供養塔の前で読経する4人の上人たち

供養塔の前で読経する4人の上人たち

撰経を参列者の体に当てる栁川尚史上人

撰経を参列者の体に当てる栁川尚史上人

県内に4つの葬儀専用貸ホール「光倫会舘」を展開する㈱ふじや本店の取締役で、日蓮宗光延結社の教導でもある栁川尚史上人が、厳しい修行で知られる「日蓮宗正中山大荒行加行」を成願。9日、四日市光倫会舘で報告会を兼ねた「祈願会」が行われた。
比叡山延暦寺の千日回峰行と共に世界三大荒行に数えられるというのが、この千葉県市川市の中山法華経寺の百日大荒行。
日蓮宗では公開厳禁の荒行堂(加行堂)での過酷な修行を終えた者にのみ祈祷の修法が許される。11月1日から2月10日までの寒中100日間の時には死者も出る程の過酷さ。
全修行僧が瑞門をくぐると、この門は固く閉ざされ、2月10日まで開く事はない。外部との交流を遮断した結界での修行。
荒行僧の一日は、早朝2時に起床し、朝3時、一番の水から午後11時まで一日7回、寒水に身を清める「水行」と、「万巻の読経」「木剣相承」、相伝書の「書写行」があり、朝夕2回、梅干し一個の白粥の食事の生活が続く。
栁川尚史上人の成満は今回で6回目。通算600日の修行となった。
少し痩せて坊主だった髪と髭が伸びたその姿が修行の過酷さを物語っていた。
当日は、同社の役員・親族・社員や協力業者約100名が参列。栁川尚史上人が修行を通じて縁を持った3上人と共に、会舘前にある供養塔の前と、会場に設けられた祭壇で所願成就を祈り読経した後、参列者一人ひとりの体に撰経(日蓮聖人が法華経の要文、要句を抜粋したお経)をあてて、体に頼る死霊、生霊、野弧、疫神、呪詛、の五段の邪気を払うと共に法華経、撰経の功徳を得ていた。

洋服やタペストリーなどの作品と嶌田さん

洋服やタペストリーなどの作品と嶌田さん

津市安東町の古民家コミュニティー「ゆずり葉」で31日まで、古布を生かして作った洋服やタペストリーのほか、鞄、編み物などが展示されている。
ゆずり葉で、平成22年から月ごとに内容を変えて行われている作品展の一環。
出品者しているのは同市小舟の殿舟団地在住で、来月80歳を迎える嶌田よし子さん。嶌田さんは60代のとき病気になり、療養中に作品づくりを開始した。現在は毎週1回、自宅で、市内外から集まって来る気の合う仲間達8名と一緒に作品制作を行っている。
また月1回、津市内の介護施設を訪れ、ボランティアで、利用者と一緒にブローチなどの作品づくりを楽しんでいるそう。
今展では、70歳から現在までの10年間に、独学で技術を身に付けて制作した作品を展示。一部は販売している。
嶌田さんは、「布があれば、『何にしようかな』と作品づくりのアイデアが浮かんできます。今回は、私の10年間の成果である作品を展示しています」と話している。
問い合わせはゆずり葉☎津227・3523へ。
開館10時~17時。月・金休館。

石田紅葉さん

石田紅葉さん

津アサヒスイミングスクールに通う石田紅葉さん(15歳)が、3月30日に東京都江東区辰巳の東京辰巳国際水泳場で開かれる「全国JOCジュニアオリンピック杯春季水泳大会」の100m平泳ぎに出場する。
一志町に住む石田さんは3歳から同スイミングスクールに通いはじめ、順調に才能を伸ばし、様々な公式大会で記録を残してきた。昨年9月に和歌山で開かれた国体では100m平泳ぎで7位入賞。今回の春季大会は、昨年の夏季大会以降の全国大会の標準記録1分11秒06を上回る1分10秒34という自己ベストの公式記録を出したことから出場権をゲットした。
ちなみに「全国JOCジュニアオリンピック杯春季水泳大会」への出場は小学3年から連続7回を誇る。
現在、同大会に向け、特別な練習に励んでいる石田さん、「当日は、自己ベストを更新して決勝戦に進みたい。将来は日本水泳連盟の設定するタイムをクリアし強化選手に選ばれたい」と抱負を話す。
伊藤コーチは「とにかく練習熱心な選手。今後の成長も大いに期待できます」と話していた。

[ 3 / 6 ページ ]12345...Last »