伊勢国司・北畠氏を祀った「北畠神社」

伊勢国司・北畠氏を祀った「北畠神社」

 美杉町下之川の仲山神社を後にした私たちは更に、美杉町の奥を目指して進んでいく。
 「走れば走るほど実感するけど、良いところだな」と、いつも小難しい表情のM君らしからぬ晴れやかな笑顔を浮かべている。確かに、澄んだ空気を味わいながら、ペダルを回しているだけで、幸せな気持ちになってくるから不思議だ。
 ここには〝なにもない〟がある。言い換えるならば目に見えない大切なものがそこかしこに息づいている。それは現代人が忘れてしまった自然との接し方や濃密な人付き合い、ゆっくりと流れる時間だったりと枚挙に暇がない。物質的な豊かさだけでは、人は本当の意味での幸せを手に入れることは出来ない。ちょうど、戦に明け暮れた武士がその空しさに気づき、晩年に出家するように、我々の生活が発展を続けるほどに、ここに立ち返ろうとする人が増えるのではないかと思っている。
 スローペースを保ちながら川沿いの道をしばらく走ると、多気の集落に到着。「北畠神社」で自転車を停める。この神社の主神である北畠顕能公は南朝を代表する武将のひとりであり、伊勢北畠氏の栄華を築いた人物。境内にある碑には、「いかにして 伊勢の浜荻 吹く風の おさまりにきと 四方に知らせむ」という彼の遺した歌が刻まれている。歌には明るくないが気品と教養に満ち溢れた巧みな言葉の配し方がなんとも美しいと思う。二人して碑を読み上げながら、大和言葉の妙味に酔いしれた。

来年度中に復旧する「名松線」の鉄橋

来年度中に復旧する「名松線」の鉄橋

 その後、道の駅美杉で一休み。隣には、美杉町でロケが行われた映画「WOOD JOB!~神去なあなあ日常」の記念館。あいにく土日祝日開館なので、この日は入れなくて残念だったが、ロケ地ツアーも含めて大変盛り上がっているようだ。散々取り上げられてきたので、内容にはふれないが、美杉地区や林業が活性化するきっかけになればと思う。原作となった三浦しをんさんの小説やその続編も、映画とは違った面白さがあるので、未読の方にはオススメしたい。多分、久居という言葉があんなにも頻繁に出てくる小説は、他にないと思う。
 しばらく休憩し、体力が回復した私たちは、道の駅からまっすぐ奥津方面へ。徐々に斜度を増す坂道を登っていくと、目の前に関西と伊勢神宮を結ぶ伊勢本街道の難所として知られた飼坂峠が見えてくる。今ではトンネルが通っており、交通は容易だが、本来の道は中々に手強い。流石に今日は、トンネルを抜ける。
 夕暮れも近づいてきたので、今日はここでタイムリミット。白山消防署美杉分署の交差点から八知回りで車のある白山町まで戻ることにする。途中には、来年度中の復旧が予定されているJR名松線の線路や鉄橋が見える。様々な課題を抱えているのも事実だが、素直に再び電車が走る日を心待ちにしている。(本紙報道部長・麻生純矢)