第43回公募写真展「視点」三重巡回展が11月21日㈬から25日㈰10時~18時(最終日は16時)、アスト津5階アストプラザギャラリーで開かれる。主催=同巡回展委員会、主幹=日本リアリズム写真集団。入場料200円。
「視点」は1年かけて全国を巡回する日本最大級の公募展。毎年多数の写真愛好家やカメラマンが応募する。今年の応募総数は648名、1185作品(2979枚)。うち入賞・入選は174名、174作品(720枚)。視点大賞には3年連続で日本リアリズム写真集団三重支部の会員が受賞している。
巡回展特別企画として「第10回組写真講座」を11月24日㈯に開講する。講師は現代写真研究所の英伸三所長(14時~17時、アスト5階研修室B。参加費500円)。
また、「視点」三重展フロアレクチュアも開催(10時~11時半。会場にて)。講師は日本リアリズム写真集団理事の中西篤行さん。尚、会場では「2018年日本リアリズム写真集団三重支部写真展」も併催される。
問い合わせは☎059・232・1781山口さん。