社会

「色絵花文皿」

「色絵花文皿」

津市を代表する老舗洋食店『東洋軒』=津市丸之内=が所蔵するオールドノリタケのデザート皿「色絵花文皿」と「色絵文絵替皿」には、洋食の歴史を物語るドラマが秘められている。この皿は明日6日放送のNHKの教養番組「美の壺」でも紹介される予定で、店頭で記念展示も行う。

看板メニューのブラックカレーで広く知られる『東洋軒』。昨年には、東京都港区元赤坂に「東京東洋軒」をオープン。同店はオープンから間もなく「ミシュランガイド東京2015」にも掲載されるなど、国内外で高い評価を受けている。
明日放送のNHKのBSプレミアムの教養番組「美の壺」の『明治、華麗なる陶磁器』の中でオールドノリタケの代表的な作品として紹介されることとなったデザート皿「色絵花文皿」と「色絵文絵替皿」がなぜ、津市の東洋軒

「色絵文絵替皿」と出張料理に使われた木箱

「色絵文絵替皿」と出張料理に使われた木箱

が所蔵しているのかを語るには、洋食文化の歴史をひも解く必要がある。
明治時代。産業革命を背景に世界を股に掛けた植民地獲得を目論む欧米諸国にとって当時の日本は、極東の小さな島国という認識に過ぎなかった。黒船来航以来、長い鎖国政策から転換を余儀なくされた日本で、時の明治政府は、西洋文化を吸収しながら、経済と産業を急速に発展させてきた。とりわけ料理は、その国の文化レベルの高さを示す指標であり、特に西洋料理による国賓の歓待は、外交上においても非常に重要な意味合いを持っていた。
そんな時代背景の中、明治22年(1889年)、東京三田に伊藤耕之進が伊藤博文らの勧めでオープンしたのが西洋料理店「東洋軒」。今年TBS系で放送されたドラマ『天皇の料理番』のモデルとなった秋山徳蔵は東洋軒の3代目料理長であったことは広く知られているが、その他にも料理界の重鎮を多数輩出。宮内省(当時)御用達として宮中で行われている晩餐会の料理を担当するなど、日本の洋食の歴史に大きな足跡を残している。
今回の皿は、その東洋軒が、日本陶器合名会社(現ノリタケカンパニーリミテド)に大正元年(1912年)~昭和15年(1940年)にかけて特注でつくらせたもの。同社は国産の洋風陶磁器を製造し、それを陶器商社の森村組が輸出。欧米で絶大な人気を博していた。その中でも、この皿のように明治から戦前にかけてつくられたものはオールドノリタケと呼ばれ、その美しい姿で今日でも多くの愛好家たちを魅了し続けている。
西洋料理を日本で手に入る食材で日本人の舌に合うよう創意工夫を重ねる内に生まれたのが、日本独自の食文化である洋食。その成立と国産洋食器の国内への普及は密接に係わっており、両者は磨き合うように、互いを発展させていった。
東洋軒所蔵の「色絵花文皿」と「色絵文絵替皿」は全て職人による手描きで花や果物が鮮やかに描かれており、当時の技術水準の高さが一目で分かる逸品。パーティーなどの出張料理で使われていたため、「色絵文絵替皿」は1ダース1セットで当時つくられた木箱に収められている。昭和11年(1936年)の国会議事堂竣工式のパーティーを始め、数々の華やかな舞台を彩ってきた。
津の東洋軒は、稀代の風流人として知られる川喜田半泥子が東洋軒の味に惚れ込み熱心な説得の上、昭和3年(1928年)に出張所としてオープン。後に全国で唯一正式にのれん分けを受け独立。初代の猪俣重勝氏から2代で現会長の重信氏、3代で現社長の憲一氏と約90年にわたり、味と伝統を守り続けてきた。
東京の東洋軒は十数年前に閉店。その歴史の幕を閉じていたが、津の東洋軒の東京進出をきっかけに、猪俣社長と東京の東洋軒の元オーナーとの親交が深まった。その中で、東洋軒の歴史と味を正統に受け継ぐ証の一つとして贈られたのがこの皿という訳だ。
元はのれん分けされた津の東洋軒が、人々に愛されながら約90年の時を重ねる中で成熟。再びルーツである東京へと戻り、本流として伝統を受け継いだことは、日本の洋食文化史の中でも大きな出来事といえる。その象徴ともいえる皿が津市にあることは、津市民の文化レベルの高さの裏付けでもある。
6日19時半よりBSプレミアムで放送される番組の中で、どのように紹介されるかが楽しみだ。再放送は10日11時~、12日6時半~。
東洋軒では、10日~29日、番組放送を記念し、本店の店頭で皿や銀食器の展示を行う。
問い合わせは☎059・225・2882へ。

 上中編に引き続き、独自の取り組みで林業の新たな可能性を見出し、様々なことに挑戦している『三浦林商』=津市美杉町丹生俣=の三浦妃己郎さん(48)に映画『ウッジョブ!』で高まった林業への関心や、林業の未来や潜在能力について聞いた。(聞き手は本紙報道部長・麻生純矢)

林業体験者の指導をする三浦さん(左)

林業体験者の指導をする三浦さん(左)

--昨年公開された美杉町を舞台とした映画「ウッジョブ~神去なぁなぁ日常」でも、撮影にご協力されていましたよね。映画の影響で林業に関心を持つ人が増えたのではないですか。

