左から鈴木英敬知事、松本来夢さん、久志本眞子さん、秦建日子さん (14日に三重県庁で行われた製作発表記者会見で)

左から鈴木英敬知事、松本来夢さん、久志本眞子さん、秦建日子さん
(14日に三重県庁で行われた製作発表記者会見で)

人気ドラマ・映画「アンフェア」の原作者で小説家の秦建日子さんの映画初監督作品で、桑名市が主な舞台の『クハナ!』が、16日~31日まで同市を中心に北勢地区で撮影されている。
主演は、NHK連続テレビ小説「まれ」でヒロインの子供時代を演じた松本来夢さん。そして、オーディションでの高い演技力が評価された津市の久志本眞子さん(12)が、ダブル主演に大抜擢された。
久志本さんは幼稚園を卒園してまもなくスカウトされ、芸能活動を行っている。同映画ではジャズのビッグバンドでドラムを担当する女の子・笹島瑞希役を演じ、加藤清史郎さん、磯山さやかさん、須藤理彩さん、多岐川裕美さん、風間トオルさんほか、多数の有名俳優と共演する。
14日に県庁で製作発表記者会見があり、秦さんが、町おこし映画である同作品について「地元のエネルギーで作り上げられたけれど、まるで違う町に住む人にもきちんとその発信が届くような映画を、この三重県からやれたらワクワクするなと思い、準備を進めてきました」などと語った。また映画を後援する三重県の鈴木知事が、映画撮影で三重県が全国にPRされることについて「大変ありがたいことです」と話した。
現在、撮影中の久志本さんは「撮影は、楽しくて仕方ないです。共演者の皆さんはやっぱり本当にオーラがあるし、演技中は普段とガラッと変わって、さすがだなあと思いますし、すごく勉強になります」と話している。
なお同映画は、廃校を控えた小学校で、元々はプロのジャズプレイヤーという教師が赴任してきたのを機に、子供達がジャズのビッグバンドを始めることになって……という笑いと涙と音楽に溢れたハートウォーミングな物語。劇中音楽は音楽家・立石一海さんのオリジナル楽曲。
9月3日から公開。また原作小説が今月30日発売。