女の落書帖

全国大会に出場する選手ら(前列左から吉岡さん、奥田さん、永井さん、池田さん、倉島さん) 後列は共に練習に励んでいる津アサヒスイミングスクールの子ども達

全国大会に出場する選手ら(前列左から吉岡さん、奥田さん、永井さん、池田さん、倉島さん)
後列は共に練習に励んでいる津アサヒスイミングスクールの子ども達

㈱ジャパンスポーツ運営が運営する津アサヒスイミングスクール(津市西古河町)に通う5名の選手が、3月24日から30日まで東京江東区にある東京辰巳国際水泳場と栃木県の日環アリーナ栃木で開かれる全国大会「第44回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会」の競泳部門と飛込競技部門に出場する。主催=(公財)日本水泳連盟。
県内の大会で規定のタイムを満たし、全国の強豪が集まる同大会への出場を決めたのは、100m平泳ぎの吉岡慶悟くん(新町小6年)、50m・100mバタフライと200m個人メドレーの奥田真由さん(神戸小6年)、100m背泳ぎの永井茉裕さん(中川小6年)、400m自由形の池田羽衣香さん(三雲中2年)、1m飛込みの倉島寿芽さん(西が丘小3年。三重ダイビングクラブ所属)の5名。大会を前に、普段以上に熱の入った練習を続け、それぞれの目標を胸に全国大会に挑む。
子ども達を指導している同スクールの田代純一コーチは、「みんな十分に練習こなしてきた。普段の実力が出せれば良い成績が残せると思う」と期待する。
それぞれの意気込みを聞くと
吉岡くん「自分の自己ベストを達成したい」、奥田さん「出場するレースで決勝を目指します」、永井さん「三重県学童新記録を狙います」、池田さん「環境が違うと思うが、普段通りの自分のレースをしたい」、倉島さん「8位以内の入賞を狙います」と話してくれた。

パソコン画面からふと視線を落とすと、手首のシミが見えた。アイロンをかけていた時にうっかり触れて火傷した。その痕が直径七ミリほどのシミになって残っている。
できたシミはほぼ一生もの。シミ取りクリームがCMで言うほど効いた試しはなく、ずっとシミと付き合っていくことになる。手首を眺めて、シミの一つや二つ増えたところで問題ないと自分に言い聞かせる。
言い換えれば、手首のシミを眺めている余裕があるということ。そんな暇のなかった頃を思い出した。
子どもを幼稚園に預けてママ友とのランチ会に出かけたことがある。きちんと化粧して、ワンピースにヒールの靴で出かけた。
その私にママ友が笑いながら言った。「手首に輪ゴムがはまっているよ」見れば私の手首には輪ゴムが二本。朝の忙しい家事育児の合間に、輪ゴムを無意識に手首にはめたらしい。せっかくおしゃれして出てきたはずなのに台無しだ。
幼児を育てる日々はたいへんだった。美容院や歯医者へ行く時間も取れない数年間。眉の手入れもできなくて、その頃の写真を見ると、ぼさぼさ眉に寝癖髪。鏡で自分を見る時間さえもなかった。
気にかかるのはコロナとシミの数ぐらいという今の暮らしは十分幸せだが、子どもたちを眺め育てる忙しい日々は、充実していてとても幸せだったと思う。      (舞)

おめでとうございます。まずは歌留多でご挨拶。
(い)イッツショータイム(ろ)路上で酒盛り(は)バイデン就任(に)逃げ恥婚おめでとう(ほ)ぼったくり男爵って(へ)変異株オミクロン(と)とこわか国体できなかった(ち)チキータで回転(り)旅行は県内で(ぬ)布より不織布(る)累増一途国の借金(お)推し活、推しが燃えた(わ)ワッフル定番マリトッツォ発売(か)カッコいいすねスケボー(よ)予報士試験モネ効果(た)対中緊張どうする日本(れ)連続演技ピクトグラム(そ)祖国に夢を金メダル(つ)使い捨てから循環にSDGs(ね)ネトフリフーループライムビデオ(な)仲良くサウナでととのう(ら)楽観悲観第六波(む)無観客で東京オリパラ(う)うっせいうっせいわ(の)ノーベル賞の真鍋さん(お)親ガチャ家ガチャ出生地ガチャ(く)車は水素で脱炭素(や)ヤングケアラーがいる(ま)眞子さんご結婚(け)経済と道徳渋沢栄一(ふ)藤井四冠歴史的(こ)後遺症怖い副反応心配(え)AIに聞いてみる(て)デジタルネイティブZ世代(あ)熱海の盛り土(さ)サブスクはお得?(き)恐怖のイカゲーム(ゆ)有名リゾートワーケーション(め)メルケル引退(み)みんなで指ハート(し)渋谷新宿人流は(ひ)病院満床自宅療養の夏(も)黙々と黙食(せ)世界でジェンダー平等に(す)すばらしい年に。(舞)

[ 1 / 62 ページ ]12345...102030...Last »