スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」だが、三重県内でも希少なポケモンが出現することで知られている津市香良洲町一帯にはサービス開始以来、市内外から多くの人々が集まっている。しかし、それらの人々の一部が迷惑駐車・私有地への侵入など様々な問題を引き起こしており、地域住民の頭を悩ませている。この事態を受け、津市と津南警察署は、運営会社に然るべき対処を求めている。

 

配信以来、人気を博しているポケモンGO。鳥取砂丘のように観光誘致での活用をねらう自治体もある一方、東京・お台場のように多くの愛好者らが車道になだれこむという負の要素も報道されている。
津市香良洲町は三重県内でも指折りの珍しいポケモンが出現する地域として愛好者の間では有名。市内のみならず、休日には県外からも遠征に訪れる人々が大勢いるほど。しかし、その愛好家たちが集まることで起こる様々な問題が地域住民の頭を悩ませている。
それら問題の例を挙げるとポケモンを捕まえようとする人による商業施設の駐車場や路上への迷惑駐車、私有地への侵入、ポケモンが出るポイントなどを低速で車を走らせながら地域内を周回、幅の狭い道路に連なって一時停車する等々。最近はポケモンが出現している時間を表示するアプリやネット上の掲示板などの情報を頼り、特に珍しいポケモンが出現している時間には多くの人々が殺到。道路が車であふれかえるという事態まで発生している。
これら問題を抜きにしても、昔ながらの住宅街を不特定多数の人々が訪れる現状に不安を覚える地域住民も多く、津市や津南警察署に苦情が寄せられている。
地元にある香良洲駐在所だけでは人員数的にも対処できないため、津南警察署では特別体制でパトロールや、ながら運転など交通違反者の取り締まりを行っている。幸い事故や事件にまでは発展していないもののいずれそういったことになる可能性は否定できないため、警戒を続けている。
事態を重く見た津市と津南警察署はゲームの運営会社にポケモンの出現を抑えるなどの対応をとるよう要望している。敷地内でプレイ禁止を促す観光地も増えており、海外では開発会社への訴訟も発生している。
現実の地形をゲームのフィールドとして活用するアイデア自体は、観光や商業的な集客にも繋げられる要素を持っているが、香良洲町の場合は地域事情とのミスマッチが混乱を引き起こしたと言える。
休日に香良洲町を歩いているとながら運転も目立つため、愛好家のマナー改善は急務といえるが、根本解決には運営会社の然るべき対応が求められている。

原節子さん主演の「東京物語」を上映

原節子さん主演の「東京物語」を上映

昭和の大女優で、昨年95歳で他界した原節子さんを追悼する第2回「彼岸花映画祭in津」が10月9日(日)12時~、三重大学山翠ホールで開かれる。入場無料(チケット不要)。主催=同祭実行委員会、共催=三重大学、後援=津市・津市教委・本紙ほか。
▼第1部・12時半~「映画と音楽のおいしい関係・映画音楽の名曲コンサート」=三重大学管弦楽団・同OB会有志で作る三重大学彼岸花映画祭室内オーケストラが、「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」「紅葉」「星に願いを」「となりのトトロ」他を演奏。指揮とピアノ・話は兼重直文氏(同大学教授)、ヴァイオリン独奏は内山優子さん。
▼第2部・14時20分~映画上映『東京物語』=(小津安二郎監督、1953年松竹、136分)。大画面デジタル版で新たに上映。出演は、原節子、笠智衆、杉村春子ほか。作中の「松阪」の台詞に故郷・三重への小津監督の思いがにじむ世界映画史上に残る家族映画の傑作。
問い合わせは同祭事務局☎080・4547・2015。

エリックさん

エリックさん

A2_EŽï¾Ÿï½½E€E°3æ ¡

津まつり2日目の9日㈰、津まつりフェニックス会場で、津商工会議所青年部主催の『YEG祭~団結 the YEG festival 2016』が開かれる。
ステージでは、10時10分より津商工会議所青年部元気玉太鼓による勇壮な演奏を皮切りに、様々な団体がダンスステージを披露。目玉はNHKの英語番組「えいごであそぼ」などでお馴染みのエリックさんによるステージイベントで①11時~と②14時~の2回開催。エリックさんからのクイズに答えられた各回10名にCDをプレゼント。
会場では例年人気の旭美容専門学校のフェイスペインティング、アロマハンドマッサージ、ヘアアレンジ教室も開催。地元企業による飲食・展示ブースがズラリ。リサイクルステーションでは、食器など会場から出たゴミをリサイクル。再資源化に取り組む。
事前の問い合わせは津商工会議所☎059・228・9141。当日の問い合わせは☎090・6619・3550。

[ 62 / 290 ページ ]« First...102030...6061626364...708090...Last »