公開記者会見の様子(県総文にて)

公開記者会見の様子(県総文にて)

6月22日、三重県総合文化センターで母親たちを中心とした消費者団体「ママエンジェルス三重チーム」が市民参加型の公開記者会見を行った。
同団体は、国内外の220チーム2000人以上が登録しており、母親や父親目線から子供たちのために、生命や健康を守るために、行政関係者などとの対話を続けている。
今回は北口貴啓さん、谷崎富士子さんら三重チームのメンバーたちが主催。テーマは、接種が進む新型コロナワクチン。ワクチンの接種は選択制であるにも関わらず、学校や職場でのワクチンハラスメントや事実上の強制接種が進んでいることなどを指摘。参加者たちからも、医療や教育の現場でワクチン接種を強要された事例などが寄せられ、接種する人、接種しない人の双方の意見が尊重されるべきであると訴えていた。