津市乙部の「赤塚建設㈱」は従来のエアコンのように冷風や温風を出して空気の温度を管理するのではなく、遠赤外線の作用によって快適な室内環境を実現する冷暖システム『光冷暖』を取り扱っている。
「KFT㈱」=福岡県福岡市=が開発したこの画期的なシステム。室内に特殊セラミック加工を施したラジエータを設置。同様の特殊加工を施した壁・天井・カーテンに、ラジエータから放射される遠赤外線を当てて共振・共鳴させる。すると、ラジエータから出ている温度に応じた遠赤外線(放射熱)が壁や天井に伝わり、そこから再放射される遠赤外線の作用で部屋全体が冷えたり、温まったりするという原理。

赤塚建設のヨベルタウン八町では「光冷暖」を体験できる

赤塚建設のヨベルタウン八町では「光冷暖」を体験できる

赤塚社長(左二人目)と舩井社長(左)と安倍昭恵首相夫人(右2人目)

赤塚社長(左二人目)と舩井社長(左)と安倍昭恵首相夫人(右2人目)

この放射熱の原理を分かり易く例えると、太陽の日差しが当たっている場所と日陰では気温そのものは全く同じでも、体感温度が大きく異なるのと同じだ。
光冷暖の魅力はまず、エアコンのように冷風や温風が出ないので「あの風が苦手」という人も安心して使えること。KFT㈱モデルルーム調べでは、最高37度の猛暑の時でも室内は24度~27度に、冬場も平均3・6度の日でも20度~23度が保たれる。室内において人間の体感温度に放射熱が50%の影響を及ぼすと言われているため、実際の室温以上に快適に過ごすことができる。加えて、年間を通じて室内の湿度が50%前後に保たれているため、他では絶対に味わえない優しい空気感が楽しめる。また、空気を動かさないので病気の原因となるホコリを舞い上げることもない。熱中症や冬場のヒートショックなどの心配がある子供や高齢者が居る家庭や、室内飼いのペットが居て年中エアコンをつけっ放しという家庭で利点が多い。また、作動音がないので音楽を楽しむ人からも注目されている。
従来のエアコンのように気温を変化させるのは、光冷暖と比べると、エネルギー効率が悪く、消費電力を50%削減できる(国立九州工業大学発表)。今では一部屋に一台エアコンを設置している家も珍しくないが、光冷暖は起動させると、遠赤外線の共振・共鳴効果で家のどこでも体感温度がほぼ一定になる。電気を節約しながら、快適生活を送れるだけでなく、COをほとんど出さないので環境負荷も小さい。ラジエータの構造も熱を媒介する温冷水が循環しているだけという非常にシンプルな構造のため、特別なメンテンナンスも必要なく、維持費もほとんどかからない。
現在、光冷暖は全国の住宅や医療施設・保育園などで採用されており、平成26年度に環境大臣賞を受賞。
赤塚建設では赤塚高仁社長が㈱船井本社の舩井勝仁社長の勧めで、福岡県にあるKFT社の光冷暖のモデルルームを見学。その素晴らしさに感動し、取扱いを決めた。その後、赤塚社長とも舩井社長とも親交の深い安倍昭恵首相夫人も光冷暖を体験し、参画するゲストハウス「UZUハウス」への導入を決めている。
赤塚建設が分譲中のヨベルタウン八町=津市八町=では光冷暖の効果を体感できる。赤塚社長は「まだ皆さんが知らない〝未常識〟をたくさんの方に伝えていきたい」と話している。
問い合わせは☎059・226・6627へ。