11月22日、松阪肉牛〝七保肉牛〟の女王を決める『第17回大紀町七保肉牛共進会』が、度会郡大紀町野原のJA伊勢経済2課肉牛出荷場で行われた。主催=同町七保肉牛共進会。
同共進会は旧七保村、旧大宮町時代から数えて今年で68年目。今回は七保和牛部会から11の肥育農家が未経産牛50頭を出品した。今年は11月27日に、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、中止されていた「松阪肉牛共進会」が3年ぶりに開催されたが、近年では同部会に所属する肥育農家が上位を占めるなど、非常にレベルが高いことでも知られる。
今回も審査委員長である県畜産研究所大家畜研究課の岡本俊英主幹研究員らが一頭ずつ厳正な審査を実施。優れた肉質・肉量を兼ね備えた素晴らしい牛が揃い、肥育農家たちの弛まぬ日々の努力と情熱が伺えた。
審査の結果、最高賞の優等賞1席は、岡田一彦さん(77)肥育の「よしみ7」号695㎏が輝いた。
岡田さんは肥育歴50年を超える大ベテランでこの共進会での優等賞1席は昨年に続いて2年連続の快挙。更に11月27日に開かれた「松阪肉牛共進会」でも、チャンピオン牛である優秀賞1席を育て上げ、同共進会では計三回の栄冠を獲得するなど、素晴らしい実績の持ち主でもある。
岡田さんは、今回一席を獲得した牛の名前は岡田さんの妻と同じ「よしみ」であることを喜び、「牛を育てるのが楽しくて仕方がない」と顔をほころばせた。
今回出品された50頭を全て購入した津市北丸之内の精肉店・朝日屋の香田佳永社長は「背中からモモにかけての張りやバランスが素晴らしい牛だった。七保和牛部会は年々レベルが上がっており、今年の松阪肉牛共進会には16頭が選ばれた。そういったことも肥育農家の励みになれば良い」と笑顔で話していた。
今回朝日屋が購入した50頭は、12月15日から開催される「名牛まつり」にて通常価格で販売される。