼる作品で、この規模で開催されるアジアの女性アーティスト展は日本で初めて。
 女性特有の問題を意識して作られた作品、歴史や戦争、民族にまで広がる関心を凝縮した作品、また近年の新しい傾向を示す作品など多彩な作品により、「アジア」「女性」「アート」が紡ぎ出す世界を検証し、アジアの女性アーティストの創造的でポジティブな可能性を探る。
 ▼アーティストトーク
 4月13日(土)14時半〜15時半頃。出品作家によるギャラリートーク。
 参加予定作家…ユン・ソクナム(韓国)、井上廣子(日本)、阪田清子(日本)、山城知佳子(日本)。急きょ変更となる場合あり。場所…企画展示室。参加は無料だが、展示室内でのトークなので展覧会チケットが必要。
 開館時間=9時半〜17時(入館は閉館時間の30分前まで)。休館日=月曜(4月29日と5月6日は開館)、5月7日(火)
 観覧料=一般900円、高大生700円。小中生400円。
 問い合わせ☎059・227・2100。 

<プレゼント>
 本紙読者5組10名に観覧チケットをプレゼント。希望者は葉書に〒・住所・氏名・年齢を明記して、〒514─0028、東丸之内26─12、三重ふるさと新聞「美術館」係まで。締め切りは4月11日必着。尚、当選はチケットの発送をもって代えさせて頂きます。