11月5日、津市高野尾町の㈱赤塚植物園の「レッドヒルヒーサーの森」で、『第16回地域が応援するキャリアアップセミナー』が開かれる。三重県内を中心とした小中高大の児童・生徒・学生が広大な敷地を誇る里山で植生の観察・COの測定などの環境学習と共に、学校間交流にも取り組む。今年から鈴鹿中学校・高等学校が主催に加わり、全国的にも先進的な小中高大という形でのキャリア教育の場をつくっていく。

 

中島教諭と共に当日の下見をする鈴鹿中学校の生徒たち

中島教諭と共に当日の下見をする鈴鹿中学校の生徒たち

同セミナーは地域の未来を担う中高生に、進学などで都会に出たとしても、将来的には三重県で活躍してほしいという願いを込めて同セミナー運営委員会が産学連携のスタイルで実施してきた。共催は三重大学、名古屋産業大学、㈱赤塚植物園、㈱フューチャー・ファーム・コミュニティ三重。
会場となる赤塚植物園の「レッドヒルヒーサーの森」は元々、同社の栽培試験場だったが、隣接する「朝津味」のオープンに伴い整備され、9月末より一般公開している。広大な敷地に自然の植生を残した里山であるため、同社が環境学習に役立ててほしいと場所を提供している。
今年は、県内の公立と私立の中学と高校に加え、地元の豊が丘小学校が参加。チームリーダーとして三重大の環境ISO学生委員会に所属する学生と名古屋産業大学の大学院生が参加。
昨年までは三重県教育委員会が運営に携わっていたが、それに代わる形で、今年から鈴鹿中学校・高等学校(6年制)が同セミナー運営委員会と共に主催になっているのが大きな特徴。私立校が公立校を含む他校を交えたセミナーを主催するケースは珍しく、小学生から大学生までが同じ場で学ぶというのも、キャリア教育として非常に先進的といえる。
昨年は一参加校だった鈴鹿中学校・高等学校だが、今年主催するまでになったきっかけは同校の中島啓介教諭(35)が、生徒が環境学習の成果を高校生や大学生に交じって発表することで成長する姿に感動したこと。加えて、同校は進学校だけに都会の大学に進学する学生も多いが、いずれは三重県に残る人材を育てたいとセミナー本来の趣旨と同じ思いを持つに至った。そこで学校側に掛け合ったところ、快諾が得られた。
今年のセミナーでも、各方面のエキスパートと共に植生の観察やCO濃度の測定、昆虫や土壌生物の観察、里山ビジネスの考察と多彩なフィールドワークを行い、その後、グループ毎に討議や学習内容を発表しながら交流にも繋げる。
昨年から続けて参加する鈴鹿中学校の2年生たちは小学生から大学生まで、参加者に10歳以上の年齢差がある中、どのようにコミュニケーションを取れば良いのかなど、運営を円滑にするため、22日に現地を訪問。リーダーの藤原龍一くん(14)は「参加者たちに豊かな自然を見てもらいたい」と意気込みを語った。
今回のセミナーは里山を生かした先進例として岡山商工会議所の環境関連部会も視察に訪れる予定。また来年には台湾の学生も参加する予定があるなど、環境学習を核にしたキャリア教育や国際交流の場としても大きな注目を集めている。