社会

 『津城復元の会』=西田久光会長=は設立1周年記念事業として、3月8日㈰13時より、津リージョンプラザお城ホールで『津城復元資金造成和太鼓ライブ 一打伝心~安濃津奏鼓』を開催。津・高虎太鼓(本隊、津青年会議所津・高虎太鼓、津・高虎太鼓華乃津会)と美里龍神太鼓、津商工会議所青年部元気玉太鼓の3団体5チームが協賛出演し、津城復興という大きな目標に向かって、力を一つにして熱い演奏を繰り広げる。

 

練習をする津・高虎太鼓少年隊

練習をする津・高虎太鼓少年隊

協賛出演各チームの代表的奏者たち

協賛出演各チームの代表的奏者たち

 同会は、築城の名手として知られる津藩祖・藤堂高虎公の居城で、津市が誇る歴史的財産である津城の復元を目的に昨年3月設立。「NHK大河ドラマ『藤堂高虎』を誘致する会」「藤堂藩五日会」「ときめき高虎会」「津市議会お城を活かしたまちづくり推進議員連盟」「津・お城の会」が共同で活動する任意団体。
 同会が当面の目標として掲げるのは津城北面部分の復元。総工費は約6億円。これまで、毎月の松菱を始め、市内のイベント会場や東京の三重テラスで募金を実施。趣旨に賛同した企業・団体にも募金箱を寄託している。
 そして、この復元運動のもう一つの柱が、津市のふるさと納税制度「ふるさと津かがやき寄附」の使途項目「津城跡の整備」(この項目宛への寄附が全額復元資金として積み立てられていく)の利用呼びかけだ。 その成果もあり、約1年前に新規項目として追加されてからこれまでで236件約1038万円もの寄付が集まった。募金の方も、65件(推定3287人)約107万円。計3500人以上から1100万円以上の寄附が集まっている。
 順調な滑り出しと言えるが、復元の実現には更なる市民の協力が不可欠なため、同会では復元運動のアピールと資金造成を兼ねたイベントを企画。そこで西田会長が旧知の仲で、優れた和太鼓奏者で指導者としても知られる津・高虎太鼓の水谷忍さん=津市稲葉町=に協力を要請したところ快諾。水谷さんの呼びかけで津高虎太鼓(本隊、津青年会議所津・高虎太鼓、津・高虎太鼓華乃津会)、美里龍神太鼓、津商工会議所青年部元気玉太鼓の協賛出演が決定し、3団体5チームによる和太鼓ライブが実現した。
 ライブの内容は、オープニング、第1部「津城物語」~中世安濃津から城下町津へ~と第2部「一打伝心」~継承から未来へ、で構成。「津城物語」は、安濃津から織田信包の津城築城、冨田信高時代の津城籠城戦、高虎公による藩政の立て直しなど、中世から近世の津の歴史をナレーションと和太鼓演奏で綴る。「一打伝心」では、それぞれが得意曲を演奏する。
 今回ステージに上がる、津・高虎太鼓の小1~高校3年の約60名による少年隊も津市河芸庁舎の郷土芸能練習場で毎週日曜日に水谷さんらの指導を受けながら熱の入った練習を続けている。第1部で高虎公や津城に因む曲を演奏する予定。
 西田会長は「津に素晴らしい城があったことを知らない方も多いので、PR活動は非常に重要。古図面にも記されているが、津城には太鼓櫓があり、そのおかげか協賛出演チームとの縁ができ非常にありがたい」、水谷さんも「復元された津城を中心に地域のイベントが開かれるようになってほしい」と大きな目標に向けて心を一つにする。
 全自由席、前売り1000円、当日1500円。収益金は当日の会場募金と合わせて、「ふるさと津かがやき寄附」の「津城跡の整備」に寄附する。
 問い合わせ☎090・3933・6061(西田)または☎090・8869・7528(小菅)へ。

 先月、NPO法人『アトリオ』=津市久居元町・山口友美理事長=が文部科学省の「平成26年度キャリア教育優良教育委員会、学校及びPTA団体等文部科学大臣表彰」を三重県内のNPO法人で初めて受賞した。同法人は、県内の学生を対象としたインターンシップなどを通じ、〝働く〟ために必要な経験を提供。学校・企業・地域をつなぐコーディネーターとしてのキャリア教育推進への寄与が評価されての受賞となった。

 

 『幸せな仕事をしている人でいっぱいの三重をつくる!』をスローガンに掲げるアトリオは、平成24年度より三重県教育委員会の業務委託でキャリア教育推進に向けた学校と受け入れ先となる事業所や経済団体などをつなぐコーディネーターとして活躍している。
 今回の表彰は、文部科学省がキャリア教育の充実発展に尽力し、顕著な功績がある教育委員会・学校・PTA・団体などに対して、その功績を称えるもの。しかし、ほとんどの受賞が学校が対象でNPO法人は全国的にも珍しい。

 

 

表彰を喜ぶア・トリオスタッフ(右から2人目が山口理事長)

表彰を喜ぶアトリオスタッフ(右から2人目が山口理事長)

