社会

江戸時代には津藩の特産品として将軍家にも献上されていた高級織物「津綟子」は現存数が非常に少なく幻と言われているが、津市在住の郷土史研究家・浅生悦生さんが、芸濃町の旧家より明治後半に作られた男性用の襦袢地(肌着用生地)を発見。これまでの発見例では、最後期の品にあたり、その実態や歴史を明らかにするのに貴重な資料となる。また、同時に明治期の貴重な古写真も大量に発見されている。

 

 

大量の古写真、津綟子を手に…浅生さん

大量の古写真、津綟子を手に…浅生さん

津綟子と古写真が発見されたのは、芸濃町椋本の旧家の駒田家。明治期に4代目・駒田作五郎(1849~1895)が茶栽培を始め、明治14年(1881)に、製茶輸出会社を設立。明治41年に大日本製茶株式会社を設立するなど、紅茶輸出で財を成しただけでなく、紅茶をパリ万博にも出品している。近年まで医業を営んでいたが廃業している。家の取り壊しに当たり、現在の所有者より浅生さんに依頼があり、調査したところ、津綟子の襦袢地と、明治期の古写真を大量に発見。
津綟子は江戸時代から大正時代にかけて、現在の津市の美濃屋川流域沿いの主に現安濃町で生産されていた苧麻(からむし)などを材料にした綟り織。高い技術力と独自の製法によってきめ細かい隙間が生まれるため、通気性に優れ夏物衣料(肩衣、袴など)や蚊帳などの素材に重宝された。江戸時代には津藩が誇る特産品であり、将軍家への献上品や他大名家への進物にもされ、製法は門外不出で厳しく品質が管理されていた。木綿織物と比べると生産には多大な労力と卓越した技術が必要なため、武士の公服が必要なくなった明治期に衰退し、昭和初頭に完全に姿を消した。資料には存在が記されているものの、長きに亘って、実物が見つからず、幻の織物といわれてきたが、近年では県指定文化財の肩衣など数点が発見され、調査研究が少しずつ進んでいる。
今回発見された明治後半につくられた襦袢地は幅33㎝、長さ553㎝で男物の肌着一着分に相当する。津の町で最後まで残っていた津綟子を扱う商人の河邊清右衛門が販売したことを示す商標がついている。商標がついている物の発見は初めてで、現存する津綟子の中では最後期に生産されたものに当たる。当時の資料に記載されていた内容を裏付ける発見で、幻と呼ばれる津綟子の歴史や製法をより深く知るためにも貴重な資料となる。
そして、津綟子と同時に、明治初期の古写真計201点も発見された。当時の写真は、卵白を媒体とした印画紙をガラスのネガと密着させて焼き付ける手法で現像。いわゆる鶏卵紙写真は、相当な貴重品だった。発見された写真の多くが名刺大で、政治家、軍人、経済人を中心とした人物写真と風景写真が占める。裏書に、作五郎への宛て名書きがあるものも混じっていたので、浅生さんは事業や県会議員として、多くの人と交流したり、全国各地の旅先で手に入れたものと推測した。しかし、人物写真の顔ぶれの中には、放送中の大河ドラマの主人公を務めている渋沢栄一や、五稜郭で散った新撰組副長・土方歳三など幕末から明治にかけて活躍した有名人の写真も多数含まれているため、作五郎と実際に交流があった人物だけでなく、当時販売されていたブロマイドも含まれているとも推測している。中には明治に現在の津市大門にあった写真館・塩見舘で撮影された写真もあった。県内で、これだけ多数の鶏卵紙写真が発見されたのは初。今後の研究が期待される。
浅生さんは「まだまだ旧家などには、貴重な資料が眠っている可能性があるので、今回の発見が更なる新資料の発見のきっかけにもなれば嬉しい」と期待する。

