石坂工事と河合真如市の対談(番組から)

 三重テレビ放送は伊勢神宮の第62回式年遷宮を全国へ発信する特番「お伊勢さん」シリーズの第4回『式年遷宮の経済』を4月5日(金)20時に放送する。  20年に一度、社殿などを造り替える伊勢神宮の式年遷宮を通して、日本人の心に迫る番組で、今回の遷宮行事がスタートした8年前から執り行われている大祭・神事を記録したハイビジョン映像を使い、毎月1話ずつテーマをわけて計10回を放送。
 番組は、関東、関西をはじめ青森や九州など15局で放送されており、番組内容や再放送、取材地の問い合わせなど、全国から多くの反響が寄せられている。DVD販売の要望も多く、秋頃にかけて発売を予定。
 第4回「式年遷宮の経済」では、俳優の石坂浩二氏と、神宮司庁の河合真如広報室長が対談。時を超えて平成の世にも受け継がれてきた式年遷宮の始まりや、なぜ建て替えるのか、どうして20年なのか、その精神などを考える。
 また、江戸時代のお伊勢参りを支えた御師や、昭和時代、遷宮再興を願って全国の画家が作品を寄贈した経緯などについても取り上げ、経済の視点から1300年の歴史をひもとく。
 第5回からのゲストには落語家・桂文珍氏、雅楽演奏家の東儀秀樹氏、フリーアナウンサー・草野満代さんらを迎え、フィナーレを飾る第10回の『遷御の儀』=10月2日(水)=では、内宮から女優・檀れいさんとともに生中継する予定。
 番組ナビゲーターには、三重県熊野市の観光大使を務める、宝塚歌劇団出身の歌手で女優の夢輝のあ。脚本・構成は神宮についての執筆も数多い、文筆家の千種清美氏。
 放送は毎月第一金曜日の20時〜20時56分で、再放送は毎月最終金曜日の20時〜20時56分。