 評価を受けたのはまず、同法人が県教委・県内大学・企業・県子ども家庭局・県雇用経済部と共に始めた三重県広域公募型のキャリア教育コーディネート事業「三重チャレ」。この事業では2種類のプログラムを行っており、1つは小中高生向けの「しごと密着プログラム」。子供たちが地域の事業所で働く人に約半日密着し、「仕事に対する姿勢」や「職場の様子」などを観察することで働くことについて考える。ここでは仕事そのものを体験するのではなく、働く人を間近で観察し、仕事に対する思いなどを直接聞くことで、将来の夢や進路について考えるきっかけにしてもらうことを目的としている。
 もう一方の「高校生インターンシッププログラム」は県内の公立・私立高校の生徒が自分で受け入れ先の事業者を選び、同法人に申し込む。インターンシップを実施していない学校でも自由に参加でき、事前研修では企業研修や目標設定、ビジネスマナーを学べるというもの。そのほかにも、高校生を対象にした就職支援セミナーやキャリア教育支援協議会への参画も表彰の理由になっている。
 ニートや早期離職する若者の増加は深刻化しており社会に出て生き抜く力を育むキャリア教育の推進に文科省も力を入れている。しかし、現場の教師たちは従来の職務だけでも多忙を極めており、子供たちに充分なキャリア教育を行うことは相当な重荷になっているのも事実である。そのため学校間で取り組みの内容に差が出てしまっている。
 そういう意味では県内全域をカバーし、全ての子供たちが質の高いキャリア教育を受けられる機会を与えている同法人が果たす役割は非常に大きいといえる。
 高校を卒業した学生の県外流出も問題になる中、次代を担う若者たちに県内の企業の素晴らしさを伝えるきっかけにも繋がる同法人の取組みは地域活性化にも必要不可欠といえる。今後も学校・企業・地域をつなぐ同法人の更なる活躍に期待が集まっている。

 医師で、松阪市に拠点を置く一般社団法人『i─oh─J!』の代表理事・良雪雅さん(29)は、医師不足や、不要不急な受診の多発によって疲弊する松阪地域の救急医療の再生に、行政や地域と連携して取り組んでいる。同法人では、平成26年度の休日35日間、同市休日夜間応急診療所へ医師を派遣しているほか、救急の適正な利用を啓発する講座などを通じて、住民の、医療・健康に関する知識の向上を目指している。

 

 松阪地域の現在の救急医療体制は、軽症の患者に対する「一次救急」を、かかりつけの医療機関、または内科・外科・小児科がある「松阪市休日夜間応急診療所」が行い、入院が必要な患者を対象とした「二次救急」を3つの総合病院の輪番制で行うというもの。
 この体制が、近年、全国でも問題となっている医師不足と、それに拍車をかける不要不急の受診、いわゆる「コンビニ受診」の多発によって崩壊の危機に瀕している。
 松阪地区広域消防組合の救急出動件数は平成19年から8年連続で1万件を突破し、全国的に見ても多い。そして救急搬送された人の約6割を入院の必要がない軽症者が占めている。
 また同診療所では、医師不足により、26年4月から27年3月の休日のうち35日間、診療の空白日が発生する恐れがあった。
 一方、良雪さんは岐阜県恵那市出身で、高校1年生のとき、アメリカ同時多発テロ(9・11)事件が起こったのを機に「人の命を救う仕事で、自分が将来、一生かける価値がある」と考え、医師を目指した。三重大学医学部を卒業し東京都立の病院で2年間勤務。
 その後、地域医療に携わりたいと思い、山梨県の病院に1年間務めた。
 当時、良雪さんは「皆の健康や病気予防のために病院でできることは限りがあり、生活習慣を変えなければならない」との思いから同県で、スーパーとともに栄養バランスの良い弁当を作って1日300個販売したり、衰退している商店街で高齢者を対象に健康について考えるカフェを開催。住民の健康推進や地域経済の活性化に貢献していた。 そんななか、25年に、松阪市の山中光茂市長との共通の知人から、同診療所の休日診療の空白日の話を聞く。良雪さんは、もし空白日が発生すれば、松阪地域の救急出動が増えたり、受診できない患者が伊勢方面まで流れるなどして、救急医療がさらに危機的な状況になってしまうと危惧。
 同年12月、元同期など若手医師約14名を集めて山中市長らと市の救急医療についての座談会を開いたところ、約9名の医師が、この休日診療への協力を表明した。
 その後、26年4月に同団体を設立。松阪市からの委託業務で、26年度の休日35日に同診療所へ医師を派遣している。この業務で診察を行うのは、良雪さんと、普段は県内や東京、大阪などで勤務し、良雪さんの熱心な依頼に応えて協力している有志の医師24名。内科・外科に交代で勤務している。
 しかし残念ながら、「他の医師から処方された薬が良いのかどうか聞きたくてきた」など緊急性のない受診が後を絶たない。その大きな原因が、地域住民の医療リテラシー(医療や健康に関する知識)不足。
 そこで同団体では、市内外で講演や少人数対象の講座を開き、住民に救急医療の適正な利用を啓発している。
 また、良雪さんは、「松阪の小児救急医療の問題と、解決するにはどうしたら良いかを、地域のお母さん達自身に考えてもらえれば」との思いから、先月19日、市内の3人の母親とともに「まつさか子育てママチーム」を発足した。
 同チームはこの日、市内の母親の子育て支援を行うプロジェクト「まつさかママカフェ」の会議の第1回目を開催。親子や行政職員など27名が参加し、小児医療を含め、子育てに関する様々な分野の課題について活発に意見交換した。
 良雪さんは「医療にしても子育てにしても、住民自身が、地域をつくっていくことが一番大事だろうと思う。住民自身に議論して頂きながら、一緒に良い体制をつくっていきたい」と抱負を話している。
 幅広い視野で、地域や行政と連携し取り組む活動の意義は大きく、今後のさらなる発展に期待が集まっている。

[ 60 / 93 ページ ]« First...102030...5859606162...708090...Last »