統廃合等で役割を終えた公共施設の利活用と多文化共生は行政が抱える大きな課題。津市芸濃町北神山では、閉園となった『旧津市立安西雲林院幼稚園』を、津市が外国人技能実習生を教育支援する組合との賃貸契約を結んだことに対し、地域住民が反発している。今後の社会情勢を踏まえると、いずれ様々な地域で類似の事例が起こり得る可能性があり、広く、どう向き合っていくかを考えるべき事例といえる。

 

 

「旧安西・雲林院幼稚園」

「旧安西・雲林院幼稚園」

旧安西雲林院幼稚園=津市芸濃町北神山=は、芸濃地域の幼稚園と保育園を統合して整備した津市立芸濃こども園に統合される形で令和2年3月末に閉園した。園舎は築40年ほど。床面積が436㎡の鉄骨平屋建で堰堤を含む総敷地面積は約1250㎡。
少子高齢化による人口減少が加速していく中、公共施設は新たに建てる時代から、既存の施設を管理しながら、地域の人口やニーズに合わせて役割を集約するために統廃合していく時代となっている。同園のように役割を終えた公共施設は、必要に応じて利活用したり、土地や建物を売却して処分し、歳入を確保するといった判断が行政に求められるようになっている。
津市では、役割を終えた公共施設が出た場合、まずは近隣の地域住民に利活用案があるか確認している。今回の安西地域の場合も、地域住民に確認はとったが、同園に隣接する旧安西小学校を地域のコミュニティスペースとして活用しているため、利活用案は出なかった。確認後の昨年4月、6カ国(ベトナム、モンゴル、中国、フィリピン、タイ、インドネシア)から受け入れた外国人技能実習生に日本語教育を施し、日本全国の企業にマッチングを行っている協働組合「亜細亜の橋」=津市芸濃町椋本、小倉武俊代表理事=から日本語研修の場として使いたいとの申し出が施設を所管する津市芸濃総合支所にあった。支所は昨年8月、当時の北神山自治会役員に対し、同組合から利活用案が出ていることを伝えていた。ここでのやりとりから地域住民側としては、正式に契約を結ぶ前に、市が事業者の紹介や利活用案について、説明会を開くものと認識していた。しかし、両者の認識に食い違いがあり、地域に情報が十分行き渡らないまま、市は今年2月1日から3月10日までインターネット上と総合支所への貼り紙による公告を実施。公平・公正を来すために、他の利活用案のある候補者を募ったが申請は無く、事業の公共性などを評価する審査を経て同組合と市は正式な賃貸契約を結ぶこととなった。
今年4月、両者の契約が結ばれた事実を支所の担当職員から報告された北神山の自治会役員は驚き、〝事後報告〟だと強く反発。市とは前向きに話し合う場を持つ姿勢は見せているものの、「まだこのことを知らない地域住民も多い。納得のいくように話をしてほしい」と憤りを隠せない。同支所の担当職員は「地域の皆様にご理解を頂けるように話をしていく」と陳謝する。また、同組合の小倉代表理事も「施設を実習生の研修に使うのは年間40%ほど。残り60%は地域で暮す外国人就労者や子供に対して日本語教育や日本文化への理解を深めたり、地域交流するボランティア活動の場としても活用したい」と説明した上で、「地域の皆様との話し合いにも参加したい」と語る。
今後も役割を終えた公有財産の適切な管理は行政の大きな課題となるが、維持管理コストなどを加味した市全体の利益を考える大局的な目線と、立地する地域のニーズを考える局所的な目線を両立した非常に繊細なかじ取りが求められる。
とりわけ幼稚園や小学校は地域住民の思い入れが強く、統廃合の議論でも意見が分かれやすいデリケートな場所。地域住民からある程度の同意や協力を得るためには、正確な情報を拡散した上での話し合いが必要となる。しかし、地域コミュニティのあり方も変化しており、ひと昔前のように地域の取りまとめができる〝顔役〟は稀有な存在に。地域全体に正確な情報を浸透させること事態が難しくなっている。
また、外国人の労働力に期待する場面が増えたこともあり、多文化共生は身近なキーワードにもなっている。特に北神山は、北神山工業団地で働く外国人労働者と地域住民との間で交通マナーなどを巡る日常的な摩擦が住民の反発を招いた側面もある。一方、外国人に日本語や日本文化を適切に学ぶ教育を施し、社会から脱落しない環境を整えることが結果としてマナー向上や、犯罪抑止に繋がるのもまた事実。同組合のような存在も、社会に求められている。
今後も増えていく役割を終えた公共施設の適切な利活用と多文化共生は市政の大きなテーマ。その二つが同時に顕在化したのが今回の事例といえる。社会情勢的に同様の問題は、どの地域でも起こる可能性があるだけに市として一層慎重な対応を心掛けるだけでなく、市民全体で、どう向き合うか考えるべき問題と言えるかもしれない。