 三浦 放映されてから1年以上経つのに、全国から真剣に林業体験をしにくる人がいる。テレビ、新聞などに取り上げて頂き、講演する機会も増え、より多くの人に林業のことを知ってもらえるようになった。その人たちに伝えているのは、木に感謝し木を無駄にせず大切に扱う事。木を伐って売るだけが林業ではないという事。東京など都会でのマーケティング木製品の販売、映画やマスコミへの協力、観光ガイド、森林医療なども林業と考える。これらの林業は技術が無くてもできる。

 極論になるかもしれないが、屋久島はあの森を見にくる観光客によって、島の経済が成り立っている。それを本土の森でもやれば、外国から人を呼べるようになる可能性を秘めている。森林の無い国の人からすれば、整備された日本の森林はとても美しくて気持ち良く感じるはず。スギの学名はクリプトメリアジャポニカで、これは日本の宝という意味。津市でも森林の整備が進めば、それ自体が観光資源になる。例えば数字で考えると、美杉の森林だけでも1万8000ha、きちんと森の整備をすれば、数百年のスパンではあるが1haで1億円を生み出すことは難しくない。1haに300年生の木を100本残せば、一本100万円として1億円、美杉町全体で1兆8千億円の財産になる。更に観光収入等を合わせればかなりの金額になる。数千人規模の雇用が生まれると思っている。

 --市域の6割が森林ということを考えれば、津市にとっては非常に夢のある話ですね。行政からはどのような支援があれば良いと考えますか。

 三浦 津市はこれだけ広い森林面積を抱えているのに担当者が1名では負担が多すぎる。もっと力を入れて林業に力を入れてほしい。それとシカ対策。従来のシカ対策では効果がないので、モンキードッグのような天敵をつくることが重要。シカに木の皮を食われれば、中が腐って空洞になるので木材の価値が無くなってしまう。林業家は山の木に世代を超えた貯金をしているようなもの。私たちが木を売って食べていけるのは、植えて育ててきてくれた先人がいるからであり、私たちも未来人のためにいつ引き出せるかわからない貯金を管理していく使命がある。鹿害は例えるなら40年勤めてきて退職金を2000万円もらえるはずが1万円になったようなもの。農業分野の獣害ばかりが取り上げられているが、私は林業と農業の両方をやっているので、次の年またやり直せる農業よりも林業の方が遥かにダメージの大きいことを実感する。

 --最後に林業のこれからについて一言を。

 三浦 これからの林業には希望があふれている。前述した通り、やり方次第では、日本のナンバー1産業にもなれると思っている。

 --大変心強い言葉をありがとうございました。

3日、津市高野尾町の㈱赤塚植物園と同社の栽培見本農場「ヒーサーの森」で『第15回地域が応援するキャリアアップセミナー』が開催された。県内の中高生らが、COの濃度測定をテーマに台湾の学生とネット中継で会議したり、豊かな自然の中で植生観察や昆虫や土壌動物の観察などを実施。参加者たちは環境という世界規模の課題を通じた国際交流や、自然を生かした里山ビジネスの可能性を探るなど最先端の環境学習を体験した。

 

落ち葉や土に潜む生物を観察する参加者たち

落ち葉や土に潜む生物を観察する参加者たち

同セミナーは、地域の未来を担う中高生に、進学などで都会に出たとしても、将来的には三重県や津市で活躍してほしいという願いを込めて三重大学を中心とした産学連携で開催してきた。主催=同セミナー実行委員会。共催=三重大学、名古屋産業大学、三重県教育委員会、㈱赤塚植物園。
今回は三重県内の中学4校と高校7校の生徒と、チームリーダーとして三重大と名古屋産業大学の学生ら計76名が参加した。
冒頭の基調講演では、三重大学の地域戦略センター長で副学長でもある西村訓弘教授が南北格差など、三重県が抱える問題を指摘するとともに、三重県が進める台湾との経済や観光での連携の現状を解説。その上で、中京圏にも関西圏にも接し、工業分野で高い技術を持った企業や有名な食品企業、一次産業分野の生産力など、三重県の力を客観的に評価。県内のGDPは2010年度で7兆3681億円と国家レベルの経済規模を持っている点に着目した上で「三重県からでも世界と付き合いできるし、世界と対等に戦える」と参加者を激励。江戸時代の幕藩制のように、地方が自らの能力を発揮しながら世界でも活躍する「グローカル」をめざすべきと語った。
続いて、名古屋産業大学の協力でCO濃度の測定に取り組んでいる久居農林高校の生徒と台湾の大同高校の生徒がインターネットを通じて「環境テレビ会議」を実施。それぞれが研究の成果を発表しながら、文化や言語を超えた『環境』という共通課題で国際的な交流の可能性を見せた。
その後、参加者たちは、「高野尾地区活性化プロジェクト」の核施設として建設が進んでいる「花と緑と水の里」とも連結する栽培見本農場「ヒーサーの森」へ移動。8haにも及ぶ広大な敷地の中で、グループ別に分かれ、各分野の専門家の引率で植生や昆虫や土壌動物の観察、CO濃度の測定などを行った。
最後に各グループが、同農場の自然環境を生かしたビジネスプランをまとめて発表を行った。
環境は世界規模の課題でありながら、学校の授業だけだけでは子供たちに十分な教育を施すことができていないのが現状。同セミナーは、文科省と日本ユネスコ委員会が推進する持続可能な開発のための教育「ESD」をいち早く実践している全国的にも先進事例といえる。子供たちが国際的な課題を知り、県内から世界を舞台に活躍する足掛かりとなるという意味でも非常に意義深い内容だった。

[ 60 / 102 ページ ]« First...102030...5859606162...708090...Last »