地域

ゴジラのジオラマの前で…山口さん

ゴジラのジオラマの前で…山口さん

津市美里町北長野の「美里ふるさと資料館」で、津市殿村在住の山口幸伸さん(45)のジオラマ展「幸伸展」が開かれている。入場無料。会期は8月29日まで。月曜休館。
会場にはゴジラ、ガメラ、ウルトラマンなどの特撮を始め、山口さんが好きな映画、アニメ、ゲーム、絵本などのシーンを題材にしたジオラマや甲冑姿の自作武将フィギュアなど計36点が展示されている。展示作品は、約12年をかけてつくったもの。
ジオラマは、市販のフィギュアやプラモデルに塗装や改造を施したものを主役に据え、各作品の劇中でも特に印象深いシーンを再現している。ゴジラが迫る勝鬨橋、ギャオスが巣をつくった東京タワー、ガメラが戦った京都駅など名シーンの舞台となった建物は、プラスチックの板や棒を細かくカットし、丹念に貼り合わせて自作。実在する建物は、現地にまで足を運んで観察し、細部にまで、こだわり抜いた非常に繊細な作業でリアリティーを追及している。
山口さんは「ジオラマを見て頂いた方に、『ああ、あそこだ!』と各作品の名シーンを思い出して頂けたら嬉しい」と笑顔で話す。

園児の願いを乗せて天に向けて飛び立つ風船

園児の願いを乗せて天に向けて飛び立つ風船

七夕の7日、津なぎさまちで、公益社団法人・津青年会議所=森本晃圭理事長、以下津JC=が、子供たちの願い事を書いた短冊を付けた風船を天に向けて届ける「バルーンリリース」を行った。
津JCでは、毎年岩田川にかかる観音橋から子供たちが笹飾りを流す「つ七夕笹流し」を行っているが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で中止にしたため、代わりに行われたイベント。津市内約30の幼稚園と保育園の園児たちの願い事を書いた短冊を集め、風船300個に付けた。風船、糸、短冊共に自然の中で簡単に分解されるものを使用し、環境への配慮も万全。
なぎさまちの突堤から津JCメンバーたちが天に放った風船は、子供たちの願いを乗せて高く飛び立っていった。

雨が降って降って、家の前の道路が水浸し。一応側溝の様子を見ておこうと外へ出たら、水の中に大きなミミズがいた。直径は一センチ近くありそうで、長さは二十センチを軽く超えている。
ミミズは鉢巻きのある方を前に水の中を移動している。泳げるようだ。水の中で呼吸ができるかと、しばらく見ていたが、頭や体を水面に上げるでもなく、目的があるかのように進んでいく。
土の上でよく見る体をくねらせる動きではない。伸びたり縮んだりの繰り返しの泳ぎ方に、アコーディオン、蛇腹、疎密波などの言葉を連想した。
ミミズには目がないから「目見えず」でミミズと呼ばれると聞いたことがある。このミミズは意思を持ってどこかに移動しようとしているようだが、匂いで目的地を判別しているのか、他に感知する術があるかと、興味深い。 こんなにもミミズに注目したことはない。ぬらぬらと薄橙色した肌も、うねうねと身をくねらせる動きも、可愛らしい生き物とは言えない。雨中の暫しの観察で、気持ち悪いと目を背けがちな生き物でもよく見れば面白いと気が付いた。
結構長く生きてきて、見るべきものはそれなりに見たと思っていたが、注意深く見れば、また見えるものが違う。発見がある。遠くへ出かけたり、お金をかけたりしなくても、新しい経験はできる。
(舞)

[ 1 / 1,702 ページ ]12345...102030...Last »