祝辞を述べる吉田沙保里選手

祝辞を述べる吉田沙保里選手

吉田選手・鈴木英敬県知事・前葉泰幸津市長・岡本直之津商議所会頭らでテープカット

吉田選手・鈴木英敬県知事・前葉泰幸津市長・岡本直之津商議所会頭らでテープカット

10月1日から供用が始まる津市・産業スポーツセンター「サオリーナ」の竣工式が23日、同施設で行われ、鈴木英敬三重県知事、前葉泰幸津市長、地元選出の代議士、県議会議員、市議会議員をはじめ地元自治会ほか関係者多数が出席した。
同施設は、現在、市内にある津市民プール、津市体育館、三重武道館をメッセウイング・みえに隣接する形で一体的に整備したもの。全国大会規模の競技が開催できる屋内総合スポーツ施設で、新津市の合併時の4大プロジェクトの一つ。
津市出身のオリンピックのレスリング女子で金メダル3連覇を達成した吉田沙保里選手の偉業を顕彰するため、同選手に施設の命名権を渡し、「サオリーナ」と名付けられた。
同施設は、約3000人収容のメインアリーナや現在の津市体育館と同規模のサブアリーナ、弓道場と柔剣道場を有する武道館、健康増進のための屋内プール、トレーニングルーム、ランニングコースなどを完備。メインアリーナの入り口付近には、吉田選手が過去の五輪で着用したユニホームやシューズも展示している。
吉田選手は「ここから次世代のアスリートが誕生してくれることを願う。子どもたちの夢につながる素晴らしい環境が整った」と期待感を込めた。
前葉津市長は、建設工事の入札が3度にわたって不調になった経緯を振り返り、「大きな苦難を乗り越えて完成した。津市といえばサオリーナと言われるよう津市民にとって自慢の施設にしたい。サオリーナと名付けたことで開館前から認知度が高まり、様々な大会が誘致できた。市民にとっても健康づくりの聖地になれば」と述べた。
その後、吉田選手、前葉市長、鈴木知事ら関係者がテープカットを行い、完成を祝った。

20170922100551-0001  津市美杉町八知3541番地の「saku朔 シロの牧場」で11月3日(祝・金)、「朔フェス2017~精霊が宿る山の祭り」が開催される。
受付11時半~、開演12時半、終演16時半。
主催=日本料理「朔」、ひらのきかく舎。晩秋の休日に、音楽と食とアートを存分に楽しめる野外フェスティバル。
◆出演者は──▼NETWORKS=〝うれしい3人組〟▼くまとえり=ギターとオルガンを中心に、時に鼻笛を交えてゆったりと音を奏でる▼アラキフミエ=シンプルなスタイルで、真っ直ぐ心に響く音楽をめざす▼Choji=自然と向き合う暮らしに学び、地域に根ざして活動する▼大岡英介=アンビエントな即興ギター、DJなど幅広い表現で活動する
◆マルシェの内容は──▼アトリエ・エレマンプレザン(グッズ)▼朔(柿の葉寿司、飲み物)▼而今禾(お茶)▼節知(おやつ)▼千寿(天むす)▼月の庭(汁物)▼火の谷ビール(地ビール)▼Colorful Coffee(コーヒー)▼HOA BINH TABLE(ハンバーガー)
◆料金は大人=3千円、中高校生=千五百円(当日+五百円)。駐車場=千円(要予約・徒歩30分の無料駐車場もある)。
◆会場の駐車場に限りがあるため来場については、①できる限りJR名松線の利用を(会場は伊勢鎌倉駅から徒歩15分)②車で来場の際は乗り合わせを③車は詰め込み駐車のため、途中退場ができないので注意
◆雨天決行、荒天中止。中止の場合は当日7時に専用HPで発表
◆予約方法=日本料理「朔」☎080・6928・3939、またはひらのきかく舎へメール(hiranokikakusha@gmail.com)。氏名・連絡先・参加人数・交通手段を伝える。

大きな「蓮ダム」も見学

大きな「蓮ダム」も見学

三重県は毎年10月を「三重のもりづくり月間」に定め、三重県の森林、森づくり活動への関心を深めてもらう目的で県内各地で森林や木に関するイベント「森の学校」を行う。主催=三重県、企画・運営=みえ森づくりサポートセンター。
松阪地域では10月22日(日)8時半~17時まで、森林や林業、樹木、昆虫などの話を聞きながら櫛田川に沿って見学するバスツアーを開く。荒天中止。
スケジュールは、8時半集合(県松阪庁舎)・8時50分(松阪駅西口)~道の駅茶倉(樹木や昆虫の観察。森林・林業とシイタケの講話)~水屋神社(県の天然記念物に指定されている樹齢千年の大楠見学と歴史や木の話)~蓮ダム(ダム見学と講話。昼食)~道の駅飯高で休憩~ウッドピア松阪(木材の講話と木工クラフトでミニラック作り)~16時半・松阪駅着で解散、16時50分・県松阪庁舎着で解散。
帽子・温度調節ができて汚れてもいい服装、タオル、歩きやすい靴で。雨天決行なので雨具、弁当、飲み物を持参。
対象は県内在住の小学生でその保護者。定員15家族。参加費無料。
申し込みは、所定の用紙かメール(miemori_oubo@zc.ztv.ne.jp.もしくはFAX059・261・4153で、参加者全員の氏名・生年月日・年齢・代表者の住所・電話番号・FAX番号・メールアドレス・乗降場所を送る。
締切りは10月13日(金)17時必着。申込多数の場合は抽選。
問い合わせは、みえ森づくりサポートセンター☎059・261・1223。

[ 4 / 5 ページ ]12345