地域

岡田米山人《青緑山翠図》1819年

岡田米山人《青緑山翠図》1819年

三重県立美術館で9月23日(金・祝)から開館40周年記念企画展「岡田米山人と半江 展」が開かれる。会期は11月6日㈰まで。
江戸時代の大坂(現・大阪)に、ある米屋の親子がいた。父の名は岡田米山人(1744~1820)、子は岡田半江(1782~1846)。
父の米山人は、米屋でありながら書画のうまい変わり者として当時大坂で名の知られた存在だった。やがて津藩にその才能を認められ、父子二代にわたり津藩の大坂屋敷に勤めることとなる。父子ともに、商人あるいは役人として都会の喧騒に身をおきながら、心は自由であろうとし、友人知人とよく遊び、意のおもむくままに筆をはせて、画家として独自の境地を開いていく。今日、米山人と半江は、江戸時代後期の代表的な文人画家として評価されている一方、その作品を観覧できる機会は多くない。
今展では、米山人と半江の回顧展として、46年ぶりにまとめて公開する。

岡田半江《春靄起鴉図》1841年

岡田半江《春靄起鴉図》1841年

開館時間は9時半~17時(入館は16時半まで)。観覧料は一般1000円、学生800円、高校生以下は無料。休館日は毎週月曜(但し、10月10日は開館)、10月11日。問い合わせは☎059・227・2100。
本紙読者5組10名に招待券をプレゼント。希望の方は葉書(〒514の0028、津市東丸之内26の12、三重ふるさと新聞「美術館」係)・FAX(059・222・3331)・メールfurusato@ztv.ne.jpで、郵便番号・住所・氏名・年齢・連絡先を明記してお送りください。多数の場合は抽選。締切は9月29日必着。
尚、当選は券の発送をもって代えさせて頂きます。

「かざはやさんちのはちみつ」をPRする湖畔の郷 風早の利用者

「かざはやさんちのはちみつ」をPRする湖畔の郷 風早の利用者

「かざはやさんちのはちみつ」

「かざはやさんちのはちみつ」

社会福祉法人『正寿会』=伊藤重之理事長=が運営する障害者の生活介護センター「湖畔の郷 風早」では、周囲の豊かな自然の中で採れたハチミツを「かざはやさんちのはちみつ」として商品化した。
このハチミツは、同じく正寿会が運営する伊勢温泉ゴルフクラブ内にある福祉と環境が融合した花園『かざはやの里』にニホンミツバチの巣箱を設置し、1年かけて集めたもの。20年以上趣味で養蜂をしている谷徹さんが指導している。蜜は花園に植えられたフジなど花だけでなく、かざはやの里の周囲に広がる豊かな自然の中のサクラやクリなど四季折々の花から集めたもの。数年前から試行錯誤を繰り返す中で、ミツバチの天敵であるスズメバチに巣箱を襲われるなどの苦難も経験したが、ようやく十分な収量が得られたため商品化にこぎつけた。
そのハチミツを瓶詰めにしたものが「かざはやさんちのはちみつ」。希少価値の高いニホンミツバチが様々な花から集めたハチミツは非加熱の純度100%。豊かな風味と上品な甘さが楽しめるのが特徴。同施設の利用者と職員が瓶詰め作業などを行っている。ラベルの可愛いミツバチのイラストは利用者が描いたものを採用した。
価格は150g入りで2200円(税込)。これまで、かざはやの里の花まつりなどで販売もしてきたが、購入した人たちから好評の声が届いているそう。
明日23日には、ぎゅーとらラブリー久居店=津市久居西鷹跡町=で数量限定で販売。正寿会が運営する他施設の雑貨品なども一緒に店頭販売する。ハチミツはそこで完売すれば今シーズンの分は終了する見込み。
来シーズンに向け、かざはやの里内に蜜が採れやすいレンゲを植えるなど、増産のための新たな取組みも行っている。
問い合わせは☎059・256・2600。

演奏するシエンプレ

演奏するシエンプレ

13日、三重県文化会館小ホールで、津を拠点にラテンの名曲を中心に演奏活動しているボーカル・ユニット『シエンプレ』による津城復元を草の根で応援するライブ「第7回・セイ・アミーゴ」が開かれた。
『シエンプレ』は、南山大学在学中にラテングループとして全国的に名を馳せた林敬天さん、クラシックピアノ・合唱畑の藤堂千秋さん、パーカッションの森和広さんで構成。新型コロナウイルス感染症の影響で3年ぶりの開催となった。
2部編成で第1部は、ギターの花崎理さんとウッドベースの坂口修平さんによるデュオが登場。アメリカンポップスのスタンダードのオールオブミーやナット・キングコールのヒットで知られるバラードのテンダリーなど4曲を披露。
続く第2部でシエンプレが登場。日本ではコーヒールンバとして知られる「コーヒーを挽きながら」や、世界的大ヒット曲「ベサメムーチョ」はを情感たっぷりに演奏。友情出演の日本尺八連盟竹師大師範・岡本莫山さんも登場し「その名はフジヤマ」を演奏した。
ライブ売上金の一部と聴衆から寄せられた3万9903円が津城復元の資金として津市に寄付された。

[ 1 / 1,776 ページ ]12345...102030...Last »