津市内でもこの時期、市街地・農村部問わず、路傍で黄色い美しい花を咲かせている『オオキンケイギク』は生態系に悪影響を与えるため、法律によって移動・飼育・栽培・販売などが禁じられている「特定外来生物」。我々の良く見かける生物の中でも、特定外来生物に指定されているものは少なくないため、まずは正しく認識することが重要となる。

 

 

津市で自生するオオキンケイギク

津市で自生するオオキンケイギク

平成16年施行の「外来生物法」では、人の生命や身体、農林水産業への被害や、日本固有の生態系を破壊する可能性がある海外原産の生物を特定外来生物に指定。飼養・栽培・保管・運搬・輸入・販売・放逐などを禁じている。違反した場合、販売目的の場合は個人で3年以下の懲役や300万円以下の罰金、法人には1億円以下の罰金が科せられる。販売目的ではない場合でも個人で1年以下の懲役や100万円以下の罰金、法人で5000万円以下の罰金と厳しい罰則が定められている。
現在100種類以上がこれに指定されているが、その代表格といえば、この時期に津市でも、鮮やかな黄色の花を市街地や農村部問わず、様々な場所で見かけることができる「オオキンケイギク」だろう。この植物は北米原産で元々、行政が法面緑化に植えるなどしてきた。しかし、生命力と繁殖力が強く、各地で野生化。在来種を駆逐してしまうため、特定外来生物に指定されている。庭先に生えているものを防除する場合でも法律上、枯死させないと運搬ができない。また、今年もそろそろ種をつけ始めるが、そうなると、国から防除の許可を受けた自治体や団体でないと生きた種を運ぶことができなくなる。法的な問題もあるが、なにより、うかつに種がついた株を動かせば大量の種が飛散し、更に生息範囲が広がることが危惧される。
次いで身近なものといえば、釣りの対象として人気の北米原産のブラックバス(オオクチバス・コクチバス)とブルーギルだが、これらも在来種の駆逐が問題となっている。他の特定外来生物と比べると飼育・運搬・放逐での逮捕例が目立つことも特徴。琵琶湖などリリース禁止条例が設けられている場所を除けば釣った場所でのリリースは禁じられていないが、生きた個体は絶対に持ち帰ってはいけない。
人の身体と生命を脅かす特定外来生物の代表格はオーストラリア原産のセアカゴケグモ。津市内でも発見されており、毒性もあるため、行政なども警戒を呼び掛けることが多い。農作物に深刻な被害を与える特定外来生物として有名なのはアライグマで、津市でも被害が出ている。
これらは既に指定を受けている生物だが、新たに加えられる生物もいる。ペットショップでも安価に売られていた台湾などが原産の「ハナガメ」も在来種のイシガメなどとの交雑が問題となり今年9月より特定外来生物として規制される。更に、観賞魚として人気の北米原産「アリゲーターガー」や「スポテッドガー」などのガー科の魚も平成30年4月より規制対象に。大きくなると体長1mを超えてしまうので、持て余した飼い主が川などに放してしまい、問題化している。これら新たに指定される生物を規制される前から飼っている場合、国の許可を受ける必要があり、繁殖もできなくなる。逆に言えば、今まで以上に最後まで飼う責任が出来たともいえる。
例えば、子供が捕まえてきた生物が特定外来生物である可能性もある。そういった際にも注意を促せるよう、まずは一人でも多くの市民が身の回りの生物に関心を持つことが重要だ。