アユなどの淡水魚を食い荒らす「カワウ」は全国の被害総額が最大100億円にものぼると言われ、三重県内でも昨年度約3600万円ほど被害が出ているが、他の獣害と比べると県や県内の大部分の市町で目立った対策が取られていない。その一方、フンによる生活被害が津市内でも発生するなど、決して市民も無関係でない一面もある。

 

カワウのコロニー(津市)

カワウのコロニー(津市)

全国各地の内水面漁協は、アユ釣りなどの遊漁権の販売で主な収入を得ており、誘客のために川に大量のアユを放流しているがそれを狙って飛来するカワウとの戦いが繰り広げられている。
被害は全国内水面漁業組合連合会の推計では年間約100億円と試算される一方、内水面漁業は海面漁業と比べると、それのみで生計を立てている人がほぼいないことから、積極的に対策に取り組む自治体は少ない。
三重県が行っている対策で主なものは、三重県内水面漁業組合が猟友会の協力を得て行っている駆除や追い払いへの補助と、県内各地のコロニーの定点観測で生息数のとりまとめの2つ。空を飛び、広範囲を行き来するカワウの対策は、他の獣害と異なり、いたずらにコロニー(営巣地)を刺激すれば分散したしまうだけでなく、一都道府県で個体数を管理していても正確な実情が掴めず、県域を越えた連携の必要性が実証されている。そこで、県も近隣15県による協議会で情報共有を行っている。
津市内でも雲出川古川の河口付近に県内最大級のコロニーが存在しているが、津市で鳥獣害防止計画の対象にはなっていない。今年も2100㎏のアユを放流した雲出川漁協が猟友会に依頼し、現在捕獲や追い払いなどの対策を行っている。
カワウは、漁業被害以外にも一般市民を巻き込む糞害を引き起こす。コロニーにある樹木がフンを浴びて真っ白になった上で枯死し、景観が悪化したり、その被害がコロニー周囲の民家や歴史的建造物にまで及び問題となることも。岐阜県海津市の千本松原でもカワウが営巣し、国も対策に苦慮をしている。
津市でも、この問題が発生した。平成26年秋に津市一身田平野の団地に隣接する民有地の雑木林にコロニーを形成。近隣住民は、空から降り注ぐ真っ白いフンや悪臭、鳴き声に悩まされ続けることになった。民有地で行政が勝手に手を出せないこともあり、対策は困難を極めたが、地元自治会の懇願を受け、昨年11月に津市が地権者の同意を得た上で、対策を実施。カワウのコロニーの分裂で、周囲に新たな被害を出さないため、専門家の指導で慎重に対応。地権者の同意の基に、草刈り機やチェーンソーで大きな音をたて威嚇しながら、段階的に木を伐採。今年始めにはコロニーを消滅させることに成功。三重大の協力でドローンも飛ばすなど、最先端の対策も実施した。この際、県の定点観測で集めたデータを活用し、県内各地のコロニーへの飛散状況を確認するなど細心の注意を払った。
これは特殊な事例で同様の問題が起こる可能性は低いかもしれないが、民有地の場合、地権者が取り組むという大原則だけでは、適切な対応が取れず、行政による協力が不可欠なことも浮き彫りとなったといえる。
滋賀県などの対策先進県では企業と連携し、専門知識を持った者が音のしない空気銃による狙撃と、カワウが食べた魚の種類や量をデータ化し、野鳥としての保護と個体数調整を両立させた戦略を練るという手法で成果を出している。
ここまでの対策は、相応の費用が必要なため、早急に取り組むべき段階ではないかもしれないが県が正確な状況を把握するのは、各市町で問題が発生し、迅速な対処が求められる場合に重要となる。しかし県は、定点観測の回数を年3回から昨年度より年1回へと減らしている。
内水面漁業は、ユネスコ世界無形文化遺産に登録された和食に欠かせない食材の供給や自然環境への貢献から、国も振興に向けた法律をつくるなど、再評価されている。 市民にも決して、無関係な問題ではないため、どう係わっていくかを冷静に見つめ直す必要があるのかもしれない。