未分類

みえ食文化研究会は6月28日(日)13時~14時半、津市大谷町の学校法人大川学園5階ホールで平成27年度食文化講演会を開く。講師は同学園理事長で、同研究会運営委員長の大川吉祟さん。演題は「三重県における人の一生と食事」。
大川さんは高野山で7年間の半僧半俗生活で仏教学を学び、三重高等学校で日本史担当教員を4年間務めたのちに大川学園に移籍。専門の民俗学分野では三重県下の大正時代から昭和10年までの食生活調査を続けている。
趣味は高校・大学時代からの登山、自身のブログの絵もそうだが、水彩での山姿スケッチ、そして園児と遊ぶマジック。郷土模索も趣味で、著書に「三重県の食生活と食文化」「大台ヶ原山 知られざる謎」「鈴鹿山系の伝統と歴史」がある。日本民族学会、日本調理科学会、日本環境教育学会加入。
今回の講演会は、大川さんの新著「(続)三重の味千彩万彩」の発刊を記念して開くもの。同著書の中では郷土料理を、「年中行事食」「人生儀礼食」「日常食」に分類して編集されており、その中の人生儀礼食を理解する上において重要な人の一生の節目節目を、民俗学的な背景を解説しながら、必然的に習慣化されている様々な食について、長年の地域における聞き取り調査をもとに講演する。
入場無料。定員100名になり次第締切り。会員以外でも参加可能。
申し込みは同研究会事務局(大川学園内)に電話☎津226・3131、FAX津226・3135。メール、chori@ohkawa-gakuen.ac.jpで。
「食文化講演会申込み」であることと、氏名・住所・☎を連絡すること。当日は公共交通機関の利用を。

中村笑子さん

中村笑子さん

農家の主婦が歌います…『第30回ほほ笑会カラオケ大会』が6月28日(日)9時半~16時半、三重県総合文化センター多目的ホールで開かれる。入場無料。先着300名に粗品進呈。また会場で長寿高齢者に別途プレゼントあり(但し20名限定)。
同会主宰の中村笑子さん(73)は津市一身田上津部田で2・7ヘクタールを耕す米作農家の主婦。趣味は歌と花作り。81年、JA津安芸女性部本店教室・櫛形支店教室のカラオケ指導員となり、87年に生徒さん達と「ほほ笑会」を結成。年に一度、農閑期に発表会を開いている。「野良の子守唄」「ほほえみ音頭」「演歌笑子ぶし」などのオリジナル曲を持つ。
特別出演は、松本まさおきさん(キングレコード・一志)。ゲストは音響会の会主で作曲・ヴォイストレーナーの伊藤喜美代さん(久居)。来賓は作詞家の奥村和弘さん(日本作詞家協会・鳥羽)。
友情出演は、河崎せいかさん(キングレコード・伊勢)。協力団体は、音響会・津カラオケ愛好会・でいごの花の会・緋桜会・さつき会・アカシヤの会。踊りの静龍会・若竹会・フラを楽しむ会、ほか多数。
プログラムは3部で構成。1部は「ほほえみ音頭」でオープニング、フラダンスや踊り、懐メロコーナーに続き、デュエットコーナーでは、中村夫妻が「夫婦」を歌う。トリは松本まさおきショーで、代表曲「俺のマグロ船」など、歌と楽しいトークもある(11時半頃)。
2部では来賓作品コーナーを設定。先生ら8名のほか。川崎せいかさんが「~尾鷲節入り~郷愁尾鷲路」を披露。終わりに長寿高齢者へのプレゼント贈呈。
3部は地元カラオケ会の会主も出演。伊藤喜美代さんの熱唱や、トリでは中村さんが戦後70年にあたり、「歌謡芝居・九段の母」を歌い、ほほ笑会の長い歴史に幕を下ろす。
尚、7月6日(月)には、プラザ洞津で「ほほ笑会フィナーレ、さよならショー」のパーティーが開かれる。
中村さんは「ほほ笑会も皆さまのご支援を得て30年。第1回から内容も家庭的な雰囲気にしました。手づくりのイメージを大切に、プログラムも手書きしました。家族の協力もあり、私は幸せ者です。当日は会員達がクワをマイクに替えて、田畑で鍛えたのどを披露します。私も頑張ります。ご来場をお待ちしております」と話している。
問い合わせは、中村さん☎059・232・2761。

南さんから発電の仕組みを勉強

南さんから発電の仕組みを勉強

中部電力㈱三重支店は3月27日、三重県総合博物館で「春休み親子電気実験教室」を開催。小学4年生から5年生の118名の親子が発電の実験などを通じて電気エネルギーへの理解を深めた。
次代を担う子供達にエネルギーへ関心を持ってもらおうと企画したもので、昨年夏に続き今回で2回目。
はじめに、同支店広報グループの南創さん(36)が電子レンジや冷蔵庫、テレビや洗濯機など各家庭にある電化製品が全て電気で動いている事などを説明し、子供達に、普段はあまり身近に感じない電気を再認識させた後、ボイラーで水蒸気を発生させ、羽根に当てて回転させて発電する火力発電実験を披露。
また、「電気の旅」と題し、電気が発電所から家庭に至るまでに変電所や変圧器、鉄塔など様々なルートを経て来る事をイラスト使って説明。子供達は、送電の仕組みや、水力、火力、原子力など各発電の仕組みとその長所と短所を学んだ。
最後に、各自に配られた教育教材を組み立てて、手回し発電に挑戦。実際に豆電球を点灯させたり、電子ブザーを鳴らしたりしながら、目には見えない電気の存在を感じていた。
参加者は、「とても良い勉強になった。大切に電気を使おうと思った」などと話し、楽しんでいた。

[ 50 / 101 ページ ]« First...102030...4849505152...607080...Last »