5月8日㈯に津市大門周辺で「津ぅのどまんなかジャズフェスティバル」が開催される。収束が未だ見えない新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、危機的状況が続く音楽文化を守りたいという思いも原動力となっており、安全に生演奏が楽しめるよう観客を事前登録の予約制にするなど創意工夫を凝らした感染予防対策も行う。今年は6会場26ステージでプロアマミュージシャンの多彩な演奏が楽しめる。

 

会場の一つBRANステージでポスターを手に…南出さん

会場の一つBRANステージでポスターを手に…南出さん

同フェスは2015年から津市大門周辺を会場に毎年開催。津市の中心市街地で生演奏が楽しめる本格的なジャズイベントとして親しまれてきた。昨年はコロナ禍によって一度は中止を決断したが、演奏の機会を失い、苦しむミュージシャンやライブハウスの苦境を目の当たりにし、音楽本来の形である生演奏を楽しんでもらう場を提供できないかと昨年9月に開催。新型コロナに対抗するというスローガン「Against COVID-19」と掲げ、感染拡大防止策を徹底。今年もそのスローガンを受け継ぎ、新しい生活様式に即した形でイベントを開催する。
今年は津市まんなか広場、津センターパレスホール、神楽洞夢、和院、BRAN、Heart ぽっぽの6会場で計26ステージ。ゲストミュージシャンは、津市出身の世界的ビブラフォン奏者・大井貴司や、同じく津市出身で愛知を拠点に活躍するベーシスト・長谷川英喜を始め、ピアニスト平光広太郎率いる平光広太郎トリオなど。プロアマ問わず、多彩なミュージシャンが出演する。神楽洞夢ではプラネタリウムとジャズのコラボも。
感染症対策として、全公演事前登録制で参加希望者は、同フェスHPから名前や住所などを入力した上で予約が必要。参加希望者の居住地の感染状況などを予め確認し、各公演の予約をした人のみが入場できる。公演毎に入れ替えを行い、受付時の検温、会場の消毒、各会場の定員はソーシャルディスタンスを確保できる人数のみと、三密の回避も徹底する。
会場の一つのBRANはライブステージを備えたスタイリッシュなカフェバーとして、今年3月にリニューアルオープンしたばかり。コロナ禍による苦境は続くが、店主の南出雄斗さんは「フェスを通じて、音楽を楽しむ人たちが繋がれる機会になれば」と笑顔で語る。
実行委員会代表の鵜飼仁さんは「コロナ禍で例年と比べると小規模ではあるけれど、安心安全で楽しめるイベントにしたい」と話す。
今年も様々なイベントが中止になっているが、未だにコロナの収束は見えない状況。イベントの在り方そのものが大きく変化していく中、文化の灯火を消さないように創意工夫を凝らし、時勢に即した形で継続している点もこのフェスの魅力。中心市街地に響くジャズの音を心待ちにしたい。
各公演観覧無料だが事前登録が必要。各公演は自由に登録できるが、必ず参加できる公演だけに事前登録をすること。BRAN、和院、Heart ぽっぽは要ワンドリンク。事前登録と公演予約はこちら

[ 1 / 90 ページ ]12345...102030...Last »