大神神社の標識(奈良県桜井市慈恩寺)

大神神社の標識(奈良県桜井市慈恩寺)

この日のゴールの桜井駅

この日のゴールの桜井駅

大和は 国のまほろば たたなづく 青垣 山ごもれる 大和し美し。
古事記に収められた日本武尊の有名な歌。舞台は、この奈良県桜井市である。私は彼が最期を迎えたという能褒野(現在の亀山市)からほど近い場所で生まれ育ったので、日本武尊はとても馴染み深い存在。幼少期、幾度となく彼の英雄譚に想いを馳せ、大学の卒業論文のテーマにもした。そもそも三重という県名も彼に由来している。
日本武尊からは話がそれるが、実は津市と桜井市の歴史的な縁は深い。江戸時代に津藩の領地が市域の大きな割合を占めていたからだ。津藩の交通政策によって伊勢・伊賀・大和三国を結ぶ道路の整備が行われている。初瀬街道から生まれた国道165号。私のこの旅もある意味、過去から結ばれた縁に従った必然と言えるかもしれない。
本筋に話を戻そう。現在地は国道165号の桜井市慈恩寺付近。目的地と定めた桜井駅まで2・5㎞。何事も無ければ、あっという間に辿り着いてしまうので、いささか物足りない感じはする。逡巡していると、道路標識には「大神神社」の表記。「おおみわじんじゃ」の名の通り、額田王の歌「味酒 三輪の山 あをによし…」などでも有名な三輪山を御神体にした神社。三重県のアイデンティの一つになっている伊勢神宮とも関係が深い。桜井市は何かとご縁を感じることが多い土地であることを改めて実感する。
国道沿いではないが、スマートフォンの地図アプリで桜井駅からの距離を調べてみると徒歩圏内。「よし!ゴールの桜井駅から大神神社に寄っていこう」。心が決まると足取りが羽のように軽くなる。桜井駅に向かう国道沿いには、福岡県宗像市の「宗像大社」と同じく宗像三女神をまつる宗像神社や、国史跡の桜井茶臼山古墳など、歴史ロマンを掻き立てるスポットもある。
私はそれほど歴史に詳しいわけではないし、まして専門的な教育を受けたわけでもない。ただ、年を取ればとるほど、歴史に興味を持つ人たちの気持ちが理解できるようになった。
同じ景色を見ていても、歴史的な背景を理解しているかどうかで一度に手に入る情報量がまるで違うからだ。人の営みは、無数の点が連なって構成される線のようもの。その線を束ねた縄のような存在が歴史である。歳を重ね、自分に与えられた命が短くなればなるほど、情報収集の効率化が求められる。旅先で初めて目にした景色の中でさえ、縄を見出し、手繰ることが出来れば、多くの情報を手に入れることができる。若い頃に一度行った場所に歳を重ねてから訪れると見え方がまるで違う。よく若返りたいという話を聞くが、私は今よりも更に無知だった状態に戻ることが恐ろしい。死という全ての人に等しく約束された幕引きが近づくにつれ、生命を効率的に使う術が自然と身についていることに、神秘性を感じずにはいられない。
眼前に流れる見知らぬ街の見知らぬ景色を愛でながら進むと、ほどなく桜井駅のJR側に到着。今日の行程としては無事にゴールを迎えられたが、エキシビジョンマッチと銘打って、ここから北へ2㎞ほどの大神神社へ向かう。(本紙報道部長・麻生純矢)