SONY DSC

空間インスタレーション高校生作品「KAZAHAYA」

 久居高校美術部の在校生、卒業生、教員などが作品を展示する第9回・久居高校美術部在校生卒業生合同展「CUBE」展が8月14日(木)~17日(日)9時半~17時(入館は16時半まで。最終日は15時で閉館)、三重県立美術館県民ギャラリーで開かれる。主催=同展実行委員会。入場無料。会期中は無休。
 同展は1987年を初回に3年に1回のペースで開催。今回の9回目で24年目となる。「久居高校美術部」を略して「久美(きゅーび)」、美を求める「求美」から「CUB

油絵F20号「暑い日の午後に」

油絵F20号「暑い日の午後に」

E 」と名付けられた。
 在校生と卒業生が共同で開催することで、在学中に展覧会運営のノウハウが継承でき、さらに年代を超えた交流を図ることも目的にしている。
 毎回、絵画はもちろん、立体、映像、デザインなど様々なジャンルの作品が発表される。
 今回は10代から40代の在校生12名、卒業生26名に加え、招待作家として美術部の顧問だった歴代教員6名の計44名が約100点を出展する。
 問い合わせは実行委員長の林さん☎080・5137・1254。