一絃琴+御詠歌+手料理で

一絃琴+御詠歌+手料理で

津市分部、天台真盛宗本願寺(住職・荒井眞道尼)の本堂で、2日夜・宵宮、3日本まつりの日程で「ひなまつりミニコンサート」が催された。両日合わせ女性を中心に120名ほどが参加した。
これは先代住職が亡くなって以来、しばらく無住寺となっていた同寺に荒井尼が晋山(赴任)した翌年に開催して以来続けている恒例行事で、今年で14回目。御本尊を祀る須弥壇の両脇に7段飾りや美しく艶やかな打掛を飾った本堂で、通称「庵主さん」こと荒井尼が会主を務める一絃琴正流正壽会と本願寺御詠歌隊による演奏を聴き、その後は檀家女性陣や庵主さんの手料理に舌鼓を打つ2部構成で人気。
今年も現代の虚無僧として知られる尺八の名手・牧原一路氏をゲストに迎えての演奏会。御詠歌隊はまずお寺の御本尊に捧げる『本尊讃迎和讃』を歌った後、結婚式に歌う御詠歌『ことほぎ和讃』、太鼓も入って賑やかな盆踊り歌『精霊まつり和讃』など、一般に持たれている御詠歌のイメージを一変させるような明るく楽しい曲を10余名の息の合った好調子で披露。一絃琴では今年は『古代わくら葉』『須賀』『おしどり』などの古典、そして庵主さんのオリジナルで一休禅師晩年の恋人、盲目の貴種・真如の物語を題材にした40分の大曲『真如』を、語りの部分を省いた20分のショートヴァージョンで披露。牧原氏の名演と相まった見事な演奏に参加者たちは聴きほれていた。
懇談会食の後、庵主さんは「私も後期高齢者になったが、後10年はこの雛祭りを続けたい。健康に気を付けてまた来年もここで会いましょう」と呼びかけた。
なお、昨年に引き続き会場で津城復元募金も行われ58名から計4万円の寄付が集まった。ちなみに2月末現在で延べ9085名から1552万円余の浄財が寄せられている。

 ▼アイ・ラブ・押し花展=10~14、岩田川久画廊
▼櫻井拙朋個展=~13、三重画廊
▼ワンコインコンサートin松阪・ヴァイオリン内山優子=11、クラギ文化ホール
▼唄の発表会=13、農業屋コミュニティ文化センター
▼三重の景色展=~30、百五銀行久居支店
▼ミラーシートでクルクル万華鏡(工作)=19・20・21、MAPみえこどもの城
▼アームレスリング三重県大会・中部オープン杯=13、河芸公民館
▼津市民文化祭音楽部門「三曲」=13、サンヒルズ安濃ハーモニーホール

第6回目のJR名松線復旧記念ウォークの様子 (「白鷺伝説」の地であると言われる瀬戸ヶ淵周辺で)

第6回目のJR名松線復旧記念ウォークの様子
(「白鷺伝説」の地であると言われる瀬戸ヶ淵周辺で)

「白山道しるべの会」会長を務める今井さん

「白山道しるべの会」会長を務める今井さん

津市白山町のボランティアガイド団体『白山道しるべの会』の今井直毅会長(73)にインタビュー。同団体は、津ガイドネットなどと共に、昨年10月~今月にかけて「JR名松線復旧記念ウォーク」を開催中。

──同会会長になられたのは、いつですか。
今井さん 当会は、平成21年10月に発足し、私は22年1月から会長を務めています。私は地元出身ですが、仕事で全国を転々としていて60歳で定年退職するまでほとんど単身赴任だったため、当会に入会して、地元の歴史を学んでいます。
──同ウォークの感想はいかがですか。
今井さん 当会は、ウォークの第4回目の途中から7回目までガイドをしました。
第5回~7回は1月10日・24日、2月7日という真冬の時季の開催で寒さを心配していたんですが、会員はそれぞれの役目を果たし、よく頑張ってくれました。
また各回100名程の来場があり、寒い時季にたくさんの方に参加して頂き、ありがたく思っています。
白山町の町名の由来にもなった「白鷺伝説」について話した時も、皆さん、興味を持って聴いて頂き、地元在住の参加者からも「こんなところ来たの初めて」といった声が多かったです。
そして、廃高田寺の中を開けて見学できる手配など、地元の方々にも色々と協力して頂いて本当にありがたいと思います。
──名松線の活性化に向けて思いを聞かせて下さい。
このウォークのようなイベントを、沿線の一志・白山・美杉地域が一緒になり、年間を通じて開催すれば良いのではないかと思います。例えば各地域で2回ずつくらい、全体で6回開くとか。
また当会としては来年度、初瀬街道の案内に力を入れようと思っているんです。当会では、白山公民館の地域再発見講座の受講生を対象にガイドを行っているんですが、来年度は、関ノ宮駅から名松線に乗り、松阪市の権現前駅で降りて、初瀬街道の終点周辺を訪れるコースを案内することも考えています。
名松線の伊勢川口駅から家城駅まで名所・旧跡が色々あるので、一般向けにも、コース内容を練って新しいガイドツアーも計画しています。
例えば第5回・6回目のウォークでまわった家城神社・こぶ湯などは皆さんが好まれるところばかりなので、この辺りで、名松線に一駅でも乗るツアーをやろうかなと思っています。

[ 4 / 6 ページ ]« First...23456