20日~28日、三重県総合博物館MieMuで同館と三重大学の博学連携によるパネル展「エディブルフラワー(食用花)Mini展」が開催される。主催=㈱FFC三重「花と緑と水の里」設立準備委員会。食用花は、欧州を中心に世界で人気のある食材だが、まだ日本では余り馴染みがない。その一方、津市内でも新たな名物にしようと研究が進んでいる。今展は注目の食材といち早くふれあえる貴重な機会となりそうだ。

キンギョソウのパスタ

キンギョソウのパスタ

花のカルパッチョ

花のカルパッチョ

パンジー・ビオラ・マリーゴールドなど、観賞用としても身近な花々は、欧州を中心に世界で美しい見た目や独特の香りや味わいを活かした食用花「エディブルフラワー」として広く親しまれている。具体的には料理に彩りを添えたり、花そのものを砂糖漬けにして味わうなど多彩。栄養価的にも抗酸化作用のあるビタミンCなど、野菜に匹敵することが学術的な研究によってわかっている。
現在、日本では、一部のレストランや菓子店が取り入れており、徐々に注目を集めている。今後、一般的な普及が期待されている注目の食材だ。
その流れに先んじる形で、今年7月に高野尾地区活性化プロジェクトとしてオープンする農業をテーマとした施設「花と緑と水の里」(仮称)=津市高野尾町=で施設の名物とすべく、同施設の運営主体である「フューチャー・ファーム・コミュニティ三重」(三重大学と㈱赤塚植物園が中心となって設立)が研究を進めている。研究のきっかけは、同プロジェクトの中心人物である赤塚植物園の赤塚充良会長が地区の名産であるツツジの花が食べられないかと考えたこと。残念ながらツツジには毒性があり、食用に適さなかったが、同社ではエディブルフラワーを試行的に栽培し、食用にするため、農薬を使わず、いかに虫害を防ぐかなど様々な課題を乗り越えるべく研究を進めている。
その一環として、昨年には県内の大学生と高校生を対象とした「エディブルフラワースイーツレシピづくり大会」を実施。学生たちが試行錯誤の末に生み出したレシピを持ちより、スイーツを試作。プロの指導を受けながら、クオリティの向上を目指した。
そのような流れの中、20日~28日(9時~19時、20日=10時~19時、28日=9時~16時。22日は休館日)に三重県総合博物館MieMuの2階エントランスホールでパネル展「エディブルフラワーMini展」が開催される。
同展は平成27年度の高等教育期間魅力向上支援補助事業の三重大学リアルインターンシップが協賛。赤塚植物園でエディブルフラワーの研究をしている三重大学の学生2名が会場に常駐する。展示の内容は、食べて良い花・悪い花、エディブルフラワーって体にいいの?、簡単!エディブルフラワーなど。期間中の土日の10時~12時、13時~15時には、中国の工芸茶などエディブルフラワーの試食も楽しめる(数に限りあり)。同時展示として「花と緑と水の里」のオープンに向けた取り組みなどについての写真も展示する。
赤塚植物園でエディブルフラワーの研究に取り組んでいる研究開発部課長の長谷川幸子さんは「エディブルフラワーの魅力は、なんといっても美しさ。様々な花が食べられて栄養があることを多くの人に知ってほしい」と話している。
今展は、注目が集まり始めているエディブルフラワーをいち早く〝味わえる〟貴重な機会になりそうだ。
問い合わせはフューチャー・ファーム・コミュニティ三重(長谷川さん)☎059・230・0282。